サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~9/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 仇討群像
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

仇討群像(文春文庫)

仇討群像 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

仇討ちの数々、池波の本領発揮

2009/03/01 21:28

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は江戸時代に存在した仇討ちに関する短編小説を集めたものである。たしかに、池波の時代小説を読んでいると、この仇討ちを主題にした作品が多い。
 仇討ちは公的に認められていたものである。何しろ、そのままでは家名の存続ができなくなるので、遺族が申し出て仇討ちの許可をもらい、見事果たした上は、家督を相続して再建することを可能にした制度であった。この制度がない場合には、仇が他国へ逃げ込んでしまうと、治外法権で手が出せなくなる。すると、各藩とも法治ができなくなるので、この制度ができたと小説の中で池波が解説をしている。
 池波はこの短編集の中で様々なケースを描いているが、多いのは男女の絡みで三角関係の相手を殺害してしまった場合である。本書には全九編が収められている。この中には史上もっとも有名な仇討ちである四十七士の討ち入りがある。『大石内蔵助』というタイトルである。九編の中では最も長編である。
 大石内蔵助の討ち入りまで経過が描かれているが、通常あまり知られていない過程がこまかく描かれており、オリジナルが有名なだけに興味を以て読むことができる。
 この忠臣蔵でもそうだが、この短編集を読むと仇討ちをする方もされる方もどちらも命がけであることが分かる。日本全国どこに逃げているのかを掴むのは現在でも大変である。勿論、交通機関や通信手段の違いもあるので、古今どちらが有利になるかは一概には言えない。
 しかし、江戸時代でも日本全国探し回らねばならない点では同じであろう。その点では本書の池波の小説では偶然相手を発見するというケースが多く、そこは小説である。もっとも相手が見つからないままの仇討ち小説では、小説にはならないのかも知れないが。
 本書に収められている仇討ち小説九編は、時代小説を堪能させる面白さに溢れており、池波ファンならずとも、また時代小説ファンならずとも、読者を楽しませてくれる娯楽性が嬉しい限りである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/05/25 00:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/06/25 09:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

3 件中 1 件~ 3 件を表示