サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

お買い物金額分全額還元祭(~1/6)

好評につき期間延長!2019年版カレンダー ポイントキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

国体論 菊と星条旗(集英社新書)
国体論 菊と星条旗(集英社新書) 国体論 菊と星条旗(集英社新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/04/17
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社新書
  • サイズ:18cm/347p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-721028-6
新書

紙の本

国体論 菊と星条旗 (集英社新書)

著者 白井 聡 (著)

「戦後の国体」とは、天皇制というピラミッドの頂点に、アメリカを鎮座させたものだ。なぜかくも奇妙な「国体」が生まれたのか。「戦後の国体」はわれわれをどこに導くのか。白井聡が...

もっと見る

国体論 菊と星条旗 (集英社新書)

1,015(税込)

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「戦後の国体」とは、天皇制というピラミッドの頂点に、アメリカを鎮座させたものだ。なぜかくも奇妙な「国体」が生まれたのか。「戦後の国体」はわれわれをどこに導くのか。白井聡が、日本の深層を明らかにする。【「TRC MARC」の商品解説】

いかにすれば日本は、自立した国、主体的に生きる国になりうるのか?
鍵を握るのは、天皇とアメリカ――。誰も書かなかった、日本の深層!

【各界の識者が絶賛!】
■水野和夫氏(経済学者・法政大学教授)
『永続敗戦論』を凌駕する、緻密な分析、大胆な結論。平成最後の名著。

■内田樹氏(思想家・神戸女学院大学名誉教授)
菊と星条旗の嵌入という絶望から、希望を生みだす知性に感嘆。爽快な論考!

■島薗進氏(宗教学者・東京大学名誉教授)
鋭利な分析軸で切り拓かれた「国体論」の新地平! 対米従属からこそ見える近代日本の深層がここに。

■保阪正康氏(ノンフィクション作家)
「戦後の国体」という、斬新な視点に唸った。現代の危機の本質を明確にする、優れた一冊。

【おもな内容】
自発的な対米従属を、戦後七〇年あまり続ける、不思議の国・日本。
この呪縛の謎を解くカギは、「国体」にあった! 
「戦前の国体=天皇」から「戦後の国体=アメリカ」へ。
気鋭の政治学者が、この国の深層を切り裂き、未来への扉を開く!

●明治維新から敗戦。敗戦から現代へ。
「国体」を知ると、この150年の歴史が全く違って見えてくる!
・なぜ、冷戦の終焉後に、対米従属の度合いを日本は深めてしまったのか。
・アメリカが、現代日本の「国体」に。その「まさか」の歴史的経緯とは?
・万世一系の天皇とその赤子(国民)で構成された「永遠の家族」=「戦前の国体」。
 明治維新の時点から、「国体」が抱えていた矛盾とは何か。
・「天皇崇敬」と「アメリカ崇拝」の相似性。
・支配されている現実すら、人々が否認してしまう「国体」の本質とは?

●歴史は二度、繰り返す。
・「国体」が、日本人の主体性をいつも骨抜きにしてしまう理由。
・日本経済の長期停滞、日本外交の失敗の連続。戦前の失敗に通じる、本質的な原因とは?
・「戦後の国体」から目をそらすと生じる、二度目の日本の悲劇。

【本の内容】

目次

  •  序――なぜいま、「国体」なのか
  • 年 表 反復する「国体」の歴史
  • 第1章|「お言葉」は何を語ったのか
  • 第2章 国体は二度死ぬ
  • 第3章 近代国家の建設と国体の誕生(戦前レジーム:形成期)
  • 第4章 菊と星条旗の結合――「戦後の国体」の起源(戦後レジーム:形成期1)
  • 第5章 国体護持の政治神学(戦後レジーム:形成期2)
  • 第6章 「理想の時代」とその蹉跌(戦後レジーム:形成期3)
  • 第7章 国体の不可視化から崩壊へ(戦前レジーム:相対的安定期~崩壊期)
  • 第8章 「日本のアメリカ」――「戦後の国体」の終着点(戦後レジーム:相対的安定期~崩壊期)

著者紹介

白井 聡

略歴
政治学者。1977年、東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業、一橋大学大学院社会学研究科博士課程単位修得退学。博士(社会学)。専門は社会思想、政治学。京都精華大学人文学部専任講師。おもな著作に『永続敗戦論―戦後日本の核心』(太田出版・石橋湛山賞、角川財団学芸賞受賞)など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

待っていました

2018/07/12 19:12

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

押し付け憲法とか言っている人たちが、どうして、ここまでアメリカにペコペコするのか、美しい日本とか言う人が、アメリカの家来のようにふるまっているのはどうしてなのか?たくさんの方にお聞きしましたが、納得のいく答えは出ませんでした。待望の一冊がでました。細部では、意見の違う部分はありますが、大筋では納得。こういうことだったのか、と手を打ちました。広めていきますよ。でも、未来は暗いなぁ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ちょっと注文

2018/08/16 19:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

国体って何だろう。「天皇を中心とした国家の秩序」だと理解していた。だから戦後の日本に国体なんて言葉はなくなったと思っていた。しかし、著者は戦後「アメリカ」を頂点とした国体を日本は維持しているという。「アメリカファースト」は実感できる。アメリカが天皇を残した意図や昭和天皇の思いもよくわかる。
でも、どうなんだろう。なんか、記号化されているな「国体」が。
戦前でも戦後でも、そして今も「国体護持」したいのは、誰なのかという分析がちょっと曖昧で、なんかモヤモヤしたものを残してしまうだ。
他のレビューは超絶賛してるし、本屋でも平積みで売ってるけど。そんなにすごいのかよくわからない。
そもそも、個人、国民ファーストの憲法を持ったのだからアメリカファーストの国体はあってはならない。そこら辺の指摘も舌鋒鋭く言ってもらいたかったな。
しかも、文章が硬すぎて読みにくいし。新書なんだから、「国体」について考えが及ばない人も読んでもらえる工夫がほしいな。
言ってることは正論だと思うが、いろいろ、注文をつけたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/06/26 17:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/05 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/11/25 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/22 16:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/09 09:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/09/17 19:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/04/17 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/13 09:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/15 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/05/13 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/23 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。