サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

終電の神様(実業之日本社文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 取扱開始日:2017/02/02
  • 出版社: 実業之日本社
  • レーベル: 実業之日本社文庫
  • サイズ:16cm/315p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-408-55347-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

終電の神様 (実業之日本社文庫)

著者 阿川 大樹 (著)

夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が、それぞれの場所へ向かう人々の人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして…。『ジェイ・ノベル』掲載...

もっと見る

終電の神様 (実業之日本社文庫)

640(税込)

ポイント :5pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が、それぞれの場所へ向かう人々の人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして…。『ジェイ・ノベル』掲載に書き下ろしを加えて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

あと1本前に乗っていたら——? 夜の通勤・通学電車から動き出す運命と、深まる人生の“謎”。胸にじんわり感動が広がります。【本の内容】

収録作品一覧

化粧ポーチ 7−49
ブレークポイント 51−93
スポーツばか 95−134

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

連載作

2017/03/05 19:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:イシカミハサミ - この投稿者のレビュー一覧を見る

どうしても雑誌連載からの小説は内容が薄い。
時系列は一緒だと思って読んだけれど、
どうにもまとまりが薄くて。
もっと最後に一か所に物語が集約すると
グッとくるのだけれど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/22 18:21

投稿元:ブクログ

止まった電車に乗り合わせた乗客たちの物語。

電車の中で起こるドラマのようなものを期待していたが、意外と「電車の中で時間を共有したストーリー」みたいなものはない。
むしろ「電車」に絡めた物語、といった印象が強く、そこまで「止まった電車」に重きは置かれていない。

ほっこりするような内容の物語が多く、つまらない訳ではないのだが、自分にとってはもう一度読みたくなるような本ではなかった。

2017/04/22 12:25

投稿元:ブクログ

終電を題材にした7つの話。つながってるようでそうでもなくはっきりしないところが嫌だ。
2017.4.22

2017/03/19 15:45

投稿元:ブクログ

電車それも何かトラブルで緊急停車した列車を背景にそこに乗り合わせた、またはその列車に関わり合う人びとを描いた短編集。
読者を騙しあっと驚かせる展開をみせる作品や事故で人生が変わる人、人のやさしさを体感する人等、どの作品も列車の事故、緊急停止という共通点を持ちながら、それぞれに異なる特徴をもたせ読者を飽きさせない。単なるエンターテイメントではなく人生を感じさせる作品集だ。

2017/05/08 21:24

投稿元:ブクログ

それぞれの場所に向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合せる。この運転停止が彼らの人生のターニングポイントになるという人間ドラマ。
面白い題材だなあと思い手に取ったが、ドラマ性が浅くて期待外れ。キレはあるけど苦味というコクがないビールのようだ。

2017/03/07 13:51

投稿元:ブクログ

終電と言うと、仕事が忙しいひと、酔っぱらいとあまり良いイメージを持てません。

阪急電車の様なそれぞれの人生を展開していくイメージに近いですが、あっと驚くような派手な展開はありません。父の危篤に駆けつける会社員、納期が迫るエンジニア、電車を高架橋から見上げるスカートをはいた男。

普段、何気なく乗っている電車も、こうして考えてみると、様々な思いや背景があることに気が付く。終電という毎日の繰り返しにも、違ったドラマがあるのだろうな。

2017/02/12 22:26

投稿元:ブクログ

ファンタジなのかと思ってたら、ヒューマンミステリ。一日の終わりに訪れるささやかな事件の数々。なんだかホッとする。
あらすじ(背表紙より)
父危篤の報せに病院へ急ぐ会社員、納期が迫ったITエンジニア、背後から痴漢の手が忍び寄る美人―それぞれの場所へ向かう人々を乗せた夜の満員電車が、事故で運転を見合わせる。この「運転停止」が彼らの人生にとって思いがけないターニングポイントになり、そして…あたたかな涙と希望が湧いてくる、感動のヒューマン・ミステリー。

2017/06/17 18:10

投稿元:ブクログ

人身事故等の運転見合わせにより紡ぎ出される人々の物語を描いた小説。人身事故を結節点にしている設定が面白いのですよね。電車の中では、人と人との距離が近いのに、互いに知り合うことがない。でもこうして短編小説にしてみると、人と人とを繋げることができる。人と人って、こんなに近くにいるのに、実は離れている。離れているのに、実は繋がっている。この小説は、そんな人と人との温かい繋がりを感じられる良作だと思いました。

2017/03/20 16:04

投稿元:ブクログ

電車が止まることで起こること。
感じること。
誰もがそれぞれの事情を抱えている。
私にはこういう事情があるんだ!
と言うことはないけれど、
理解されたい、とはみんな思っている。
それぞれのものがたり。

2017/05/07 23:08

投稿元:ブクログ

電車にまつわる短編7話。「終電の神様」というタイトルで、帯にも「真夜中の通勤電車は謎と奇跡を乗せてー」なんてあるので、「終電ちゃん」バリの終電にまつわるほっこりした話を期待したのですが、うしろの2話に至っては夜ですらなく、鉄道の情景を絡めましたというだけの印象でちょっと残念。
それぞれの話は文句無く良い話ではあるのですが、個性をつけようとしたのか登場人物の個別の職業に妙に特化してる感じで、ストーリーの本筋よりも競輪選手やら床屋やら舞台作家やらの細かい話に気をとられてしまいました。

疲れた時にちょっとひと息、という位置づけなら安心して読めて良いのかも。

2017/06/14 18:58

投稿元:ブクログ

悪くはない、けれどヒューマンミステリーと銘打ってるなら、も少し謎や人物の深堀が欲しかったなと。それぞれの話がうすーく繋がってるので、書き下ろしの話で繋げてくだされば良かったかなと。