サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/03/17
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社現代新書
  • サイズ:18cm/282p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-522861-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

戦争の中国古代史 (講談社現代新書)

著者 佐藤信弥 (著)

中国古代史は、様々な勢力間の戦争を通じた「中国」形成史と見ることができる。殷・周・春秋戦国時代に繰り広げられた古代中国の戦争を軸に、「中華帝国」誕生の前史を明らかにする画...

もっと見る

戦争の中国古代史 (講談社現代新書)

税込 1,100 10pt

戦争の中国古代史

税込 1,045 9pt

戦争の中国古代史

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 14.6MB
Android EPUB 14.6MB
Win EPUB 14.6MB
Mac EPUB 14.6MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

中国古代史は、様々な勢力間の戦争を通じた「中国」形成史と見ることができる。殷・周・春秋戦国時代に繰り広げられた古代中国の戦争を軸に、「中華帝国」誕生の前史を明らかにする画期的入門書。【「TRC MARC」の商品解説】

群雄割拠! 殷・周・春秋戦国時代に繰り広げられた古代中国の戦争を軸に、「中華帝国」誕生の前史を明らかにする画期的入門書。

「中国」形成史、あるいは華夷思想の形成は国内外の学会でホットなテーマである。また秦の滅亡から漢王朝成立までの過程は、近年日本で活発に研究が発表されている。本書ではこれら最新の研究の成果を随所に取り入れていく。
 そしての戦争やその意義だけでなく、軍制、長城などの軍事施設、兵器、軍事にまつわる儀礼や思想、軍事に関わった人物、末端の兵士の状況など、軍事全般を各時代ごとに見ていくことで、文字通り「戦争の中国古代史」を総合的に描き出していくことにしたい。    ――「まえがき」より


【本書の構成】

序章:戦争の起源
第一章:殷王朝 旬に憂い亡きか
第二章:西周王朝 溥天の下、王土に非ざる莫し
第三章:春秋時代 「国際秩序」の形成
第四章:戦国時代 帝国への道
第五章:秦漢王朝 「中国」の形を求めて
終章:「中国」の行く末【商品解説】

目次

  • 序章:戦争の起源
  • 第一章:殷王朝 旬に憂い亡きか
  • 第二章:西周王朝 溥天の下、王土に非ざる莫し
  • 第三章:春秋時代 「国際秩序」の形成
  • 第四章:戦国時代 帝国への道
  • 第五章:秦漢王朝 「中国」の形を求めて
  • 終章:「中国」の行く末

著者紹介

佐藤信弥

略歴
〈佐藤信弥〉1976年兵庫県生まれ。関西学院大学大学院文学研究科博士課程後期課程単位取得満期退学。博士(歴史学)。立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所客員研究員、大阪府立大学客員研究員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

これぞ古代中国史ファンが求めていた戦争史!

2021/04/20 18:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koh_N - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本は、いわゆるエピソード集とは方向性を異にする。
これまで具体的に言及する資料も少なく、時期や地域によってあり方が違ってなかなか手に負えなかった、社会や政治の仕組みといった側面から中国古代史の戦争を紐解いた本だ。

そのむかし、中国古代史といえば、だいたい資料は史記か竹書紀年がメインで、発掘物は数多くあるものの、まだまだ整理が進んでおらず、一般人からのアクセスは難しい状況で、魅力的ながらあまりの資料に少なさに心の折れる者多数、という修羅の道であった。
私もいつしか心の折れた一人であった。
そこに流星のごとく現れたこの新書。
タイトルに惹かれて購入してみれば、整理された発掘資料に基づいた近年の研究成果を大いに踏まえて綴られており、これだよ!俺たちが欲しかったのはこれだったんだよ!という、待ちかねた一冊であった。
その内容の豊潤さときたら、砂漠で水滴を求めて彷徨っていたら、瀑布に遭遇したようなもんである。

軍事的な機構の変遷、政治と軍事の関わり、王権のあり方と、領域の認識のうつりかわり。
後代の資料からは読み取ることが難しかった部分が多いに補完される。
これだよ?こういうことが知りたかったんだよ、という内容のオンパレード。

何度見ても信じられないのだが、これは新書なのである。
この内容が!情報量が!新書サイズで!千円前後で!読めるのである。

ちょうど過去一年以内に入手していた岩波新書の中国の歴史シリーズや、講談社学術文庫の中国の歴史シリーズの頭巻と相互に読み比べることができて、一層おもしろかったです、というダイレクトマーケティングもどさくさに紛れてくっつけておこうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

周の存在感

2021/04/25 14:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K2 - この投稿者のレビュー一覧を見る

殷代から漢の武帝期までの政治史を概観。「史記」などの史書の記事ばかりでなく、近年出土の文字資料を多く参照しているのが特徴。封建から中央集権への移行、「中国」という領域の形成などを論じる。このような主題とは少しズレるかもしれないが、周の存在感の大きさを感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

佐藤先生ファン向け

2022/02/10 16:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いて座O型 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国古代史は、最近いろいろ研究の基礎となる知識が革新されてきたりして、どんどんこれまでの歴史が塗り替えられてきてる、ホットな分野だと思う。
そんな中でも、特に気鋭の研究者の一人に挙げられる、佐藤先生による概説書。
ある程度まとまった期間を概観するには好適。内容としての新味は薄いんだけど、ファンならやっぱり持っておきたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

殷周は専門的過ぎるのか読みにくいが、秦漢は読みやすい

2022/04/08 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:melon - この投稿者のレビュー一覧を見る

かなり専門的な本であり、予備知識なしで読破するのには辛いものがある。本書を読むだけではなかなか理解できず、面白さもないだろう。結局Wikipediaなどで調べながら読み進めることとなってしまう。
春秋と戦国はそれらを一纏めとして扱われることが多いが、その境目はかなり曖昧だ。何をもって両者を分け、それが何年かといったことが定まっていないということだ。ただし、宋襄の仁といった出来事がのちの時代にはアホらしいように思えても、当時はルールに則っているようなもので、これが戦国時代には変化したということであれば、ここは戦い方のターニングポイントであるといえる。『曹沫之陳』にあるようなルール化された古い戦争から『孫子』にあるような詭道という現代人が考える戦争らしいものへとなっていったということだろう。
戦国末期から秦の統一、楚漢の争いといったところは、もともとの馴染みがある時代だからか、読みやすさがかなり違う。前提知識があるかないかなのか、それとも書いてある内容が全然違うからなのか、前半と後半で全く異なる本を読んでいるようである。もしかすると、筆者の専門が殷や周であるため、自身の専門分野について、難しく書いているのではないか。そうとも思える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

中国古代史

2022/05/20 02:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国の古代史には、学生時代から関心はあったので、読み始めました。しかし、専門的なことがナント多いのか……。予備知識無しではキツイです。自分が勉強不足なのですが……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2022/01/29 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/01/08 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/02 20:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。