サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー -作家で探す-”はじめての”小説 ポイント5倍キャンペーン  ~2/17

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 172件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.4
  • 出版社: 三笠書房
  • サイズ:20cm/189p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8379-2310-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

紙の本

働き方 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

著者 稲盛 和夫 (著)

「働く」ということは、試練を克服し、運命を好転させてくれる「万病に効く薬」である。成功に至るための「実学」となる最高の働き方を追究し、人生において価値あるものを手に入れる...

もっと見る

働き方 「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

税込 1,540 14pt

働き方〈全6巻〉 体験版

税込 0 0pt

働き方〈全6巻〉 体験版

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 1.3MB
Android XMDF 1.3MB

働き方〈全6巻〉 6巻

税込 165 1pt

働き方〈全6巻〉 6巻

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 15.4MB
Android XMDF 15.4MB

働き方〈全6巻〉 5巻

税込 165 1pt

働き方〈全6巻〉 5巻

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 11.6MB
Android XMDF 11.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「働く」ということは、試練を克服し、運命を好転させてくれる「万病に効く薬」である。成功に至るための「実学」となる最高の働き方を追究し、人生において価値あるものを手に入れる方法を説く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

稲盛 和夫

略歴
〈稲盛和夫〉1932年鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。京セラ名誉会長、KDDI最高顧問などを務める。経営塾「盛和塾」塾長。著書に「生き方」「稲盛和夫の実学」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー172件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

思いは必ず実現する

2009/06/05 08:22

16人中、16人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 稲盛和夫氏の著作に、「経営の神様」松下幸之助氏の講演会に初めて参加した時のエピソードが度々出てきます。まだ京セラを創業したばかりの頃です。
 有名な「ダム式経営」の話をされた松下氏に、「どうすれば余裕のある経営ができるのか、具体的な方法を知りたい」という質問がでます。そのときの松下氏の答え「それは思わんとあきまへんなぁ」に、会場には失笑がもれたとその場にいた稲盛氏は記憶しているのですが、氏自身は「身体中に電撃が走る」ほどに、その答えに感銘を受けるのです。
 「思わなければ何も実現しない、このことは仕事のみならず、人生における鉄則でもあるのです」(82頁)と、このエピソードにつづいて本書に書かれています。さらに、重ねて稲盛氏はこう続けます。
 「思いは必ず実現する」。

 昨年より続く経済不況は依然厳しいものがあります。在庫調整や雇用調整で企業の業績は底打ち感がありますが、それは単に数字上のみせかけに過ぎません。
 先日発表された有効求人倍率は驚くべき低さまで下がっています。そして裏表の関係で、失業者の人数が増加しています。
 働きたくても仕事がない、そういう環境下にあって、「働くことの意義」を説く稲盛氏の著作は有効なのでしょうか。多くの人たちは「哲学」よりも新しい雇用を創出する提案を待っているのではないでしょうか。
 しかし、そうであっても、私は稲盛和夫氏のこの本『働き方』は有効であり、私たちに勇気を与えてくれる一冊であると確信します。

 「働くことは人間を鍛え、心を磨き、「人生において価値あるもの」をつかみ取るための尊くて、もっとも重要な行為である」(21頁)という稲盛氏に、実際に働くためにはどうすればいいのかと問うたとして、果たして稲盛氏はどう答えるでしょう。きっと具体的な解決方法を聞くことはできないでしょう。その時、あなたは失笑しますか。失望しますか。
 私には松下幸之助氏の「そう思わんとあきまへんなぁ」という答えに失笑した多くの人のことを思います。彼らとその答えに深く感銘した稲盛氏との、大きな差を感じざるをえません。
 仕事がないことは事実です。それでも私たちは生きていかなければなりません。
 今や経済界の重鎮でもある稲盛氏にもかつて周りの人たちが「また稲盛が泣いている」とまで噂したつらい時期があるといいます。そんなとき、夜ひとり故郷をしのび、親兄弟のことを想い、自分の心を癒したそうです。そんな稲盛氏だからこそ、「苦難がずっと続くことはありません。もちろん幸運のままであることもないでしょう。得意のときにはおごらず、失意のときにもくじけず、日々継続して懸命に働き続けることが何より大切です」(121頁)といったような言葉が重みを持つのです。

