サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

この世の春 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 80件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/08/31
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/397p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-375013-0
  • 国内送料無料

紙の本

この世の春 上

著者 宮部みゆき (著)

美貌の青年藩主・重興が、突然隠居を強いられるという変事のあった北見藩。重興の押し込められた座敷牢からは、夜な夜な奇怪な声が。亡者たちの叫びか、それとも…。サイコ&ミステリ...

もっと見る

この世の春 上

1,728(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

美貌の青年藩主・重興が、突然隠居を強いられるという変事のあった北見藩。重興の押し込められた座敷牢からは、夜な夜な奇怪な声が。亡者たちの叫びか、それとも…。サイコ&ミステリー長編。『週刊新潮』掲載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

小説史に類を見ない、息を呑む大仕掛け。そこまでやるか、ミヤベ魔術! それは亡者たちの声? それとも心の扉が軋む音? 正体不明の悪意が怪しい囁きと化して、かけがえのない人々を蝕み始めていた。目鼻を持たぬ仮面に怯え続ける青年は、恐怖の果てにひとりの少年をつくった。悪が幾重にも憑依した一族の救世主に、この少年はなりうるのか――。21世紀最強のサイコ&ミステリー、ここに降臨!【商品解説】

著者紹介

宮部みゆき

略歴
〈宮部みゆき〉1960年東京生まれ。「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞、「理由」で直木賞、「名もなき毒」で吉川英治文学賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー80件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

宮部みゆきファンにはたまらない

2018/05/07 17:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴんさん - この投稿者のレビュー一覧を見る

家臣による主君の強制隠居。重興は、名君である父が他界してまもなく、北見藩主の座についたが、わずか5年でこの主君押込という、お家安泰のための最終仕儀に遭ってしまう。理由は、重興の乱心。北見藩元江戸家老である石野織部は、重興の藩主就任と共に隠居したが、筆頭家老の脇坂勝隆の強い要請で、重興が幽閉された五香苑の館守として、再び重興に仕えることになった。織部は、本作のキーパーソンであり、屋台骨でもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

重い重い物語を丁寧に描く

2017/11/28 09:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まもり - この投稿者のレビュー一覧を見る

いつもの宮部さんらしい、微にわたる丁寧な人物描写。今回の物語、明るく軽妙なものとは真逆の、重苦しい冒頭に戸惑いつつ、物語を紐解くべく私も丁寧に読み進めました。予想以上に重い内容でなかなか読み進められなかったのですが、上巻の最後ら辺くらいから一気に物語が動き、没頭して読みふけってしまった。早く物語の決着を読んでスッキリしたいです!苦しい思いをした人たちがどうか幸せになってくれますように…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

掴みは上々

2017/11/11 17:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

ある小さな藩で起こった藩主の押し込め事件。父を亡くした出戻りの多記、彼女と奇妙な縁で繋がる元用人頭、見事な馬と女馬喰、大きな謎…魅力的な要素が詰め込まれた上巻を読んで 下巻への期待は増すばかり。楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どんな過去が!?

2017/10/27 14:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:maki - この投稿者のレビュー一覧を見る

お館様は、多重人格者ということなのね。。
人間の体というのは不思議なもので、
先日読み終わった 鹿の王といい、医学的な話が偶然にも続いたね。
多重人格といえば、アルジャーノンに花束をを思い出す。
そしてアルジャーノンといえば先日発見されたダウン症の
治療薬になりうる化合物に名付けられた。
なんだか、偶然がいっぱい重なってとってもタイムリーな テーマの本を
今読めることってすごいなぁ・・
・・にしても、宮部さんの時代小説はやっぱりおもしろい。
さてさて、どんな過去がつまびらかにされるのか。。。 下巻に続きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/05/08 19:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/28 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/24 22:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/02 11:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/27 15:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/01/28 16:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/25 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/11 08:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/03/17 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/02 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/08 03:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る