サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 藤和さんのレビュー一覧

藤和さんのレビュー一覧

投稿者:藤和

459 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

電子書籍ワールドトリガー 23

2021/03/04 20:34

駆け引きがすごい

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この巻はバトルや取引、メンバー選びなど、色々なシーンでの駆け引きが楽しめる。
今まで隠されていたことが明らかになったりもするので、今まで読んできた人はぜひ読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ゲーム理論入門の入門

2019/09/12 22:05

実戦しながら読む感じ

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ゲーム理論の中でも主に「ナッシュ均衡」についての解説にページ数を割いてる。
一部確率の計算などが出てくるので計算苦手な人はそこで怯むかも知れないけど、ちゃんと答えを出してくれているので大丈夫。
「ゲームの木」という図の作り方や辿り方も丁寧に教えてくれて、入門の入門にはいい感じ。
第6章あたりになるとさすがに難しくなってくるけど、文体が軽快なので読みやすさがある。
巻末にお勧めの本が載ってるのも嬉しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍宝石の国(11)

2020/07/22 19:14

あの頃に帰れない

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前巻で最後不穏な動きを見せていた主人公ですが、なんというか、もう無邪気だったあの頃には戻れないのだなという感じです。
色々な人が地獄だと言っていますがそれを全く否定出来ない。
一体どうなってしまうのだろう……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ケーキの切れない非行少年たち

2020/03/09 04:30

忘れられた人々

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

これはかなり真剣に、非行少年の更生について考えている本だと思う。
どう言ったことが根本の問題としてあるのか、それの解決法はどうしたら良いか、そう言うことを考察している。
いくつか自分も身につまされる内容もあって、読んで良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本ソロタビ松江・出雲 ひとり旅って、こんなに楽しい!

2019/05/01 02:02

ひとりでも旅ができる!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

観光スポットの紹介自体は一見何の変哲も無い感じだけど、自家用車を使わずに回れるスポットがメインなのと、最寄りのバス停や駅から徒歩何分なのかとかそういう情報は嬉しい。
巻末の方に荷物のまとめ方のコツや、松江や出雲その物に各地からどう出るルートがあるのかわかりやすい解説が載ってるのも嬉しい。
ざっくりとしたモデルプランもあるので、それを参考にアレンジしたりできるので、ひとり旅でなくても使えそうな本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかくかわいい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

サクラクレパスの、今までにでたコラボ商品や文房具を紹介していてどれもかわいい!
時計とか化粧品とかがあるのは知らなかったので、その辺りの紹介が有ったのは嬉しい。
付属の蛇腹ポーチも、スリムな見た目のわりにはたっぷりはいって満足。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ほしいものがいっぱい!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

NHKの番組で特集したものを、より詳しく載せてくれている本。
カテゴリは5つからなっていて、モロッコ雑貨、ヴィンテージ家具、オーガニック化粧品、メキシコの未知のスープ、日本では知られていないローカルなチョコレートのお話が読めます。
写真も沢山載っていて、なんとなく現地の空気が感じられそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本華氏451度 新訳版

2020/07/10 13:45

あったかもしれない未来

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本が禁制品とされる世界の話で、これはなんというか、私たちが暮らしてる現実の世界でも、一歩間違えばこんな風になったのかも知れないなと感じた。
なったのかもしれないと言うよりは、これから先もこの話のような未来を辿る可能性は残っているなと。
思考することは手放してはいけないんだなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本古代中国と中華風の創作事典

2020/04/13 09:24

もっと早く欲しかったやつ

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中華風の創作事典とあるように、古代中国辺りを中心に、歴史の大まかな流れや武具、食べ物、思想、神話など、ひとつひとつ専門書を当たろうとするととんでもない物量になる情報をかいつまんでコンパクトにまとめてくれている。
詳しさや正確性は専門書に及ばないけれども、調べるきっかけとして事象などを知るのには便利。
創作に使う場合どんなアレンジを加えることができるかなどの例も出してくれているので、中華風のお話を書いてみたい人は1冊持っていても良いと思う。
ただ、誤字脱字が少々目立ちます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すごくわかる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どうしても後回しにしてしまい結果たまった物を片付けるのが面倒くさくなるループ、すごくわる。
そのループから抜け出すきっかけをこう作っていったというのを紹介しているエッセイコミック。
一度に全部、なにからなにまで変えるというのではなく、ちょっとずつステップアップしていく感じなので、ずぼらな習慣を改めたいな。と言う人は参考にしたり、気負いすぎないように読んでみてもいいかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本こども六法

2020/03/13 02:48

こどもでなくても読んで欲しい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

刑法・刑事訴訟法・少年法・民法・憲法の重要な部分をかいつまんでいる本。
子供向けということでだいぶ読みやすくはなっているけど、小学校高学年だとちょっと難しい単語が多いかも知れない。
でも、読みやすいことには変わりがないので、子供に限らず不安を抱える大人も読んでほしい。
各学校の図書館に1冊は置いて欲しい本。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どうすればいいのってなる

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

18世紀から20世紀に到るまで、華やかなファッションが影でどの様な悪影響を及ぼしていたかという話を纏めた本。
前半は帽子の形成や服の染色で使われた毒物での害の話、後半はデザインや素材によって起こった事故のの話という感じです。
見ていてつらい物も含めて画像資料が多く、話のイメージを捉えやすいです。
頻繁に用語の説明もはいるので、どうしようもなく用語がわからないと言うことは少ないかと。
でも、読み終わった後は本当にどうすればいいのという感じになりますし、そこを考えさせるのがこの本の主旨なのかなという気もします。
創作などされる方は、資料として持っていても良いかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本有職装束大全

2019/11/23 04:50

情報量がすごい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

皇室を中心とした公家や武家の服装を平安時代ちょっと前から明治時代くらいまで解説してくれている本。
特殊な読み方の感じが多いけれどわりと頻繁にふりがなを振ってくれているし、肝心の装束も文字だけの説明だとイメージしづらいところをイラストや写真を交えて解説してくれているので捉えやすい。
地位ごとに使える色とか、色の重ね方、文様についても画像付きで載っているのでとてもよい。
巻末に用語の一覧も載っているのも助かる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

電子書籍宝石の国(10)

2019/09/24 14:31

まるで蟻地獄のような

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公の今までの行動が引き寄せた地獄というか、主人公ひとりだけが選択と絶望を強いられているようなそんな内容でした。
主人公以外は環境に適応してしまっているのに、主人公だけがずっと抱えてる目標を忘れられない。
このシリーズのファンの方は、新刊どころか連載の方で1話更新されるとその度に地獄を感じていると聞き及びましたが、さすがに今回は地獄を感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本天文の世界史

2018/06/24 06:38

万遍無い解説

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

天文に関しての歴史をざっくりとまとめている本だけれど、天文と言ってもどちらかというと天文に関する思想の歴史と言った印象。
読みやすい文体で、数式も出てこないので、数字が苦手な人でも読みやすいと思う。
歴史とのことなのでざっくりと世界史は把握して置いた方が理解は深まる。
こう言った話は西洋に偏りがちだけれども、中東やインド、中国と少々日本にも触れているので本当に万遍無い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

459 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。