 この本は、働けなくて困っている人や働くことに悩んでいる人にとって、勇気の一冊です。

 ◆この書評のこぼれ話はblog「ほん☆たす」で。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「なぜ働くか?」という問いを意識して仕事をしている人は、少ないはずです。

2009/05/01 22:43

14人中、14人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

「なぜ働くか?」という問いを意識して仕事をしている人は、少ないはずです。

本書は、仕事の本質について教えてくれます。

仕事はつらいもの、と考えている人は私も含めて多いのではないでしょうか。しかし、著者はそれではいけないと指摘します。

仕事は楽しいもの。

よい仕事をすることで人間性を高めるもの。

「「天職」とは出会うものではなく、自らつくり出すものなのです。」
自ら積極的に取り組むことでその仕事に意義を感じ、天職化していくものということです。よく、転職する人で「自分に合った職を探します」という人がいますが、たぶんそういう姿勢では一生天職に就くことはできないはずです。

「「渦」の中心で仕事をする
たんなる出たがりではダメです。仕事は一人でやるものではありません。周りをいかに巻き込んで、上昇していくかがポイント。この姿勢も「仕事が好き」という前提がなければできません。

「だれにも負けない努力」
人並みの努力をしても、成果は人並みです。それぞれ努力はしているはずですが、成功するためにはそれ以上のものが必要です。

人生の時間のなかで、仕事をしている時間はかなりの大部分を占めます。

お金?名誉?

そのようなものよりも、自分が仕事を通して成長していることが実感できた瞬間こそ価値があるのだと思いました。

でも、稲盛氏のこのメッセージは心の弱い人には、少し厳しいことも事実。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

働き方

2013/03/17 23:46

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ななみん - この投稿者のレビュー一覧を見る

働くうえで、気持ちがいかに大切であるかが書かれた本であると思います。情熱や気持ち理屈ではわからないなにかが成功をもたらしているのかということがわかる本です。作者自身も成功している人ですし、説得力もあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

良かった!

2014/10/16 00:52

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:華気 聖 - この投稿者のレビュー一覧を見る

もっと先が読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

さすが

2013/02/11 09:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっぴー - この投稿者のレビュー一覧を見る

本当に考え方がすごいい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

仕事への姿勢を改めて考えさせられる本

2015/08/27 15:27

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:char - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事に対するやりがいとか生きがいとか、そんなことと現実とのギャップに悶々としているときに読みました。
どんな仕事でも投げ出さずにとことん突き詰めて働けば道は開けてくる、という実体験に基づいた内容でした。
私はここまでストイックに仕事に打ち込める自信はありませんが、自分の甘い考えに冷水を浴びせられたような感覚になりました。
今の仕事をこのまま続けていていいんだろうか、と悩んでいる方に一読をおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心に染みる

2019/06/26 10:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ユキちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

時代が変わっても働くことの意味や大切なことは変わらないと感じさせてくれる一冊です。読めば読むほど深い~と心に染みるのです。また読み返して見たくなりました!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

働くことの尊さ

2019/02/26 08:17

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だい - この投稿者のレビュー一覧を見る

1 私達は「自らの心」を高めるために働く

ただひたむきに目の前の自分の成すべき仕事に打ち込み、精根込めて働く。
そのことで私達は、自らの内面を耕し、深く厚みのある人格を作り上げることができる。

三毒・・欲望・怒り・愚痴

三毒を薄めるための唯一無二の方法が、一生懸命に働くこと。
愚直に、真面目に、地道に、誠実に働く。

2 何かを成し遂げようとするには「自ら然える人」

自ら燃えるためには、自分のしていることを好きになると同時に明確な目標を持つこと。
言われる前に自分からやるという積極的な人こそが「自燃性」の人であり、それは仕事を好きになった人であるはず。

