サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2017年間ランキング

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ~12人の賢者に学ぶ!~日本橋ビジネススクール(~1/13)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 情熱のナポリタン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

情熱のナポリタン(ハルキ文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 25件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/02/14
  • 出版社: 角川春樹事務所
  • レーベル: ハルキ文庫
  • サイズ:16cm/244p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7584-4065-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

情熱のナポリタン (ハルキ文庫 BAR追分)

著者 伊吹有喜 (著)

「BAR追分」がある〈ねこみち横丁〉。横丁の振興会の管理人をしながら脚本家を目指す宇藤輝良は、コンクールの応募作品を書き上げたものの、悩んでいることがあって…。『ランティ...

もっと見る

情熱のナポリタン (ハルキ文庫 BAR追分)

562(税込)

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「BAR追分」がある〈ねこみち横丁〉。横丁の振興会の管理人をしながら脚本家を目指す宇藤輝良は、コンクールの応募作品を書き上げたものの、悩んでいることがあって…。『ランティエ』掲載に書き下ろしを加えて文庫化。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

お好み焼き大戦 7−45
秋の親子丼 47−107
蜜柑の子 109−186

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー25件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

カバー変更反対!

2017/02/28 07:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろこしゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

まずカバーイラストの変更に驚愕
今回は通販だったけど書店でこれを見つけ出す自信がない
1巻め初回のカバーでは興味を惹かれず変更されたカバーで初めて手にとった
あまりにもイメージの違う改変はいかがなものかと思うし
ひとつのシリーズで何度も変えるのはマイナスでしかないと思う

続きを待ちわびていた作品は今回も期待を裏切らない
出て来る食べ物は美味しいし、猫は可愛いし
出て来る人たちの人間味あふれる言動のひとつひとつが優しくて愛おしい

「お好み焼き大戦」のラストでしんみり、親子丼の兄弟に癒され
「蜜柑」と「ナポリタン」では宇藤くんの成長を見守る気分
次回には桃ちゃんの過去が語られるかもという期待も膨らむ

前回のレビューに「会長成分が足りない」と書いたけど
今回は会長がたっぷり出演
やはり彼が出ると脳内で製作している映像のグレードが上がる
「蜜柑の子」のラストシーン、夜の新宿バスタに佇む会長と宇藤くんを実写で見たい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社の企画を超えた?

2017/02/28 23:36

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タンポポ旦那 - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版社の企画先行の形でスタートした感が強いシリーズだけれど、徐々に伊吹有喜らしい素直な物語になってきているのはさずが。もともとのファンであるにしても、数多ある“食堂モノ”とは一線を画するのが、この人と柏井寿。それぞれに自分の世界の一端として描いているところが魅力。まあ思えば有喜さんは「四十五日のレシピ」で食に関しては、思い切りうならせてくれた人であるわけだが……。
本巻では、さらに有喜さんの既作の「ミッドナイト・バス」や「今はちょっと、ついてないだけ」に通じる物語が綴られ、当初の企画を超えた展開が望める作品となっているのがファンとして堪らないところ。早すぎる考えと承知の上で、伊吹有喜の連作短編として代表作になりそうな予感がするシリーズ3作目だった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お薦めです

2017/07/25 06:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Atsushi - この投稿者のレビュー一覧を見る

「BAR追分」3作目。登場人物は皆魅力的。今回は宇藤君中心に話が展開します。「遠州焼き」でビールを飲みたくなりました。ごちそうさまでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/03/11 18:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/22 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/13 14:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/01 15:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/27 11:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/03/29 14:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/11 00:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/24 07:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/21 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/06 17:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/21 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/20 00:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハルキ文庫 ランキング

ハルキ文庫のランキングをご紹介します一覧を見る