サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

医学・看護書 ポイント3倍  ~4/30

【HB】春の読書応援!最大30%戻ってくるキャンペーン  ~4/12

hontoレビュー

二ノ橋柳亭(光文社文庫)

二ノ橋柳亭 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

だしの味の利いた、さらいとした大人の短篇集

2017/11/16 17:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:燕石 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作の「二ノ橋柳亭」、「「ブラックバス」、「目の体操」など、いずれも極めて短い短篇で、さらりと掛かれているが、強い余韻が残る。作者は遅筆だったそうだが、このさらりとした味を出すために苦吟をしたのだろう―だし味を堪能させるスープのような味わい。表題作は、食通で知られた人物が架空の店の紹介記事を書き、誰もがその店を探して騙されるのだが、やがて記事そのままの店を出す人間が現れ、そこに記事を書いた当人が出向くという話。本当の食通は、現実の料理屋では飽き足らず、常に理想の料理屋を追い求めるものだが、その理想が現実になったとき....というパラドックスとも読める。「ブラックバス」は終戦の日にブラックバスを釣っている青年の話。バス釣りを教えてくれた叔父は学徒動員で戦地に行ったまま音信がない。青年も薬指と中指が動員されたプレス工場で潰されて根元からない。敗戦の日の日常が静かに描かれる。「目の体操」は、誰もが海軍将校を目標にしていた時代に視力が落ちて夢を果たせなかった少年が、戦後も目の体操の癖だけは抜けずにいるという話。いずれも、静かさを湛えた大人の短篇。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

珠玉の短編

2017/10/11 12:35

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BHUTAN - この投稿者のレビュー一覧を見る

いいなぁ 神吉さん
表題の柳亭もいいけど、「ブラックバス」もいい。
ちょっと昔の東京の人という感じだ。
それにしても、二ノ橋って先週歩いたところじゃん。柳亭を探せばよかったかな。
私も父が昔銀座で行通ってた「武蔵野」を探したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/08/28 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/09/22 15:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。