サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

【HB】9/1~ 最大10,000ポイントプレゼントキャンペーン~買えば買うほど当選確率アップ~(~9/30)

hontoレビュー

ほしい本の一覧を見る

黒王妃

黒王妃 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

東西南北今も昔も、信心ほど恐ろしいものはない

2013/01/18 18:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あまでうす - この投稿者のレビュー一覧を見る

イタリアのメディチ家からフランス王家に輿入れし、国王アンリ2世の王妃となった一代の女傑カトリーヌ・ドゥ・メディシスの半生を描く著者お得意の史伝小説である。

 夫が騎馬槍試合における不慮の事故で亡くなって以来、彼女は常に黒衣を纏ったことから、「黒王妃」と呼ばれるようになったという。ここで興味深いのは当時フランスでは喪に服す着衣は白であったにもかかわらず、あえて黒を選んだことである。

 服飾史研究家の増田美子氏の研究によると、本邦で喪服が黒になったのは奈良時代からで、それまでは白だった。その後室町から江戸時代にはふたたび白に戻り、明治維新で西欧にならってまたしても黒となって現在に至るそうだが、その倣った欧米というのはおそらくドイツだろうから、独仏自体も白黒いろいろ変遷していたのではないだろうか?

 この国でもむかし血族の死に際会して、どうしても黒服を纏うことをがえんずることなく断固として平服で通した人がいたが、私にはその気持ちがよく分かるような気がした。

 だいぶ話が書物から飛んだが、ともかくこの腹の据わった黒衣のイタリア女が、周章狼狽する息子の国王シャルル9世やアンジュウ公アンリの首根っこを押さえながらあの有名な「聖バルテルミーの大虐殺」を引き起こす。

 1572年8月24日、現在のルーブル美美術館一帯は数千人のユグノー(プロテスタント)教徒の死者で溢れ、セーヌ河は深紅の血に染まったというが、東西南北今も昔も信心ほど恐ろしいものはない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/02/11 21:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/01/12 15:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/09/21 14:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/20 18:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/30 19:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/12 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/10 19:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/05 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/26 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/08 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/01/18 19:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/12 10:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/09 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/30 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

16 件中 1 件~ 15 件を表示