3 高い目標とは、人間や組織に進歩を促してくれる最良のエンジン

思いは必ず実現する。
それは強い思いでなければならない。
その思いが必ずその人の行動となって現れ、実現する方向に自ずから向かっていく。

「誰にも負けない努力」こそが、人生や仕事で成功するための駆動力になる。

4 昨日より、一歩だけ前に出る

今日一日を精一杯に生き、懸命に働く。
そうすれば、必ず明日は見えてくる。

現在の自分の能力を「できる」「できない」で決めてしまっては、新しいことにチャレンジし、より高い目標を達成していくことは決してできない。
何としても成し遂げようという強い気持ちが新しい分野を切り開き、高い目標を達成できる。

5 立派な仕事は「完璧主義」から生まれる

本当に満足できる仕事を目指すなら、「完璧を目指す」。

いい仕事をするために必要不可欠なこと。
・細部まで注意を払うこと
・理屈より経験を大切にすること
・地道な作業を続けていくことを厭わないこと

ベストではなく、パーフェクトを目指すこと。
ベストというのは、他と比較して最も良いもの。
パーフェクトは、他との比較ではなく、完全な価値を有したもの。

6 日々創意工夫を重ねる

創意工夫を怠り、ただ漫然と続けているようでは何の進歩もなく、1年後も同じような毎日を続けているに違いない。
「創造」というものは「素人」がするもので「専門家」がするものではない。
新しいことができるのは、何物にもとらわれない冒険心の強い「素人」である。

楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する。

7 人間として「正しい考え方」を持つ

人生・仕事=能力×熱意×考え方

・能力(0~100点)
知能や運動神経、健康等、両親や天から与えられたもの。
・熱意(0~100点)
「努力」と言い換えることができ、自分の意思で決めること。
・考え方(-100~100点)
自分の苦労は厭わず、「他に善かれ」と願い、一生懸命生きる・・プラス
世をすね、人を妬み、まともな生き方を否定する・・マイナス

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

興味が湧きました。

2015/08/31 13:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のん - この投稿者のレビュー一覧を見る

他にも話題の著書があり、数々の肩書きをお持ちの稲盛和夫さんですが、体験版に書かれている生い立ちはとても以外でした。数分で読める短い体験版ですが、その後の人生は自分次第、私の何でもない日常も私次第で変化をもたらせるかもと気持ちが前向きになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

今後の働き方への思い

2018/06/28 15:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かありん - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間は、自らの心を高めるために働く

「天職」 とは…出会うものではなく、自らつくり出すもの

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

働く

2017/06/23 10:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KKキング - この投稿者のレビュー一覧を見る

人間としての正義とか、心を高められるとか、ブラック企業礼賛だとか、宗教みたいだとかいう意見も、すべて合点がいく。まさに、自己啓発本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読書感想文の課題図書

2016/02/09 15:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:亀仙人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

新入社員採用で内定が決まった人向けの、図書として最適です。
著者:稲盛和夫さんの仕事に取り組む姿勢や考え方が判り易く書かれていて、これから社会人として会社で仕事をする人には大変参考になると思います。
以前は、多くの人の言葉を集めた「新入社員に贈る言葉」を課題図書にしていましたが、総花的、また表面的な内容が多くインパクトに欠けていましたが、「働き方」には的が絞られていて、重みが有ります。若い人には少々きつい内容も有りますが、実際の社会で生きて行くうえでの指針になると思い、2年から読書感想文の課題図書に選定しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

働き方

2013/03/23 20:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:yusan - この投稿者のレビュー一覧を見る

すばらしい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いつもの稲盛節

2020/09/19 09:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

他の著書と同じような内容です。でも、最近のものより少し古い本書の方が、より稲盛さんご自身の言葉で語られているような感じがして、読んだ意味はありました。他の本と同じことを言っていても、本書では細かなエピソードが挙げられていて具体性があり、より納得することができました。働き方に悩みを抱えている人は元気をもらえると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

参考になった

2016/11/03 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みゆきち - この投稿者のレビュー一覧を見る

社会に出てから、学生時代とのギャップに悩み、働き方がわからなくなってしまっていたが、この本を読んだことで少し前向きになれた気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。