サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

本の通販ストア OP 5%OFFクーポン(1004-06)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2021/05/19
  • 出版社: 光文社
  • レーベル: 光文社新書
  • サイズ:18cm/198p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-334-04539-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

新書

紙の本

名画で読み解くプロイセン王家12の物語 (光文社新書)

著者 中野 京子 (著)

フリードリヒ大王とビスマスクという傑物を擁し、世界最強国の一角に食い込んだプロイセン。ヨーロッパの原型を作った王家の217年間の光と闇、運、不運、そして熱い人間ドラマを、...

もっと見る

名画で読み解くプロイセン王家12の物語 (光文社新書)

税込 1,078 9pt

名画で読み解く プロイセン王家 12の物語

税込 1,078 9pt

名画で読み解く プロイセン王家 12の物語

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 53.8MB
Android EPUB 53.8MB
Win EPUB 53.8MB
Mac EPUB 53.8MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
ブラウザ EPUB 無制限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

フリードリヒ大王とビスマスクという傑物を擁し、世界最強国の一角に食い込んだプロイセン。ヨーロッパの原型を作った王家の217年間の光と闇、運、不運、そして熱い人間ドラマを、色彩豊かな名画とともに読み解く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

中野 京子

略歴
〈中野京子〉北海道生まれ。作家、ドイツ文学者。著書に「そして、すべては迷宮へ」「美貌のひと」「名画で読み解くイギリス王家12の物語」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

フリードリヒとヴィルヘルムだらけ

2021/05/31 19:29

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:earosmith - この投稿者のレビュー一覧を見る

「名画で読み解く」シリーズは本当に面白いです。西洋史に全く興味がなかったのに気が付いたら好きになっていました。今回のプロイセン王家もほとんど知りませんでしたが、王家の始まり、親子の確執など興味深くとても楽しめました。名前が皆フリードリヒ、ヴィルヘルムで混乱しますが、あだ名も紹介されていてわかりやすかったです。「デブの女誑し」なんて身も蓋もないあだ名も。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

待望のシリーズ第5作目

2022/02/10 21:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いっしー - この投稿者のレビュー一覧を見る

待望のシリーズ第5作目。
今まで登場した王家とストーリーが繋がっているのが面白い!

プロイセンといえば、フリードリヒ大王とビスマルクが有名。
フリードリヒ大王も最初から強かった訳でなく、自分の負け戦から徹底的に考察した事がその後の成功に繋がってる(徳川家康と通づるものがある…)
ビスマルクもヴィルヘルム一世あってこその治世だった。お互いが切磋琢磨して、ドイツ統一を成し遂げた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

壊すのは簡単

2021/08/31 17:01

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

優美な「マダムX」で知られるサージェントによる「ガス」
彼がこんな悲しい絵を描いたとは。

プロイセンのホーエンツォレルン家成立の過程(ルターが関わっているとは)、プロイセン王国からドイツ帝国になっていく流れがとてもわかりやすい良著。

217年の歴史の中でフリードリヒ大王、ビスマルクというスターを生み出した歴史は興味深い。
ヴィルヘルム一世の時代に外交と戦略の達人たるビスマルクと卓越した軍事的才能のモルトケが揃ったのは奇跡的。
動乱の時代、最後の皇帝となったヴィルヘルム二世の外交センスゼロさに唖然。
彼にあったのは先人の功績と労苦をぶち壊す負の能力だけだったのは救われない。
何事も壊すのは簡単なんだな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

絵画からプロイセン王家の歴史を復習できる

2021/11/13 15:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:makiko - この投稿者のレビュー一覧を見る

地方の有力者に過ぎなかったプロイセン王家がドイツを統一し、没落していくまでを名画を観つつ解説してくれている本。フリードリヒとヴィルヘルムという名前ばかりでややこしい王様について時代順に一人ずつ紹介してくれていて楽しめました。大王が同性愛者だったとは知りませんでした。「名画で読み解く」の他の本も読もうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

200年に凝縮された数々のエピソードが面白い

2022/02/05 00:34

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:とりこま - この投稿者のレビュー一覧を見る

わずか200年程度の歴史、系図もこれまでのハプスブルク家やブルボン王朝などに比べるとシンプルだが、フリードリヒやらヴィルヘルムやら何人も居てややこしい。それはさておき、ヨーロッパの中では比較的短い期間だと思うが、エピソードには事欠かず、そしてヨーロッパや世界史にどのような影響を与えたかがわかって面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/08/29 20:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/14 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/22 22:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/23 11:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/12/13 22:07

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/10/13 10:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/14 15:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/11/14 13:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/22 22:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/08/18 18:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。