サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(0701-03)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2019/04/27
  • 出版社: 徳間書店
  • サイズ:15cm/235p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-19-900952-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

彼は優しい雨 (キャラ文庫)

著者 水原 とほる (著),小山田あみ (イラスト)

自分の目的のために恋愛を犠牲にしてきた二人の男が、過去を乗り越え再び恋に堕ちる――ロマンティックLOVEストーリーvやる気がない学生を前に、淡々と講義を進める大学講師――...

もっと見る

彼は優しい雨 (キャラ文庫)

税込 660 6pt
30%OFF

【期間限定価格】彼は優しい雨

07/14まで通常660

税込 462 4pt

【期間限定価格】彼は優しい雨

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 11.1MB
Android EPUB 11.1MB
Win EPUB 11.1MB
Mac EPUB 11.1MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

自分の目的のために恋愛を犠牲にしてきた二人の男が、
過去を乗り越え再び恋に堕ちる――
ロマンティックLOVEストーリーv

やる気がない学生を前に、淡々と講義を進める大学講師――
そんな東欧文学の講義に、雨宿りで潜り込んだ若手デザイナー・文彦。
暇潰しのはずが、東欧の作家への情熱を静かに語る講師・久富に、好奇心を煽られる。
俺が学生じゃないって気付いてるのに、聴講を許してくれる――
そんな久富に惹かれ、何度も大学に足を運ぶが!? 
会う時はいつも雨に降られてしまう二人が、ゆっくり育む甘い恋v
【商品解説】

自分の目的のために恋愛を犠牲にしてきた二人の男が、過去を乗り越え再び恋に堕ちる――ロマンティックLOVEストーリーv【本の内容】

自分の目的のために恋愛を犠牲にしてきた二人の男が、過去を乗り越え再び恋に堕ちる——ロマンティックLOVEストーリーv【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

電子書籍

恋を犠牲にして必死で生きてきた二人の 遅まきの恋

2021/12/04 18:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:M★ - この投稿者のレビュー一覧を見る

イラストが素敵、物語は、初期の水原とほるさんの作品と違って、痛くない。
猫気質の文彦視点で物語は進捗。
小説とは言え、人生の身の振りかたを考えさせられた。
登場人物それぞれが必死で生きていて、悪人が居ない。
あるのはすれ違いだけ。孝也が少し気の毒。

 峯浦文彦(アヤヒコ): 母似の中性的な容貌。美大卒、商業デザイナー。
ランチを大学の学生食堂で取るついでに講義を聴講。次第に久富に惹かれていく。
久富曰く、ディカプリオに似ているベビーフェイス。

 久富周一郎 :東欧文学研究家。大学講師。「ヤーン・タタールク」を講義する。
黒いハイネックセーターにツイードの上着。黒縁眼鏡。祖父の形見の懐中時計。雨男。

 江田島孝也 :文彦の元彼。真面目な性格のITエンジニア。孝也は、文彦を好きすぎて変わってしまう。嫉妬と独占欲が過ぎて、文彦が離れる。
孝也は未練があり復縁を希望。久富と似ていて違う、自分を俯瞰して見れない。文彦を許容できない自分の器量に気付いて身を引く。

東欧作家「ヤーン・タタールク」は、・・居そうで居ない、架空の人物。
「明日を待つ鴉たち」←実在するような描写に笑ってしまう。

映画『太陽と月に背いて』
フランスの詩人「アルチュール・ランボー」とその愛人・詩人の「ポール・ヴェルレーヌ」との、数年間の愛憎を描いた作品。
ランボーを演じたのは、レオナルド・デカプリオ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

雨にけぶる恋の物語

2021/11/05 06:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やじやじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ネタバレあり

これは恋の物語
出会って近づいて関係を深めてゆく様が描かれている。
雨をキーポイントにして、二人の関係が少しずつ変わって行く様が
優しくそれでいてちょっとほろ苦い恋の風景を彩る。
お互いの過去の件は出てきてちょっとしたことは起こるけど
世間的に特別な大きな事件は起きない
なので二人の恋を味わえば良い作品だと思う。

文彦視点なので久富の心の変遷はすべては見えないけれど
わたし的には意識的か無意識かは別にして
久富の囲い込みというか文彦の恋心に対する追い込みがすごいなぁと。
雨の話、図書館での出来事、そしてランボーの話
もう網がどんどん狭めて、文彦が飛び込んでくるように仕込まれている気が。
最終的に文彦が迫った形にはなっているけど、
精神的には久富が絡め取っているみたいな感じでした。
そして久富の性別超えるハードルの低さも。
(まあ文彦視点なのでそこらへんの葛藤があったのかなかったのか不明
過去との葛藤の方が大きくてそこは特に久富の中ではあまり問題ではなかったのかも)

ゆっくりと関係を築いていくなかで深まる恋心
最後の過去の件での久富の冷静な対応がまたぐっときます。

そして地に足がついたような恋の話の中で
二人の抱き合うシーンがちょっと濃密で好きです。

コレ読み終わるとヤーン・タタールクを読んでみたくなりますよね。
・・・実在しない作家みたいですけどそれでも読みたくなるほど
作品の中にちりばめられていた。
(本好きの心をくすぐる感じ)
この名前が二人の恋とともに胸に残る作品でした。

余談ですが、
作者さんの初期の痛々しい話も好きなのですが
こういう恋(特に年齢を重ねている人の)話も好きです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2020/07/07 07:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。