サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】<丸善丸の内本店+ジュンク堂池袋本店>×hontoブックツリー 大切な人に贈るこどもの本(~1/10)

hontoレビュー

首都水没(文春新書)

首都水没 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本

水を治むる者は、国を治む

2015/07/26 10:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:キック - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎年、水害による痛ましい被害者が発生し、その時だけ派手に報道されますが、水害対策は地震対策ほど注目されていないように思います。「自分は安全だ」と根拠のない確信があるのかもしれません。それだけに、関東に住む方は無論のこと、本書を一読し、水害の恐ろしさを知っておくべきと思いました。

 内容は以下の通りでした。特に第3章の洪水シミュレーションは、想定される事態が淡々と記述されていて、かえって戦慄を覚えました。
第1章:ゲリラ豪雨について
第2章:東京の地盤沈下について
第3章:地下鉄洪水等の災害シミュレーション
第4章:東京が水害に弱い町となった歴史
第5章:地震洪水
第6章:災害列島の成り立ち
第7章:東京の三大水害
第8章:避難勧告や避難指示について
第9章:まとめ(洪水対策は国家の安全保障)
 全体としては、日本列島の成り立ちや地震対策にまで言及するなど盛りだくさんで、主題である水害がぼけてしまい、総花的で散漫な印象も受けました。

 それにしても、八ツ場ダムとスーパー堤防を否定して、国民の命を虫けらのように扱った愚かな民主党政権(115ページ、170ページ)。特に蓮舫の「スーパー堤防は必要ですか?二百年に一度の津波だったらいいじゃないですか」は忘れられません。無知で不見識な人間が政治家になった時の国民のリスクは果てしなく大きいことが、本書を読んで、改めて思い出されました。
 なお、本書を読んで水害に興味を持った方へは、稲泉連氏著作の「ドキュメント豪雨災害 そのとき人は何を見るか (岩波新書 新赤版)」もお勧めです。本書は、4年前に紀伊半島を襲った台風12号の豪雨災害を振り返り、読者に追体験をしてもらうことで、今後の防災に活かしたいという迫力ある内容でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2017/08/20 20:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/28 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/22 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/22 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/19 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/25 13:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/02 23:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/17 12:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/11 22:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

10 件中 1 件~ 10 件を表示