サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 倉田 昌紀さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

倉田 昌紀さんのレビュー一覧

投稿者:倉田 昌紀

8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本哲学入門 改版

2015/11/13 23:22

甦るヤスパース

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今再び新訳で『精神病理学総論』の部分訳が発刊されたり、文庫本で手軽に読める本書は現代を踏まえた実存の思想がわかりやすく語られています。経済優先の新自由社会を生きる私にとって自分自身を生きるとはどういうことなのか、大切なことを言葉にしてくれています。ヤスパースの人間味と真面目な思考が手に取るように伝わってくる簡単に今日も購入できる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本明日の手紙

2016/06/12 23:47

山里の詩人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

彼は和歌山県田辺市の龍神温泉で有名な山里に住む若き詩人である。ゆったりとしたふくらみのある言葉で、自らの心象風景を紡ぎだしている。自らの記憶に残る心象風景を、詩人ならではのイメージで言葉が浮遊する心やさしい詩集で、未来の人間関係の相互扶助の在りようを読む者に届けてくれる。
蛇足ながら、河津聖恵さんの詩集の一冊に『龍神』という題名の、紀州への思いを語った言葉たちがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蟲息山房から 車谷長吉遺稿集

2016/04/01 20:18

ファンの一人として

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

車谷長吉さんの作品を読み続けてきた一人として、全集も出版された後にさらに読みたいと思っていたーつに、車谷さんの生涯が最期へと向かう生の過程を、ーつの生きた姿勢を芸術作品として見せてもらいたいと思っていた私にとっては、以外な遺稿集となってしまいました。この遺稿集にも車谷さんの個性があふれ、いまだに生き続けているような一冊でした。車谷さんにとっては、これらの作品が遺稿集としてまとめられるとも思っていなかったことでしょう。それだけに仏教徒を自認する車谷節のトーンがあちこちから響いてきます。鼻で息をすることができない身体を授けられた車谷さんにとっては、誤嚥も覚悟されていたことでしょう。死によっ救われる、早く苦から解き放たれたいと語っていた車谷さんの死を、自分のものとして芸術作品に昇華されていく生きた作品として見せてもらいたいという思いが、私にとってはどうしても残ってしまう、突然の死による遺稿集でした。また一方では、詳しいことは全く知らないまま無責任ないい方になるのですが、車谷さんにとってふさわしい最期だったのかもしれないなぁ、と思ってしまうことがあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

切り口がいいですね。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ミシェル・フーコーの起源にさかのぼらない方法や精神分析の言葉を避ける方法に対して、ュディス・バトラーはフロイトやクラインを用いながら、心的な虚構の場所に切実な現実味を持たせることができているように思いました。人間とは一人の女性から生まれてくる限り、成長過程は如何ともし難い服従化を生じさせることを説得させられる思いで読むことができました。その先は、いかに生成しながら自らの身体を持って生きるか、それは読者が一人ひとり生まれた時空で認識し生きることだと、教えてもらえたような気になる一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

このクニでの、世界での「詩人」とは

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著作のファンの一人の読者として、著者の原質、深層の一部を例えば幼児体験の記憶などを話し言葉で語って頂き、書き言葉・写真・映像など様々な表現の仕方への道筋やその背景にあるものを知るにはとてもいい一冊だと思う。
 著者が時代の不可避の限界の中で、生活様式を選ぶ、このクニや外での姿勢、社会や政治、国家やミクロの権力、天皇制や民俗学などの文化との関わり方や愛読書など、生きるために金銭をえる方法の選択と共に、人間関係の取りかたの歴史が人柄と共にその好みが見えてくるようで、このようにして人の一生は生きて行かれるのだなあと楽しくも感慨深い本である。
 著者が77歳まで生きて来られ、詩人としての天賦のその身体が持つ天才ぶりがさらに全的に発揮されて、著者がさらに深く著者に出会われんことを願わずにはいられない。その隠されている才能の発揮のためにも、どのような手段を使ってでも生活の糧が得られますように・・・。
 蛇足ながら、できれば著者の好きなニーチェの、『道徳の系譜学』にある、「正直なほんと」、「正直な嘘」、「不正直なほんと」、「不正直な嘘」についてのお話も聞きたかった。著者の「いい気な嘘人間ぶり」、「虚偽意識」、「自己欺瞞ぶり」(笑)への自己意識を、五感から率直に正直に語ってもらいたかった。しかしこれは失礼ないい気な読者のお願いで、この一冊の本が暗にそのことを、読む者一人ひとりの視力に対して、相応しい読み方ができるように証明してくれているのかもしれない、と思わせてくれている一冊であると考えさせてもくれる。感謝したい有り難い本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

さすが、博士論文!

