サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

目次

  • 序章 心が「治る」ということ
    • 1.人は発達する
    • 2.統合的心理援助という発想
    • 3.DoingとBeing
    • 4.「かたること」と「きくこと」
    • 5.心の物語を紡ぐ
    • 6.この本の狙いと構成
    • 7.お薦めの参考文献
  • 第1章 心の病理とその時代性−子ども・家庭・学校・社会−
    • 1.「時代の病理」という視点
    • 2.学校の病理と社会の病理の推移
    • 3.現状と今後の課題
  • 第2章 現代の思春期課題−『千と千尋の神隠し』における大人へのナラティヴ−
    • 1.『千と千尋の神隠し』はなぜ大ヒットしたか
    • 2.思春期の対象喪失とモーニングワーク
    • 3.千尋が覗いた大人の社会
    • 4.大人になれなかったものたち
    • 5.子どもの心を育てるもの
    • 6.大人になるということ
  • 第3章 心の傷の癒され方−『ハリー・ポッター』とトラウマの時代−
    • 1.社会現象としての『ハリー・ポッター』
    • 2.この物語の構成
    • 3.ハリーの体験する世界
    • 4.トラウマケアのよりどころ
    • 5.「影」との向き合い方
  • 第4章 親になるという物語の喪失−児童虐待加害親の心理と世代間伝達−
    • 1.児童虐待の現状
    • 2.赤ちゃん部屋のゴースト−0歳児に対する発作的暴力−
    • 3.葛藤の世代間伝達−両親の共同作業による身体暴力とネグレクト−
    • 4・母と子に向ける前エディプス葛藤−母親の同居男性による幼児への身体暴力−
    • 5.親になるという物語
  • 第5章 心の物語の時代性と普遍性−宮崎吾朗の『ゲド戦記』とアースシーの物語−
    • 1.アニメ『ゲド戦記』をめぐる評価
    • 2.宮崎吾朗の描く『ゲド戦記』
    • 3.『シュナの旅』と宮崎吾朗の父親殺し
    • 4.父親殺しと解離性障害
    • 5.原作のストーリィとその世界観
    • 6.原作の背景をなす世界観
    • 7.宮崎吾朗の残された課題
  • 第6章 世代をつなぐ物語−事例報告として読む『西の魔女が死んだ』−
    • 1.エヴィデンスとナラティヴについて
    • 2.小説としての『西の魔女が死んだ』
    • 3.事例報告としての『西の魔女が死んだ』
    • 4.事例として読み解くための課題設定
    • 5.まいの思春期課題
    • 6.家族再構築のための課題
    • 7.親子三世代に共有される課題
    • 8.おばあちゃんの魔法
    • 9.事例理解における初学者の課題
    • 10.対象理解の目を磨く
  • 終章 次の時代への物語
    • 1.物語ることの物語
    • 2.シンプルに生きる
    • 3.絆をテーマに物語を紡ぐ