サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~5/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~今読むべき~ ビジネスに効く教養 ポイント5倍キャンペーン ~6/23

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 214件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2016/03/07
  • 出版社: 朝日新聞出版
  • レーベル: 朝日文庫
  • サイズ:15cm/521p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-264806-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

ガソリン生活 (朝日文庫)

著者 伊坂幸太郎 (著)

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死! パパラッチ、いじめ、恐喝など、一家は更なる謎に巻き込まれて…。車同士がおしゃべりする世界で繰り広げられ...

もっと見る

ガソリン生活 (朝日文庫)

税込 858 7pt

ガソリン生活

税込 850 7pt

ガソリン生活

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 5.9MB
Android EPUB 5.9MB
Win EPUB 5.9MB
Mac EPUB 5.9MB

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

のんきな兄・良夫と聡明な弟・亨がドライブ中に乗せた女優が翌日急死! パパラッチ、いじめ、恐喝など、一家は更なる謎に巻き込まれて…。車同士がおしゃべりする世界で繰り広げられる、仲良し家族の冒険譚。【「TRC MARC」の商品解説】

聡明な弟・亨とのんきな兄・良男のでこぼこ兄弟がドライブ中に乗せたある女優が、翌日急死! 一家はさらなる謎に巻き込まれ…!? 車同士が楽しくおしゃべりする唯一無二の世界で繰り広げられる仲良し家族の冒険譚! 愛すべきオフビート長編ミステリー。【本の内容】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー214件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

仕掛けも面白い・・・

2016/06/30 13:05

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:FUMI - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとした仕掛け(おまけ)も面白い・・・
 物語もどこか愛らしい感じがすごく安心できる作品・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いろんな要素が詰まったストーリー

2016/03/29 22:37

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:えんのざ - この投稿者のレビュー一覧を見る

物にも意識がある、と改めて思ってしまいますし、
「黒ニコ」「ワイパー動く」など、クセになりそうな表現も満載。

そして、この物語もエピローグの台詞が、一番胸にきました。
人の一言って、すごい。伊坂さんもすごい。

お話のつながりはもちろんですが、
なにより、者・物同士のつながりが感じられて、
いろんな感情にさせてくれる物語です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

緑デミリターン

2016/03/09 20:58

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Zero - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからはまったく想像できない話だが、車が機関車トーマスのようにべらべらしゃべり出すことを除けば、いつもの伊坂幸太郎だった。エピローグで緑デミには語らせず、孫に語らせるところに、感動とは違うのだがなんとも言いようのないいい気持にさせるラストだった。質量ともに大満足の一冊でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

車が主人公

2020/04/30 23:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおたいがー - この投稿者のレビュー一覧を見る

とても素敵な作品!
伊坂幸太郎さんの作品の中で、わたしはこの作品が一番好きです。
まさかの車目線!
車同士のおしゃべりとかなんか新鮮だし、すごく愛おしく感じる。
主人公の所有者家族が事件に巻き込まれたりする中で、でてくる登場人物(車含む)がまたみんな魅力的なことったらない。
悪人はとことん悪人なのだけど、主人公を取り巻く人間や車はみんなとてもイキイキしてて、読んでいて楽しくなる。
エピローグが最高!
お隣の細見さんがわたしは一番好き。
ザッパは幸せ者だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

車好きは見てください

2018/11/10 21:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者: - この投稿者のレビュー一覧を見る

車が喋る物語でとても面白いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

車目線で

2017/01/15 18:03

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あっちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ガソリン生活』と言うから、てっきり放蕩家族が日本国内を渡り歩く…渡り走る話かと思ったら、違った!!意表を突くところもあり、伊坂ワールド特有の「人の心を持たない一応『人』」が水面下で人を動かす場面が、緑デミを使って、でも伊坂本人の言葉として訴えられている感じ。
カバー裏の「スピンオフ」もお忘れなく(笑)!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

この読後感 スキップしたくなるぞ

2016/12/04 18:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

「やあ ザッパ」この言葉だけで星5つ。 緑デミは享にとって 細見氏のザッパのような最高の相棒になるんだろうな。 私もいつか仙台の街を緑のデミオで走ってみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後感最高!

2016/11/23 17:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み終わって、なんとも幸せな気持ちになれるお話でした。
最初は、車視点でのお話なんていったいどういうことになるのかと思っていましたが、車だけが知っている事実が意外と多く、事件を追ううえでもとても面白かったです。
車を持っていない私でも、「もっと車を大事に扱おう。」と思わせられました。
エピローグも、気になっていた未来がふんわり伝わってくるようにできていて、とてもよかったです。読んでよかったと思えるお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

世界観が変わる【ネタバレ】

2016/03/28 22:21

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:tk - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっと読み進むとすぐに違和感に慣れて、新しい感覚で普段乗っている愛車と道行く車を身近に感じるようになりました。最後のシーンと読後感のさわやかさが秀逸。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

心あたたまる?

2016/04/09 20:16

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:われもこうと - この投稿者のレビュー一覧を見る

ガソリン生活とは何か?わからずに読み進めていきましたが、
主役が登場人物の一家の自家用車。自家用車に感情が
あって乗せている家族が体験するミステリーを何だか
ほのぼのと解いていく、優しげな内容。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ミステリーというほどでもない爽快感

2016/03/19 16:07

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おがちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

帯には長編ミステリーと書いてあったが、他の作品ほど謎が多いわけでもない。
語り手が自動車という、いままで聞いたことのない設定だが、このことが話をより面白くする。
ある事故の真相は途中でだんだんとわかってくるのだが、その真相の証拠には文字通り仰天。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しくも怖い物語かも

2017/04/28 16:45

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

自動車が人格(車格?笑)を持っていて主人公の家の緑色のマツダデミオの目を通して全体の物語が語られていきます。

全体としてはのんびりとして楽しくもあるのですが、そこで描かれる「悪」は私たちの日常で実際に似たようなことが起こっているかなり酷いもので、それだけにより一層「悪」の存在が恐ろしくも感じられます。

人は自分がいくら普段から善を行い、他者に対して害も迷惑も与えずに生きていても、邪なものや悪しきものに巻き込まれることがあるのだと書かれていて、そのことを注意深く読むとこの作品はかなり怖い作品でもあります。

それでも、やっぱり読後感が清々しいのは伊坂さんの作品の最上の特質だと私は思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

車目線

2016/10/20 21:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:らいぶらり - この投稿者のレビュー一覧を見る

自動車が主人公なのが新鮮。主人公ではなかったが初期の「かかし」が出てくる『オーデュボンの祈り』に似た楽しい作品。登場する人間は、善人、悪人、どちらともいえない人々。自動車からの視点なので、乗車していない間の出来事が軽妙なミステリーになっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

車が考える。

2019/02/08 09:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:HIRO - この投稿者のレビュー一覧を見る

車が事件を車目線で考える。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

車目線

2016/09/26 15:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:端ノ上ぬりこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

緑のデミオが、持ち主望月家の生活から、様々な車達と情報交換し語っていく話。長男良夫はその名の通りお人よし、弟の亨は大人のような小学生、長女のまどかは自分の事でいっぱいいっぱい、母の郁子はいつでも安全運転。お隣の細見氏のカローラのザッパとデミオは、車の出番がない時は色々話し合う。女優の荒木翠がある日デミオに乗り、翌日トンネル事故で死亡。フリーの記者玉ちゃんこと玉田と良夫、亨の3人が事件を追うことに。いじめ、パパラッチ、著作権問題等の話題を混ぜながら物語は進む。
車の立場でのお話。読み物として面白くもあるが、だからどうだと言われれば、どうなのかなぁ・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。