サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

hontoレビュー

弦と響(光文社文庫)

弦と響 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

弦楽四重奏団のラストコンサートを描く

2012/11/25 21:10

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

弦と響というタイトルから連想されるのは、弦楽器を使ったクラシック音楽に関するものであろう。本書はある弦楽四重奏団にまつわるストーリーである。弦楽四重奏はバイオリン二人、ビオラ1人、チェロ1人から構成される演奏スタイルである。室内楽の中では最もスタンダードなスタイルである。オーケストラを聴きなれている人にとっては、同じ弦楽器族で音域の異なる楽器による曲になるので、やや表現の幅が狭く、退屈だという印象を持っている人もいるかもしれない。

 しかし、弦楽四重奏のために結構大勢の作曲家が曲を書いている。また、たった4つの楽器、しかも同族の楽器同士のアンサンブルなので、きわめて密度の濃い音楽が奏でられるという特徴がある。一つでも音程が狂うと全体に大きく影響し、音楽は成立しない。言わば骨組みだけの音楽になるので緊張感も他の比較にならない。

 本書ではこういう弦楽四重奏団の最後のコンサートを巡って、四重奏団の4人の奏者のみならず、ホールのマネージャー、タウン誌の記者、四重奏団のマネージャー、奏者の家族など、周囲にいる人たちに心境や経歴などを語らせていく。

 小説なので音楽自体ではなく、人間関係に意味を持たせている。やはりこういう特殊な世界を描く作品については、多少とも内部事情に通じている方が楽しめるような気がする。その点では四重奏団に題材を取ったこの作品はだいぶ損をしているようだ。

 人間関係を描くにしても、本書ではこの世界にしてそれほど驚くような事件が起きるわけでもなく、淡々と描いている。焦点が当てられているのはリーダーのファースト・バイオリン奏者くらいなものであろうか。個性的なリーダーは皆からその性格や行動について語られている。

 これは現実にモデルがあるのか否かは分からないが、固定ファンを持ち、経済的にも安定している室内楽の楽団運営はきわめて難しい。本書でも伺えるのだが、ホールの運営も然りである。楽団の運営はそれを形成する奏者同士の人間関係によるところが大きいが、ホールはやはり経済的な支えがない場合には直ちに破綻してしまう。創設当初の理想を維持できるのはほんのひと握りのホールだけであろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/12/15 10:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/30 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/12/15 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/30 06:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/14 11:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/10/26 19:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示