サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「ブックツリーで読む最近の文学賞」ポイント5倍キャンペーン(~3/27)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨(角川新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/03/09
  • 出版社: KADOKAWA
  • レーベル: 角川新書
  • サイズ:18cm/312p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-082255-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨 (角川新書)新刊

著者 大木毅 (著)

ドイツ国防軍で最も有名な将軍・ロンメル。最後はヒトラー暗殺の陰謀に加担したとされ、非業の死を遂げる。彼はヒトラーの忠実なる“軍人”なのか、誠実なる“反逆者”なのか。最新学...

もっと見る

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨 (角川新書)

税込 972 9pt

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

税込 972 9pt

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.8MB 無制限
Android EPUB 12.8MB 無制限
Win EPUB 12.8MB 無制限
Mac EPUB 12.8MB 無制限

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

税込 972 9pt

「砂漠の狐」ロンメル ヒトラーの将軍の栄光と悲惨

販売終了

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 12.8MB 無制限
Android EPUB 12.8MB 無制限
Win EPUB 12.8MB 無制限
Mac EPUB 12.8MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ドイツ国防軍で最も有名な将軍・ロンメル。最後はヒトラー暗殺の陰謀に加担したとされ、非業の死を遂げる。彼はヒトラーの忠実なる“軍人”なのか、誠実なる“反逆者”なのか。最新学説を盛り込み、その虚像と実像を暴く。【「TRC MARC」の商品解説】

ヒトラーの忠実なる“軍人”か、誠実なる“反逆者”か。
第二次世界大戦を動かした男の虚像と実像を暴く。
これまでの俗説を打破する決定版!!

ドイツ国防軍で最も有名な将軍で、第二次世界大戦の際は連合国からナポレオン以来の名将とまで言われた男、ロンメル。
最後はヒトラー暗殺の陰謀に加担したとされ、非業の死を遂げるが、北アフリカ戦線の活躍から名づけられた「砂漠の狐」の名称は広く知られている。
ところが、日本ではとうの昔に否定された40年近く前の説が生きている程、ロンメル研究は遅れていた。

ロンメルは、ヒトラー暗殺計画に気づいていたのか!? 知っていたとしたら、それを支持していたのか!? 最新学説を盛り込んだ一級の評伝!

「日本では【略】、軍事はアカデミズムにおいて扱われない。
一方、「本職」の自衛隊や旧軍人のあいだでも、戦前、みっちりとドイツ語教育を受けた世代が退くにつれ、
第二次世界大戦の欧州方面の歴史に関する研究が紹介されることもなくなってきたのである。
 【略】もちろん、ミリタリー本などでは、多々ロンメルが取り上げられてはいたものの、
それらのほとんどは、1980年代の段階にとどまっており、なかには、
アーヴィングの『狐の足跡』の歪曲を無批判に踏襲するばかりか、誇張して広めるものさえあったのだ。」(「あとがき」より)【商品解説】

ロンメルは、ヒトラー暗殺計画に気づいていたのか!? 知っていたとしたら、それを支持していたのか!? 最新学説を盛り込んだ一級の評伝!【本の内容】

目次

  • 序 章 死せる狐
  • 第一章 ロンメル評価の変化
  •  英雄「演出」/偶像破壊/進む再評価
  • 第二章 「アウトサイダー」ロンメル
  •  プロイセンの出自にあらず/数学者の息子/傍流から入る/「連隊付の立派な将校」/中産階級の恋愛
  • 第三章 第一次世界大戦のロンメル
  •  ロンメル出陣す/初陣/頭角を現す/一級鉄十字章を得る/山岳大隊へ/山岳機動戦/コスナ山の戦闘/イゾンツォ戦線における攻勢/マタユール山の戦功/誇張された栄光か?

著者紹介

大木毅

略歴
〈大木毅〉1961年東京生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。現代史家。著述業。陸上自衛隊教育訓練研究本部講師。著書に「ドイツ軍事史」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

戦友を見捨てて逃げた男がロンメルの正体

2019/03/11 20:19

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オタク。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

エル・アラメインから敗走した後にロンメルはゲーリングから「エル・アラメイン前面のイタリア軍を見捨てた」と主張されたとあるが、参考文献目録には兄弟本の「イタリア敗戦史」しか出ていないが同著者の「ムッソリーニの戦い」には「ドイツ兵はイタリア軍の車両をも奪い、勇敢に戦ってきたイタリア兵士を砂漠の真っただ中にほうり出して逃げたのであった」という「イタリアのある将校」の証言が引用されている。著者が非難しているパウル・カレルの「砂漠のキツネ」ですら「イタリア軍歩兵を救う事はむりなので、ロンメルとしてはドイツ軍歩兵部隊はもちろんラムケ降下猟兵旅団のような特殊部隊をも車両で後退させるわけにはいかなかった」と超婉曲話法で言及している。つまりロンメルは戦友であるイタリア軍から「車という車をすべてドイツ軍が没収した」(「ムッソリーニの戦い」)上で見捨てて逃げ出した卑劣な男なのだ。イタリア兵達にとって幸いなのは敵が心優しい英連邦軍であった事だろうか。よくムッソリーニがロンメルの解任をドイツ側に求めなかったものだ。
 ロンメルはヴュルテンベルク人なのでヴュルテンベルク軍の将校だが、著者はバイエルン軍以下の「傍流」と表現している。しかし著者が「灰緑色の戦史」に収録した文章で書いたラインハルト将軍や大戦末期に参謀次長になってヴァイマル時代に再婚で失脚するまで政治の表舞台にいたグレーナー将軍がヴュルテンベルク軍出身だと書いていて、ラインハルトがユダヤ人女性と結婚した「『自由主義』的思想を持っていた」人物と書いたのを忘れているらしい。
 「第二次大戦の〈分岐点〉」などではチュニジアにヴァルター・ラウフSS大佐が派遣された事やネーリング将軍がチュニジアのユダヤ人を「陣地構築に動員すると取り決めている」と書いたのに、この本では「砂漠のキツネ」みたいに一言も書いていない。ヒルバーグの「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」を読んで書いているのに何故だろう?
 ロンメルが捕虜になった自由フランス軍の将兵やユダヤ人を含めた亡命ドイツ人の処刑する命令に従わなかった事やコマンド指令を焼いた事を書いているが、主戦場がイタリア領リビアで、ネーリングやラウフが「それだけのこと」(「第二次大戦の〈分岐点〉」)をしたのはフランスの保護領だったチュニジアだからだろうか。ドイツ軍がイタリアやイタリア領だったドデカネス諸島、イタリア軍が占領していた地域でユダヤ人を強制収容所に送ったり、過酷な支配を始めたのはイタリア休戦後だ。著者がこの本で言及しているロジャー・ムーアハウスの「ヒトラー暗殺」に書かれているようにフーベルト・ランツ将軍がイタリア休戦時に武装解除したイタリア兵を銃殺したり、「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」に書かれているかつての第90アフリカ軽師団長でロードス突撃師団長のウルリヒ・クレーマン将軍がロードス島のユダヤ人をアウシュヴィッツに送った。それだからか、悪名高い「砂漠のキツネ」に書かれているようにエル・アラメインでフォン・ビスマルク将軍が戦死した時にネーリングが負傷した事は書いてもクレーマンが負傷した事は書かれていない。「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」を読んだからクレーマンの所業を知っているにしても、彼の存在まで消す事はないだろう。
 しかし何故か著者は「第二次大戦の〈分岐点〉」とこの本ではロンメルがコマンド指令に従ったのか、それとも従わなかったのか、書いている事がバラバラだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2019/03/19 22:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。