サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本のご購入で全員もらえる!冬のポイントキャンペーン(~1/31)

【HB】丸善×hontoブックツリー  丸善ビジネススクール~12人の先達に学ぶ~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 言語・語学・辞典の通販
  4. 言語学の通販
  5. 研究社の通販
  6. 英語の「なぜ?」に答えるはじめての英語史の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

英語の「なぜ?」に答えるはじめての英語史
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/11/21
  • 出版社: 研究社
  • サイズ:21cm/193p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-327-40168-9
専門書

紙の本

英語の「なぜ?」に答えるはじめての英語史

著者 堀田 隆一 (著)

「なぜnameは「ナメ」ではなく「ネイム」と発音されるのか?」「なぜアメリカ英語ではrをそり舌で発音するのか?」など英語にまつわる素朴な疑問に答える形で、英語の歴史をひも...

もっと見る

英語の「なぜ?」に答えるはじめての英語史

2,376(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「なぜnameは「ナメ」ではなく「ネイム」と発音されるのか?」「なぜアメリカ英語ではrをそり舌で発音するのか?」など英語にまつわる素朴な疑問に答える形で、英語の歴史をひもとく。【「TRC MARC」の商品解説】

★疑問を解き明かしながら学ぶ、英語の歴史
英語にまつわる素朴な疑問に答える形で、英語の歴史をひもといていく、これまでになかった英語史の入門書。「なぜnameは『ナメ』ではなく『ネイム』と発音されるのか?」「なぜ -ly をつけると副詞になるのか?」「アメリカ英語はイギリス英語よりも『新しい』のか?」といった疑問をきっかけに、英語史の基礎知識を学んでいくことができる。英語という言語について深く学んでいくために最適な1冊。【商品解説】

疑問を解き明かしながら学ぶ、英語の歴史
英語にまつわる素朴な疑問に答える形で、英語の歴史をひもといていく、これまでになかった英語史の入門書。「なぜ3単現にsをつけるのか?」「なぜnameは『ナメ』ではなく『ネイム』と発音されるのか?」「アメリカ英語は新しいのか、それとも古いのか?」といった疑問をきっかけに、英語史の基礎知識を学んでいくことができる。英語という言語について深く学んでいくために最適な1冊。【本の内容】

目次

  • はじめに
  • 1 いかにして英語は現在の姿になったのか――英語史入門
  •  1.1 英語史の時代区分
  •  1.2 資料と媒体
  •  1.3 音声と綴字の変化
  •  1.4 文法の変化
  •  1.5 語彙の変化
  •  1.6 英語の多様性

著者紹介

堀田 隆一

略歴
〈堀田隆一〉英国グラスゴー大学英語学研究科博士課程修了(Ph.D取得)。慶應大学文学部教授(英米文学専攻)。専門は英語史、歴史言語学。著書に「英語史で解きほぐす英語の誤解」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

中学校のときに「そういう決まりだ」と覚えてきたものにも歴史的背景があった。

2017/04/26 20:31

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

英語の「素朴な疑問」に「英語史」の視点から答えていくことを通じて、英語の「新しい見方」を提案し、「目から鱗が落ちる」体験を味わえます。英語学習者が学びのなかで抱く様々な疑問に対して、英語学の立場から回答するという趣旨の本は、すでに数多く出版されています。しかし、この「英語学の立場」と「英語学習者の立場」の間には往々にして距離の開きがあります。学習者の抱く疑問は素朴であるだけに深く本質的であることが多く、英語の先生にとってもうまく答えられず、また英語学の研究者にとっても平易に説明するのが難しいのです。結果として、疑問に答えるという趣旨の本は、言語理論の理解を前提とした専門的な内容になるか、あるいは、噛み砕きすぎて、理解の基盤をなす体系的な知識を与えずに、単発的でトリビア的な回答を施すにとどまってしまうことになります。英語史も、言語理論と完全に無縁ではありません。しかし、英語史は、時系列や因果関係といった自然の原理によって体系づけられていますし、一般の社会史とも密接な関係をもつという点で、案外取っつきやすい分野なのです。歴史的に英語を解釈し直すことで、今まで見えなかった英語の世界が見えてきます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

はじめての英語史

2018/02/25 16:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:コアラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルのとおり,はじめて英語史に触れる人のための入門書。そのため徹底的にやさしくわかりやすく書かれている。体系的に構成されているので,興味のある分野から読むことができる。読み物としてはバーフィールドの「英語のなかの歴史」のほうがおもしろいし,もっとくだけた本ならばブライソンの「Mother Tongue」があるが,英語の勉強という視点から見れば,的確に学習者の疑問に応えているといえる。受験が終わり,英語を使えるようになりたいと思っている大学1年生にお勧めしたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/02/24 10:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/05/21 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

言語学 ランキング

言語学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。