サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

古代ギリシャのリアル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 16件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/10/15
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:19cm/271p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-13362-1
  • 国内送料無料

紙の本

古代ギリシャのリアル

著者 藤村 シシン (著)

「青い海・白い神殿」ではなく、「赤紫の海・極彩色の神殿」だった!? 学校でも本でも知り得なかった、ギリシャ神話の神々と古代ギリシャの人々のリアルを語る。オリンポス十二神の...

もっと見る

古代ギリシャのリアル

1,620(税込)

ポイント :15pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「青い海・白い神殿」ではなく、「赤紫の海・極彩色の神殿」だった!? 学校でも本でも知り得なかった、ギリシャ神話の神々と古代ギリシャの人々のリアルを語る。オリンポス十二神の履歴書付き。【「TRC MARC」の商品解説】

オリンポスの神々が丸裸の履歴書など、教科書では知りえない古代ギリシャ、神話と暮らしのリアルを、類を見ない濃度で語りつくす。
コラム、図解、イラストも多数掲載し、日本の一般書籍では知りえなかった神話と歴史(特に生活史)をわかりやすく解説。
第1章 古代ギリシャという世界・全景・古代ギリシャ人とは?・古代ギリシャ人とギリシャ神話 第2章 ギリシャ神話の世界・ギリシャ神話の世界観・ギリシャ神話のルール・神々の個人情報 第3章 古代ギリシャの暮らし・日常生活・ファッション・恋愛とセックスライフ・結婚・病気と死
【本の内容】

著者紹介

藤村 シシン

略歴
〈藤村シシン〉1984年生まれ。東京女子大学大学院博士前期課程修了、史学専攻。作家、古代ギリシャ・ギリシャ神話研究家。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.2

評価内訳

2015/12/06 01:40

投稿元:ブクログ

借りたもの。
タイトル通りの内容を、分かりやすくかつ今様の言葉で書いている良著。
オウィディウス『変身物語』以前の古代ギリシア神話についての言及、現在の遺跡のイメージが後世に拠って作られたイメージであることから始まり、神々の姿やその背景にある思想についてまで、幅広く簡潔に紹介。
履歴書風の神々プロフィールと口語調のエピソード群。
最近多い、何番煎じか分からないコミック調の雑学本にはない内容が嬉しい。

文化面もわかりやすく紹介されていた。
古代ギリシャ人が行っていた神々への供犠の内容も箇条書きで紹介。
そしてツイッターで話題になった「古代ギリシャの壁画の文字を読むために古代ギリシャ語を勉強した結果wwwwwwwww」も言及……
出典一覧もしっかりしていて感動。

ギリシア神話についての話が多いのは、それだけ古代の人々にとって神々が身近な存在であったことを感じさせる。
古代ギリシャ人と日本人の親和性――神々への信仰が生活様式、慣習として浸透していたことを指摘。多神教とはそうしたものなのかも知れないが。

とにかく、読みやすくて内容の濃い本だった。

2015/12/31 15:58

投稿元:ブクログ

発売日直後に買ったのに全然レビューを書けていませんでした。。ギリシャ神話に触れたことがない初心者さんよりも、ギリシャ神話にある程度触れたことがあってだいたい分かっているよ!という方にお勧めしたい本です。私もギリシャ神話のことは昔取った杵柄で少しは知っているつもりでしたが、それでも藤村シシンさんが紹介してくれる一つ一つの事柄が新鮮で読んでいてとても楽しかったです。

2015/12/31 16:20

投稿元:ブクログ

 思ってたのと違う……! 古代ギリシャ神話のリアルだった。いや、その当時の人がギリシャ神とどうつきあってたって意味ではリアルなんだけど。

2015/12/10 07:59

投稿元:ブクログ

ハレイオス・ポテールのくだり面白かった。
ハリーポッターの古代ギリシャ語訳なんてあるのだなあ(´ー`)

2015/11/27 05:12

投稿元:ブクログ

購入
発売日に買って即日読了してたのに記録するの忘れてた。
読みやすく分かりやすく、なおかつしっかりと学術的に書かれた古代ギリシャ入門書。よくわかる○○系の本にありがちな「このエピソード、出所はなんなの」に答える参考文献と注釈はまさに痒いところに手が届く。
大人はもちろん中高生でギリシャ神話に興味があるひとに全力でおすすめしたい…うちの館では買えなかったけど…だれかリクエストいれてくれ

