サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

アウトレットポイント5倍キャンペーン ~11/30

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

仕事にしばられない生き方(小学館新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.9 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2018/10/03
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館新書
  • サイズ:18cm/317p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-825324-1

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

仕事にしばられない生き方 (小学館新書)

著者 ヤマザキマリ (著)

好きな仕事をどこまで頑張るか。金にならない職業をいつまで続けるか。チリ紙交換、絵描き、大学教師、リポーター、勤め人など幾多の職業を経験してきた著者が、自由に生きるための「...

もっと見る

仕事にしばられない生き方 (小学館新書)

950(税込)

仕事にしばられない生き方(小学館新書)

950 (税込)

仕事にしばられない生き方(小学館新書)

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 6.4MB 無制限
Android EPUB 6.4MB 無制限
Win EPUB 6.4MB 無制限
Mac EPUB 6.4MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

好きな仕事をどこまで頑張るか。金にならない職業をいつまで続けるか。チリ紙交換、絵描き、大学教師、リポーター、勤め人など幾多の職業を経験してきた著者が、自由に生きるための「お金」と「働くこと」について語る。【「TRC MARC」の商品解説】

人生で最も大切な「仕事」と「お金」の話

人気漫画家ヤマザキマリが本音で語る「仕事」と「お金」の話。

現在は漫画家の著者ですが、経験した仕事は、チリ紙交換のアルバイトに始まって、絵描き、露天商、大学教師、料理講師、テレビリポーター、美術イベントのキュレーター、普通の勤め人など、数知れず。

当然、良いことばかりでなく、さまざまなトラブルや苦労を経験してきました。

海外で借金返済に追われ、家を追い出されたり、ダブルワークならぬ「10足のわらじ」を経験したり、仕事で活躍すれば、上司から妬まれたり。

トラブルなどがあるたびに、著者は働くことについて考え、働き方を変えてきました。

「好きな仕事か、向いている仕事か」

「お金にならない仕事をいつまで続けるべきか」

「嫌な上司がいたらどうすべきか」

「望んだ仕事なら、限界まで働くべきなのか」

そんなことについて考えるヒントが豊富な体験的仕事論です。

母から学んだお金の話や、自らが経験した借金の怖さなどについても言及。

「仕事」と「お金」についての本音が満載です!

【編集担当からのおすすめ情報】
今回、ヤマザキマリさんは、自身が経験した様々なトラブルについても、本音で述べてくれています。

借金の怖さや、帰国後に活躍していた組織を離れることになった理由、『テルマエ・ロマエ』大ヒット後のトラブル……。

トラブルの際にどのようなことを考え、どう決断してきたのか。

仕事について、お金についてどう考えているのか。

本書では、人生を振り返りつつ、そういったことを述べていきます。

仕事やお金、人生哲学について考える人に読んでいただきたい一冊です。【商品解説】

●多額の借金に悩んだイタリア時代。●10種の仕事を兼務したシングルマザー時代。●体も家庭も壊れそうだった『テルマエ・ロマエ』の頃。「お金」と「働くこと」について悩み、考え続けてきた著者が語る人生論。【本の内容】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.9

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人生で大事な「仕事」と「お金」の話です!

2018/10/03 09:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、人気漫画家であるヤマザキマリ氏による「仕事」と「お金」について語られた書です。同氏は漫画家になる前、数々の仕事を経験されたそうで、その中には苦しい仕事の方が圧倒的に多かったそうです。そうした同氏の経験から、仕事とはどういうものか?お金とはどうあるべきか?といった人生にとって、毎日の生活にとってとても大事なことについて、面白おかしく語られた作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気に読みました。

2018/11/03 12:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:御室 みやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初、一気に読みました。そして、2回目を読んでいるところです。

「お先に帰りづらい問題」、「有給取りづらい問題」への言及の中で、印象に残っている言葉があります。

>死ぬまでそれ、やるつもりですか、冗談じゃないですよ。働いて、働いて、それでつらくって死んじゃうなんて、いったい、誰のための命だと思っているのですか。
>本当は嫌なら、嫌だって言えばいいんです。言わなくたって、「いち抜けた!」って抜けたら、いいんですよ。集団になった時に、変な抑止力が働いて、言いたいことが言えなくなるというのは、本当に怖い事です。

私も、その一節を読んだ時、ハッとしました。
どうしても、欧米の働き方と比較してしまいがちですが、日本では、未だにこの風潮が強いんだなと思いますね。時間内にきちんと仕事をして、定時上がりをしたくても、周囲の「空気を読んで」、その場の状況を「忖度(そんたく)」しないといけませんよね?

有給の部分に関しては、業種や職種、勤務先の業務の繁忙時期にもよるので一概に言えませんが、普段の業務に関しては、常日頃から感じている部分でもあります。

欧米の場合、時間外に関しては「時間外は、時間管理能力がない人がすることである」と言われています。日本の長時間労働が減らない背景として考えられるのは、だらだらと時間を費やした無駄なミーティング、時間を浪費する雑務(会議前の資料コピー等)、顧客からの無茶(または無謀ともいえる)要望に応え、対応すること、急ぎの仕事とそうでない仕事の線引きが明確でないことなどが考えられます。

「私の働き改革ートラブルから学んだこと」では、著者の義妹さんの経験が描かれていて、私自身も思い当たる節があり、その時のことを思い出しながら読みました。

昨今話題になっている働き方改革、時間の使い方なども含めて、今一度、仕事や働き方の在り方についても、見直す時が来ているのだと思います。

この本を一人でも多くの人に読んでもらいたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

仕事とお金の話

2018/09/27 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:caroten - この投稿者のレビュー一覧を見る

人生で最も大切な「仕事」と「お金」の話

人気漫画家ヤマザキマリが本音で語る「仕事」と「お金」の話。
とても面白く解説されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/10/29 15:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/30 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/10/05 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む