サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 医学
  4. 視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ(光文社新書)
視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ(光文社新書) 視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ(光文社新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/12/15
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-03959-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)

著者 深作秀春 (著)

近視、老眼、メガネ、コンタクト、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病性網膜症、網膜剝離、レーシック…。世界的トップ眼科医が、眼に関する日本の非常識、時代遅れを斬る! 併せ...

もっと見る

視力を失わない生き方 日本の眼科医療は間違いだらけ (光文社新書)

864(税込)

視力を失わない生き方~日本の眼科医療は間違いだらけ~

864 (税込)

視力を失わない生き方~日本の眼科医療は間違いだらけ~

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

近視、老眼、メガネ、コンタクト、白内障、緑内障、加齢黄斑変性、糖尿病性網膜症、網膜剝離、レーシック…。世界的トップ眼科医が、眼に関する日本の非常識、時代遅れを斬る! 併せて最善の治療方法を解説。【「TRC MARC」の商品解説】

海外で修業を積み、国際眼科学会で最高賞を20回も受賞している世界的トップ眼科外科医が語る、日本の眼科の真実。【本の内容】

著者紹介

深作秀春

略歴
〈深作秀春〉1953年神奈川県生まれ。国立滋賀医科大学卒業。深作眼科開院。アメリカ白内障屈折矯正手術学会(ASCRS)にて常任理事などを歴任。ASCRS最高賞を20回受賞。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

視力のあるうちに読んでおくこと

2017/04/04 11:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

衝撃の書だと思う。がん検診やがん治療法をめぐって異端的な医師が議論を捲き起こしているのとは少し異なるようだ。多くの外科手術の臨床経験を有する外科医が著した本よりも説得力を感じる。同時に日本の眼科医学界の実情がこのようなものかと思うと、高齢期を迎える自分自身や高齢社会の日本は大丈夫かと心配になる。
 「眼科外科医」という用語は納得できる。眼科は外科手術が主なのだ。老眼鏡の購入のために視力検査を受けることぐらいしか眼科に行ったことがなかった。近親者に白内障の手術、飛蚊症の話など眼の健康に係わる話題が日常茶飯事になっている。素人目線でいえば、著者の主張の正しさについて本当のところはよくわからない。だが、少なくとも新書版300ページ余りで説明されている眼科治療の最新状況はわかった。著者の眼科医師としての矜恃も伝わってくる。
 糖尿病網膜症の事例では内科医と眼科医の考え方の違いを鮮明にしている。専門医師間の縦割り主義、患者を診るのではなく病気だけをみることの違いを示してくれる。啓蒙の書として推薦したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目の寿命は人生よりも短いかもしれない

2017/08/11 12:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もりやま - この投稿者のレビュー一覧を見る

目はむき出しの臓器という言葉にショックを受けた。たしかに水を含んだ粘膜でかろうじて保護されているだけなので、影響を受けやすいことは読んでみて実感した。手術に失敗すれば光を感知できなくなっているのは患者にすぐにわかりやすく、手術の腕が、成果としてとても分かりやすい分野です。それだけ厳しい世界で実績を重ねた先生の警告と受け止め、眼科医は外科医と認識し、どこで治療を受けても良いわけではないことを肝に銘じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/12/26 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/11 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/08 18:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/19 19:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る