サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

【HB】3冊以上でポイント3倍キャンペーン(~8/31)

hontoレビュー

三人の名探偵のための事件

三人の名探偵のための事件 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
9 件中 1 件~ 9 件を表示

紙の本

ミステリファンなら読んで損なし!

2002/12/18 00:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ピエロ - この投稿者のレビュー一覧を見る

村の屋敷でおこった殺人事件、それも密室で。村の警察がくるのはもちろんなのだが、どこからか噂を聞きつけてやってきた、その名も高き名探偵、しかも三人も。村の警察ビーフ巡査部長の迷惑顔も相手にせずに、それぞれに調査活動をはじめる名探偵たち。犯人を見つけ出すのは、はたして誰なのか?
この三人の名探偵、ロード・サイモン・プリムソル、ムッシュー・アメ・ピコン、スミス師というのが、それぞれイギリスの貴族探偵、ベルギー生まれの灰色の脳細胞の持ち主、傘を持ち歩く神父、のパロディで、(訳文のおかげもあるのか)捜査方法や話し方など、誇張されているところはあるものの本家にそっくりで、読んでいてうれしくなってきます。
もちろんキワモノのパロディなどと違ってミステリとしてもしっかりしていて、とてもスマートな英国流のユーモア(っていうんだな、これがきっと)にあふれていて、ミステリファンのためのミステリ、といった感じの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名探偵登場

2001/06/01 11:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松内ききょう - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ミステリ好きにとって、小憎らしいほど痛いところを突かれる、文句なしの作品。
 パロディーと読んでいいのか、でも取って付けたような迷推理ではなく、では本家取りと呼ぶべきなのか、かといって二番煎じ的な冷笑ムードがあるわけでもなく。ポンと煙りとともに登場したかのような、魅惑的な(笑)探偵たちが繰り広げる、推理合戦。その推理合戦の小説中での扱いの実にシニカルなこと。これがデビュー作だったらしですが、ぜひ続きを読んでみたいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/02/21 17:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/04 07:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/10 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/22 13:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/22 00:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/22 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/12/20 20:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

9 件中 1 件~ 9 件を表示