サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2015/12/15
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-293285-1
文庫

紙の本

燃焼のための習作 (講談社文庫)

著者 堀江 敏幸 (著)

築四十年を超えた雑居ビルに探偵とも便利屋ともつかない事務所を構える枕木。依頼内容が「うまく言えない」と口ごもる客人と、その心を解すように言葉を継いでいく枕木の会話に、雷雨...

もっと見る

燃焼のための習作 (講談社文庫)

税込 693 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

築四十年を超えた雑居ビルに探偵とも便利屋ともつかない事務所を構える枕木。依頼内容が「うまく言えない」と口ごもる客人と、その心を解すように言葉を継いでいく枕木の会話に、雷雨とともに戻ってきた郷子さんも加わって、時はゆるやかに流れる。別れた妻と息子の消息が知れない男の胸によぎる思いとは?【「BOOK」データベースの商品解説】

雷雨がやむまで、もうしばらく。終わらない謎解き、溶け合う会話、密室の、探偵と助手と依頼人…。どこへ向かうとも知れぬ会話が織りなしていく、たくみな仕掛けと愉悦に満ちた小説。【「TRC MARC」の商品解説】

築四十年を超えた雑居ビルに探偵とも便利屋ともつかない事務所を構える枕木。依頼内容が「うまく言えない」と口ごもる客人と、その心を解すように言葉を継いでいく枕木の会話に、雷雨とともに戻ってきた郷子さんも加わって、時はゆるやかに流れる。別れた妻と息子の消息が知れない男の胸によぎる思いとは?【商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

題名からは

2018/12/25 23:39

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おどおどさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

推理小説の印象を全く受けなかったが、あらすじ説明で引き込まれてしまった!コーヒーを三種混合といったり独特の表現が色々出てきそうで面白い。是非コーヒーを飲みながら読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

美しさの心地よさを味わえる

2017/01/12 00:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:s.Izumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

3人の会話。これでほぼ本書の場面説明は終了する。
3人が話す。シーンも変更しない。ただ各々が好きなものを飲み、時々同じ物を食べ、ひたすら各々が好きなように話す。これで小説ができるのだろうかと思ってしまうだろう。
ただ本書は確実に小説である。それも美しい。美しさは心地よさを生むことを、改めて実感できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

独特のゆったり感

2016/01/12 00:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

堀江敏幸さんの作品は、ゆったりした書き味と温厚な登場人物達が特徴的ですが、本作「燃焼のための習作」はその特徴が際立った作品です。

主な登場人物は、温厚な私立探偵(便利屋?)とその助手、客人の3人。その3人が会話を展開するのですが、客人は依頼内容を語るでもなく、身の上を説明するでもなく、ただ思い付くままに互いの言葉が交錯します。本当にただそれだけの物語です。しかし、台詞には一切鉤括弧が付かないためくどい文章にはならず、互いの回想にはそこにいない人々が登場するため淡白な展開でもありません。落ち着いた気持ちでテンポ良く読み進められました。

この物語の中の情景のように、雨の日にコーヒーを携えて再読したくなる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/10/25 22:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2019/01/14 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/16 07:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/17 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/08 19:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/18 03:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/01/18 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/18 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/12/28 13:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。