サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. おがちゃんさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

おがちゃんさんのレビュー一覧

投稿者:おがちゃん

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本アヒルと鴨のコインロッカー

2016/11/06 12:13

大どんでん返し 恐るべし

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

遠くに出掛けたときの帰りの電車で読んだ。 いつもどおりの愉快な語り口と工夫された比喩の誘導に乗って読み進めていった。
主人公の「僕」の目線で周りの人の様子が描かれている。一方で、2年前のことが別の人物によって語られている。
これら二つの世界が交わる、いや溶け合うときに衝撃の事実が訪れる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本残り全部バケーション

2016/02/20 11:24

伊坂幸太郎マジック

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本作は5つの独立した話が、つなぎ合わさってできている。登場人物は、当たり屋をやっている溝口と相棒(話によって変わる)。
彼らの面白い会話も楽しみながら、読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カラスの親指

2016/02/06 17:26

恐るべし、道尾秀介

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この話は、最後まで読んでみないとわからない。と言うのも、話の中の至るところに小さなパーツが散りばめられていて最後の章でそれらが組み合わさるのである。そこには予想できる人はおそらく誰もいないであろう結末が待っている。
その大ドンデン返しの記述を発見するまでの間、読者は騙されてしまう。
しかし、これがなんとも言えない爽快感をもたらしてくれる。
今の自分に納得できていない人、今の生活から逃げ出したいと思っている人には是非読んでもらいたい。 読み終わった後にはきっと明日からまた頑張ろうと思えるに違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夏への扉 新装版

2016/11/06 12:19

心が暖かくなった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

僕の心は凍えていたのだ。夏なのに。 主人公の「僕」と同様に心に悩みを抱えながら生きていたときだった。ある本に出会った。 題名を見てみる 「夏への扉」。 SFなんて読んだことのない僕には新鮮であった。 とりあえず読み進めていく。ほぉ、コールドスリープかぁ。
ただ寝ているだけで幸せな世界にいけるなんてとんでもない。 目が覚めたときには新たな世界が広がっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無限論の教室

2016/06/26 17:28

無限の世界へ吸い込まれる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者 野矢茂樹さんは難しいことを簡単に説明する能力に長けている。
対話形式で話が展開されていき、自然と無限の世界に入り込んでいる。一つの小説を読んでいる感じすらする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

英語なんてカンタン!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1日2項ずつ進めた。 簡単な単語ばかり使っているが、音がつながって聞こえたりするため最初は難しく感じた。
4分の3ぐらい進めるとだんだんと慣れてきて容易に聴き取ることができるようになった。
毎日聴けばきっと慣れてくるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

学生にぴったりな一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

左側には予定を書き、右側はメモ用になっている。
巻末には都心部の地下鉄の地図やその他様々な資料がある。
趣味に没頭している人には使いやすい手帳。サイズもほどよいので、いつでもどこでも使える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本凡文を名文に変える技術

2016/02/13 14:41

元朝日新聞社デスクが明かす名文の極意

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者が講師を担当するカルチャー教室の生徒の人の作品を題材にして、どこをどうやってより良く書くかが説明されている。
元新聞記者だけあって名文を書くコツをわかりやすく述べている。 自分の言いたいことが上手く伝えられない、と思っている人に読んで欲しい。
題材はエッセイだが、受験生の小論文対策にもなると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ガソリン生活

2016/03/19 16:07

ミステリーというほどでもない爽快感

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

帯には長編ミステリーと書いてあったが、他の作品ほど謎が多いわけでもない。
語り手が自動車という、いままで聞いたことのない設定だが、このことが話をより面白くする。
ある事故の真相は途中でだんだんとわかってくるのだが、その真相の証拠には文字通り仰天。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

最速の日本史学習決定版

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

神代から東日本大震災までの日本の歴史が楽しみながら学べる。
教科書のような記述ではなく、まるで一冊の小説を読んでいるかのような感じがする。
我が国の歴史を最速で身につけることができる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

口が覚える英語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1回は問題を解いて、2回目からは音読練習用に使った。
巻末の口語表現は覚える価値がある。
何度も繰り返し音読しているうちに口が英語を覚えている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示