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ホワイトヘッドについては、とてもお勉強なさっているということがよく伝わって、その読みと解釈には学ぶところ多々ありました。お勉強を越えたものを期待して、紀州の田舎ゆえに書店で手に取ることもできず、目次のみを見てアナーキズムとどのような繋がりで文脈を展開されるのかと興味を持ち購入させて頂きました。僕の期待していた読みとはずれてしまい、ホワイトヘッドの文章の厳密さに比べアナーキズムとの繋がりについては粗雑で、鶴見俊輔の文章を媒介にしながらも、僕の頭ではうまく了解することができませんでした。まことに残念至極です。高価なほんでしたので、もし書店で立ち読みできていたら購入はしなかったと思います。以文社の発行本としては、裏切られたような感じが残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一読して思うこと

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ヨーロッパ現代思想と政治」iという、共同研究に参加された方たち十八人の研究をまとめた論文集である。この研究の班長である市田良彦さんの誠実さと孤独が伝わってくるような一冊である。テーマを政治/哲学、資本/闘争、主体/精神分析と分割され、一冊の本にまとめ出版することができたのは、編者でもある市田氏と王寺氏の謙虚さの賜物だと思う。政治と関わることなしに生活して生きることはできない以上、私たちに関わってくるテーマである。多様な視点と視力が可能なテーマを研究者として「迂遠」なスタンスで書かれた言葉は、私たち読者の視カの深さに応じて世界へのヒントを与えてくれる。「所詮はインテリ」に過ぎない「われわれ」と言われる研究者の方たちは、どのような階層の方たちに読んでもらいたいと考え言語化されたのでしょうか。「現代の政治状況への介入」をこの著作で言論にされなかったのには、共感させられます。「私たちはいつから奴隷になったのか」ではなく、かつても今も奴隷なのですから。テーマの分割にはすばらしさを感じますが、研究者各々、翻訳した言葉、読解や文体の凝縮度には、その方の個性が現れお勉強以上のものに生成するかは、読者一人ひとりにかかっていることだと思います。それにしても、34ページの文章に親切心からと思いますが、16ページを使った138の注の文章には、研究論文とはなにかということを考えさせられました。また、ヨーロッパ現代思想に変わって、日本の現代思想と置き換えて
みたとき、知的格差、偏りにも寡聞ながら気が沈みます。文部科学大臣の認可を受け、研究費の交付を受けての共同研究
、テーマの内容の力量に比べ、研究者の方たちの生活の糧を支払う、このクニの余裕を感じさせてくれる、人文系の真摯な研究者の方たちの著者本でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

誠実に生きるとは

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『パルレシア』。もしかして、グローバリゼーションの名のもとに、アメリカ化された消費文化の中にどっぷりつかって、お金が全て、勝ち組・競争・自己責任・格差は当然と思って生きている人々には理解しがたい本かもしれない。そのような時代の枠組みから距離をおいて、もっと違った生き方はないものかと、その組み替えを考えている方たちの心や精神には響く著者である詩人の言葉と出合えるかもしれない。辺見庸、吉本隆明、中上健次、尹東柱、パウル・ツェラン、シモーヌ・ヴェイュ、アルフォンソ・リンギス等、著者自身の詩も含めて、「他者」の言葉を受け止めた、著者の「自己」の言葉が、他者の言葉を乗り越えて行く。その響きが悦ばしきイメージや思考による概念として、読者の感性に触れてくることによって、充実した一瞬に出合うことができる。アジアの詩人たちの詩集の紹介や追悼文集の言葉には、心が動かされる。著者の正直な気持ちや、テキストへの読みの深さ、生きた知識による思考が、時代の持つ何かにせき立てられる著者の息づかいが物のようにありありと伝わってくる。心あたたまる一冊である。題名の『パルレシア』は、そのような著者の生成され続ける率直で誠実な言葉たちへの願いを込めて、思いきってつけられたのではないかと想像したくなる。現在、ひとり一人の個にとって、魂の深さ、内面性の深さはどこまで可能なのか。どのような他者との共同性が、相互扶助が可能なのか。今と異なった範疇の世界を一歩一歩築いて行く空虚(うつほ)からのヒントとなる言葉の断片が、魂からの空無への意志のごとくちりばめられているように私には思われた。現在の「パルレシアシスト」は、今どこに居て、どのような暮らしをしているのでしょうと考えさせられる。蛇足ながら、パルレシアに興味のある方には、ミシェル・フーコーの講義集成13『真理の勇気』が参考になるのではないかと私は思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示