サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】honto withダウンロードキャンペーン(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 新書・選書・ブックレットの通販
  4. 新書の通販
  5. 中央公論新社の通販
  6. 中公新書の通販
  7. トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たちの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち(中公新書)
トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち(中公新書) トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち(中公新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2017/09/21
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-12-102451-0
  • 国内送料無料
新書

紙の本

トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち (中公新書)

著者 藤原辰史 (著)

19世紀末にアメリカで発明されたトラクターは、20世紀以降、人類に何をもたらしたか−。アメリカ、ナチス・ドイツ、ソ連、中国、日本など、国家・民度・文化が絡んだ発展の軌跡を...

もっと見る

トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち (中公新書)

929(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

19世紀末にアメリカで発明されたトラクターは、20世紀以降、人類に何をもたらしたか−。アメリカ、ナチス・ドイツ、ソ連、中国、日本など、国家・民度・文化が絡んだ発展の軌跡を描く。【「TRC MARC」の商品解説】

1892年にアメリカで発明されたトラクターは、直接土を耕す苦役から人類を解放し、穀物の大量生産を可能にした。文明のシンボルともなったトラクターは、アメリカでは量産によって、ソ連・ナチ・ドイツ、中国では国策によって広まり、世界中に普及する。だが、化学肥料の使用、土地の圧縮、多額のローンなど新たな問題を生み出す。本書は、一つの農業用の“機械”が、人類に何をもたらしたのか、日本での特異な発展にも触れながら、農民、国家、社会を通して描く。
【本の内容】

農業用”機械”は人類に何をもたらしたか——。米国、ナチドイツ、ソ連、中国、日本など、国家・民度・文化が絡んだ発展の軌跡を描く【本の内容】

著者紹介

藤原辰史

略歴
〈藤原辰史〉1976年北海道生まれ。京都大学人間・環境学研究科中途退学。同大学人文科学研究所准教授。専攻・農業史。著書に「ナチス・ドイツの有機農業」「カブラの冬」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.1

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

興味深い

2017/12/20 12:27

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:怪人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

遅れた産業で、縮小していく産業としての農業があるようだが、人が生存していくためには食料生産は不可欠なものである。近代を振り返れば、農業は機械化と引き換えに、工業に労働者を供給してきた。そのような農業生産の歴史を大きく貢献したのがトラクターであり、著者はトラクターの発展史を通して世界の歴史を描いてみせる。切り口の面白い歴史書である。世界的規模で農業の機械化が行われている訳だが、人間と自然が深く関係する農業は自然と直接肌で五感で感じ取ることも大切だ。機械化の普及進展によって、人間性、地域の自然や社会の関係性が薄まっていっているという。
農家の出身でもなく、トラクターの運転経験も無い者だが、毎日お世話になる食料問題の今後については少なからず危惧している。

ソ連や中国、アメリカなど国のトップの主導のもと、農業を大きく変革しようとする政治力学が働いたが、日本ではトラクターの普及は地域の指導者や技術者の頑張りで発展してきた経緯がある。日本の農政(農政だけではないが)全般についてこれまでの歴史を振り返り、課題等論点を整理した上で、総括的に国家のリーダー達がきちんと将来展望を明確にすべきだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界にはトラクターファンが無数にいるらしい

2017/10/27 22:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:つばめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

土を耕すことは土壌の下部にある栄養を上部にもたらし、土壌内に空隙を作り保水能力と栄養貯留能力を高め、さまざまな生物のはたらきと食物連鎖を活性化させる。土壌の活性化は、そこに根を張る植物の食用部位と栄養価を野生植物では不可能なほど高めることに貢献する。数千年にわたって牛や馬などの家畜が土壌を掘り返す鍬をけん引してきた。100年前にトラクターが開発され、農作業の風景が劇的に変化した。トラクターは農業生産の合理化、生産性向上に寄与した。一方で、購入するための多額の借金、重いトラクターによる土壌の圧縮、肥料となっていた家畜の排泄物がなくなり大量の化学肥料の購入などの負の現象も生じさせた。本書は各国のトラクターの発展過程を具に解説した内容であるが、冗長な説明が多く、日頃からトラクターに取り立てて関心のない一般的な読者には若干とっつきづらいと思われる。筆者もそのことを意識してか、各所にトラクターが描かれたさまざまな小説を引用して、トラクターを少しでも身近に感じ取ってもらおうとする努力の様子はうかがえる。ただし、日本のトラクターの開発経過における、岡山県、島根県在住の必ずしも機械に精通していない民間人の開発秘話には、思わず引きこまれるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/11/13 00:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/30 15:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/21 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/10 12:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/20 22:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/16 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/20 01:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/07 22:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/28 22:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/12/30 09:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/10/12 22:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/11/26 23:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む