サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【おうち時間応援キャンペーン】今日のお買い物『全額分』hontoポイントバック&店舗限定ポイント5倍デー  ~7/15

hontoレビュー

死という最後の未来

死という最後の未来 みんなのレビュー 新刊

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍

死を前にして

2020/06/26 09:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いのぜい - この投稿者のレビュー一覧を見る

まだまだ活躍しそうな二人だが、人間には避けて通れない死という事実がある。それを考えさせてくれた。私も残りの人生をどのようにして生きていくか、日々考えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

死という最後の未来

2020/07/09 07:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:雨読 - この投稿者のレビュー一覧を見る

お二人は日本を代表する作家でもある石原慎太郎氏87歳と曽野綾子氏88歳で著書は対談形式で纏められています。
第一章は「他人の死と自分の死」、第二章は「「死」をどう捉えるか」、第三章は「「老い」に希望はあるのか」となっている。
お二人の死生観については対極の考え方で、それが対談を面白く描くことになっていると思います。
「生涯は単なる旅路にすぎない」と言った方がいますが、石原氏は「最後までがむしゃらにやりたいとの思いで、死の実相を探り尽くしたい」とある。
曽野氏は「静かに死を受け入れたいとの思いで、死は未知のままで、すべてに感謝して軽やかにいきたい」とある。
この著書は、お二人の死生観について自身の参考になればとの思いで購読しました。
二人の死生観について共感できるところがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。