サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

2019年版カレンダー ポイントキャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

白い牙(光文社古典新訳文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2009.3
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社古典新訳文庫
  • サイズ:16cm/504p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-75178-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

白い牙 (光文社古典新訳文庫)

著者 ロンドン (著),深町 眞理子 (訳)

犬の血を4分の1引いて、北米の原野に生まれた狼「ホワイト・ファング(白い牙)」。親や兄弟が次々と死んでいく“自然”のなかで、強く、狡く生きていく。だが、あるとき人間に飼わ...

もっと見る

白い牙 (光文社古典新訳文庫)

1,058(税込)

白い牙

929 (税込)

白い牙

ポイント :8pt / 紙の本より129おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 7.6MB 無制限
Android EPUB 7.6MB 無制限
Win EPUB 7.6MB 無制限
Mac EPUB 7.6MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

犬の血を4分の1引いて、北米の原野に生まれた狼「ホワイト・ファング(白い牙)」。親や兄弟が次々と死んでいく“自然”のなかで、強く、狡く生きていく。だが、あるとき人間に飼われることになり、人間の残虐さや愛情に触れることで、心のなかにさまざまな葛藤が生まれるのだった。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

力か愛か。それが問題だ。

2009/03/16 22:28

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

たとえば、ままならない現実に愚痴をこぼしたくなる時。あるいは、なんとなくやる気の出ない時。またあるいは、将来に漠然と不安を抱えている時。
そんな時、ジャック・ロンドンの小説はよく効く。ただし、優しく慰めてくれるのではなく、「甘えんなよ!」と思いっきり張り手を喰らわされる、という意味でだが。

『白い牙』は、先に発表された『野性の呼び声』を反転させたような物語である。
飼い犬が極北の過酷な環境に鍛え上げられ最後は野生に戻ってゆく前作に対し、本書は犬と狼の混血として生まれた〈ホワイト・ファング〉が人間に飼われ愛情を知るようになるまでが描かれている。
ともに主人公は動物。貫かれているテーマも、作者流の生命哲学も同じ。と書くと新鮮味に欠ける作品に思われるかもしれないが、決してそんなことはない。
半端な感傷を排したドライな筆致、圧倒的な自然描写、息詰まる死闘は、読み手を有無を言わせず物語に引き込む力強さがある。ロンドンの作品といえば、血と暴力で彩られたハードボイルドな描写に目を奪われがちだが、この新訳版を読めば、ひとつひとつの言葉に至るまで非常に細やかに書き込まれていることに驚かされるはずだ。

本書は五部構成からなるが、孤高のヒーロー〈ホワイト・ファング〉が登場する前の第一部がもっとも読み応えがあると思う。訳者あとがきでも触れてあるが、中篇小説としてひとつの作品になり得る完成度の高い内容である。
死者を収めた箱を犬橇で引かせ、雪に覆われた大地を歩むふたりの男。厳しい自然と対峙する彼らの後方からは、飢えた狼の群れが追って来る。一頭、また一頭と姿を消してゆく橇犬たち。張りつめた緊迫感。硬質な文体は、死と隣り合わせの生、今ある命の尊さを、目を逸らすことなく描き出す。
反対に、野生の狼の生態を綴った第二部は冗長に感じる。第一部とのこの落差はなんなのだろう。

生きるか、死ぬか。食うか、食われるか。やるか、やられるか。
究極の二者択一で展開されるので、〈ホワイト・ファング〉の心の揺れが異色に思えるほど際立って映る作品である。野獣の掟で生きてきた主人公が、愛情深い飼い主に触れることで生じる、さまざまな葛藤や心の変化。鋭い牙で獲物を仕留める強さよりも、そんな迷いや弱さを、私はとても愛しく思う。
『野性の呼び声』の読後感は、なぜだか無性に叫びたくなるものだったが、本書を読み終えた後は、あたたかいもので包まれたような満ち足りたものであった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

変わるものと変わらないもの。

2016/02/22 13:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コーシカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔に書かれた小説なので人に飼うわれ出してからの人種差別的な価値観にちょっと抵抗があるので、前半の荒野の容赦のない厳しさの方が読んでいてたのしいかな。
あと、忠誠心だとか闘争本能とかの想像して書くしかない犬の気持ちを違和感なく描写していると思う。
社会的価値観などの時代とともに変わっていくものもあろうが、生命活動の根幹のようなもっと深い原始的な所は『荒野』をほとんど忘れてしまった現代人にでも確かに感じられるのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/01/25 17:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/27 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/07 11:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/02/08 13:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む