サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0811-17)

目次

  • 第1章 行為を伴うと記憶成績が向上するのはなぜか?
    • 1−1.エピソード記憶(episodic memory)
    • 1−2.行為とエピソード記憶
    • 1−3.実演効果の特徴
    • 1−4.実演効果を説明する理論
    • 1−5.行動データのみに依拠した理論の限界
  • 第2章 脳生理指標からみたエピソード記憶と行為
    • 2−1.脳の解剖学的特徴
    • 2−2.脳生理指標測定方法の特徴
    • 2−3.脳生理指標を用いた実演効果に関する先行研究
    • 2−4.運動感覚情報の再活性化の検討:MEG(magnetencepharography)実験
  • 第3章 脳疾患からみたエピソード記憶と行為
    • 3−1.認知神経心理学
    • 3−2.行為の認知神経心理学的モデル
    • 3−3.失行症患者を対象とした認知神経心理学的実験
  • 第4章 行為を伴うと記憶成績が向上するのはなぜか?
    • 4−1.これまでに提示された認知処理モデル
    • 4−2.新たな認知処理モデル(符号化時)
    • 4−3.新たな検索処理モデル(検索時)
    • 4−4.新たなモデルの妥当性
    • 4−5.実演効果の認知処理機序(行為を伴うと記憶成績が高まるのはなぜか)
  • 第5章 実演効果の記憶リハビリテーション応用に関する検討
    • 5−1.記憶障害(健忘症)
    • 5−2.現在行われている記憶リハビリテーション
    • 5−3.脳疾患患者を対象とした実演効果に関する先行研究
    • 5−4.実演効果が記憶成績、記憶の正確性、忘却に及ぼす影響:アルツハイマー病患者を対象とした実験
  • 第6章 総合論議
    • 6−1.実演効果の認知処理機序の解明に関する研究の課題と展望
    • 6−2.記憶リハビリテーション応用への課題と展望