2016/01/08 06:17

投稿元:ブクログ

阿刀田高「ギリシア神話を知っていますか」の取っつきやすさにアカデミックの風味と最新の知見を付け加えた、大変お得な一冊。文章も軽妙で読みやすく、内容は「へぇ」に満ち溢れる。今後も同様のテーマで著作されるということなので期待したい。

2016/09/04 07:33

投稿元:ブクログ

ギリシャが面白い。いろんな人が古代ギリシャの話を元ネタにしてる気がする。何かを掘り下げていくと、古代ギリシャに通じるのかな。

2016/01/26 23:23

投稿元:ブクログ

作者の方が聖闘士星矢でギリシャ神話に目覚めたという経歴なので、そこに興味を持った人はとても楽しめると思う。ちなみに私は楽しみました!

2015/10/16 14:44

投稿元:ブクログ

読む前から面白いことは分かってるって素晴らしい。古代史、ギリシャ神話、聖闘士星矢この中のどれかひとつでも興味がある人は読むべき。
発売日当日本屋の開店と共に飛び込んだのに、品切れ、と言われやっぱり予約しておけば良かった、と嘆きつつも、漸く本日購入。
本当に賢い人が面白いと素晴らしいものが出来る見本のような本。
註釈や、参考文献をおいかけるだけでも勉強になりそう。
藤村シシンさん自身が以前お勧めされていた沓掛良彦さんの『ホメーロスの諸神賛歌』を彷彿とさせてくれます。

2016/05/04 20:40

投稿元:ブクログ

古代ギリシャと言うより神話の時代ギリシャ入門用。歴史より神話の比重が大きい。有名な神については1柱ずつ個別の説明がある一方で、民主主義については全くと言っていいほど書かれていない。あとKindleには向いていないデザイン。

2017/02/09 00:15

投稿元:ブクログ

古代ギリシャについてもっと知りたいけども、難しい古典や専門書を読むのはちょっと……という方におススメ。
ギリシャ神話を中心に、古代ギリシャ人の精神・感覚について踏み込んだ内容が記されている本。
作者の知識やウィットがページの隅々に散らされており、読んでいて飽きが来ない。

個人的に、為になったのは「神々にとって人間は昆虫のようなもの。殺すのに躊躇しないし、美しければ時に愛でることもある」「人間の供物が無いと、神は餓死してしまう」といった部分。
あとは、アポロンの履歴書の「オーエス! オーエス!」の個所を読んだときは、電車内だったにも関わらず、噴出してしまった。

2016/09/07 06:29

投稿元:ブクログ

フォローしている藤村シシンさんの著書。イマドキ口語な感じで古代ギリシャの入門書に良いのではないでしょうか。ホモの話もっとして〜。後、黒川さんも本出して〜。

2016/05/01 23:08

投稿元:ブクログ

ギリシャ神話といえば星座のなりたちか聖闘士聖矢かアリーズかといった知識で読み始めましたが面白かったです とりあえず牧歌読もう

2016/03/14 15:23

投稿元:ブクログ

今まで色々なギリシャ関係の本を読んだけれど切り口が全く異なっていて面白い。全く知識がない人よりは多少知識がある人向けな気がする。カラーページが有れば尚良かった。シシン先生のSNSのイメージで読み始めると、全年齢向けに牙が削がれていて少し物足りずマイナス☆。

2015/12/14 15:58

投稿元:ブクログ

西洋世界のルーツとされる古代ギリシャ。もし、この前提が崩れたら、相当な衝撃じゃないですか???

この本では、現代の私たちが持つ古代ギリシャのイメージが、実は「そうであってほしかったギリシャ」(P23)であって、ほんとは違うんじゃない?という問題提起から始まります。

カラーの勉強の中で、「ギリシャ神殿は、もともと真っ白じゃなくてカラフルだった」って習いましたが、いつから、なぜ、「白いもの」になったのか?というところが、大変おもしろく読めました。

古代ギリシャ人の色彩のとらえ方にも驚きました。えぇぇ?!と言いたくなるような表現が紹介されてますが、ちゃんと理由があってのこと。色のとらえ方がこうも違うとは。

ページ数を割いている神話は、他でも読んだことがあるものが多かったけれど、ヘルメスの誕生日など、細かい部分で興味をひかれるとこあり。

ヨーロッパ史 ランキング

ヨーロッパ史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む