サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.0

評価内訳

12 件中 1 件~ 12 件を表示

電子書籍

興味深い

2015/06/06 09:26

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:宮村みやこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

まあ誰もアンシャンレジームのフランスを直に体験した訳ではないのでストーリーに尾ひれが付いてものすごく陰惨な世界として描かれるのはやむなしだけど当時のフランスの国富を独占した第一、第二身分が第三身分の平民を家畜のように扱った結果1789年のパリの暴動、所謂フランス革命を引き起こしたのはこのストーリーから連想はつく。よく国家として成り立っていたものだと感心してしまいました。

全然話は変わるけどマリーアントニアが「花を摘んで」から拭かなかったのはホントかなあ。犬や猫でも自分でペロペロ舐めるのに。きっと釣鐘スカートの中は臭かったろうなあと笑ってしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

うーん…(~_~;)

2015/12/21 10:04

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねここ - この投稿者のレビュー一覧を見る

好き嫌いが別れる作品。絵が綺麗と好きとか内容が好きとか、好きと言う人も多いと思うが、全体的に私はあまり好きではない。好きになれない。私の中では読んだら即効手放す漫画。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/09/25 18:52

投稿元:ブクログ

マリーとアンドレの主従関係が萌えるな。本作は通常の男女の恋愛関係は見せず、処刑人(シャルル)と罪人(ダミアン)と言う様に、一見対等でない立場の者同士の、ほんの一瞬の精神の交流など、恋愛感情以外の人間同士の交流を描いている。

2014/12/26 00:41

投稿元:ブクログ

マリーの表紙可愛い!
お姫様だよな~~

途中、兄妹のミュージカルも入って面白かった。

あの時代の貴族えげつないな。
教養だと思われるが10代の少女にセックスを見せるとか
えげつないな。戦略結婚の道具だよな~マリー。

2014/12/22 20:32

投稿元:ブクログ

なんというか、いろんなチャレンジ半端ナイですね!
まさかのミュージカル。
昔の少女漫画にはよくあったけど、まさかイノサンで15ページに渡って上演されるとは思わなかった、、、!

ジャンヌが登場しましたね♪
続々登場してくれて、ほんと楽しい。
フェルゼンくるかな。。。?

2015/10/20 17:40

投稿元:ブクログ

サンソン家家長の責を自覚し、礼法を重んじるようになった兄シャルルと、処刑台で奔放に振る舞う妹マリー‐ジョセフは、反目しあう…。マリーは相変わらずといった感じで見ていて、ハラハラしてしまう。シャルルはしっかりしてきた感じはするが…。アンドレの容姿やいきなり始まるミュージカル?みたいな演出にびっくりしたりといろいろびっくりな7巻。

2014/12/28 13:24

投稿元:ブクログ

201412/毎回、型にはまらない表現手法に、作者と漫画というものの凄さを感じる。物語は、マリーやジャンヌといったぶっちぎりの女性キャラが圧倒的で、この先も楽しみでしかたがない!

2015/01/20 16:15

投稿元:ブクログ

後のルイ16世とマリーアントワネットの結婚前の序章のような巻。
ってか、シャルルアンリはいつの間にか結婚して子供を儲けてたなんて・・・。
そしてアンリの妹のマリーはかつてのマリーの世話係アンドレをみつけだし、彼らの運命はどうなるのか?
この先がまた楽しみ。

2015/11/10 00:49

投稿元:ブクログ

はぁ耽美。
アンドレとジャンヌ&マリーが出てきた場面はちょっとベルばら思い出した。
ルイ16世も登場。
子どもができなかったんじゃなくて、作らないと決めたのね…

2015/09/11 20:30

投稿元:ブクログ

突然始まったミュージカルには激しく置いてかれた感があるけど
とにかく主役のシャルルが霞むぐらいマリーがかっこよくて困る。
アンドレは男装の麗人に焦がれる運命なんだねw

2015/01/29 12:18

投稿元:ブクログ

マリーとシャルルの宝塚チックなミュージカルシーンまであるとは!中身が濃すぎて体温上がります。今回はエログロもあって、なかなか重いです。フランス貴族、ベルサイユ宮殿の汚いところを、これだけ見せてくれる作品はなかなかありません。きれいなことばかりじゃない、と現実をつきつけられます。フランス史のサブテキストにもなりそうです。

2015/02/18 12:11

投稿元:ブクログ

相変わらず漫画としては読み難くスッキリしない。これだけの情報量を画面に載せてしまうからやむを得ない事なのかもしれない。
場面場面は精緻を極め美しいのに、コマを追っていく事に苦痛を感じる不思議な漫画。昔の士郎正宗みたいな設定情報やコマ外の情報が多すぎて読み難いっていうのともちょっと違う…。
不思議。

12 件中 1 件~ 12 件を表示