サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. サンチャイルドさんのレビュー一覧

サンチャイルドさんのレビュー一覧

投稿者:サンチャイルド

29 件中 1 件~ 15 件を表示

いまの民主主義を考えるには欠かせない一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

MARZENジュンク堂渋谷店の選書に一度は取り上げられながら、なぜかのちに取り下げられた一冊。

政治を他人任せにしない、街の人々と風景を見ながら時にメガホンで、時にパレードで意見を投げかけてゆく。民主主義下で許されている大事な権利をいかに有効に使ってゆくか、の手引書になっています。

デモの申請の方法から街の人々を巻き込んでゆく手法まで、中学生以上なら誰でも読める内容です。

メガホンでがなり立てるだけがデモじゃない。ベビーカーやちびっ子と歩くパレードの企画にも参考になりますよ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みやすいのにネトウヨはなぜ読まぬ(笑)

2人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ころからの出す書籍は、私の琴線に触れることが多いのですが、これもその中の一冊。
2014年でほぼ終わったと言える、所謂「ヘイト本ブーム」の背景で何が起きていたのか、つくる編集者や発行人はどんな人物なのか、そして'あのヘイト本の何がおかしいのか'を一望できる、読みやすい書籍です。
ネトウヨの皆さんもすぐに読める厚さ&内容だと思うのですが(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これは面白い

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オールカラーの本書がこの価格とはまったく以って驚きであると同時に痛快である。

が、同時に沖縄と本土の間にある巨大な壁を感じざるを得ない。本土の私たちは、壁の向こうと手前、どちらの側に立つのか。本土の人間は、さも壁の向こうである米軍の人間と一緒になって米軍に守ってもらえるつもりなのか、と疑問を投げかける。

しかし現実は、米軍にとって(沖縄も本土も含め)日本の私たちは二等市民ではないのか。

是非現地でこの光景を、沖縄の人々と同じ目の高さで見てみなければ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あの日とは、そう4年前の3月11日

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者の前著「あの日からのマンガ」にとても感動&共感したので、本書も購入。

大震災と原発事故を4年を経過してなお存在&広がる被災地と東京の間の格差を感じている人に響く内容だと思います。

東京にいる私たちが何を見失って、何を見ないふりしてきたのか。

何億年と続く半減期を持つ放射性物質に囲まれて暮らす私たちの憂鬱は、残念ながらしばし続くのかも知れません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本初代タイガーマスクUltimateGuide

2015/05/10 13:24

価格以上の価値があるかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ダイヤプレス社のプロレスムックははじめて買いましたが、価格に見合わぬ高級な紙質とオールカラー印刷で大満足です。表紙に「リアルジャパンプロレス公認 TIGER ARTS公認」の表記あり。

メインはマスクの画像と解説ですが、興味深いインタビューも多数。佐山や新間氏はもちろん、天龍や高山、グラン浜田も。

試合の解説はリアルプロレス時代のものに限られますが、資料性も高いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中立を心がける内容に好印象

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1巻も購入&読みましたが、この2巻も多くの人にお勧め出来るマンガだと思います。

「風評」が発生するのは、そこに対する興味と不確かな情報が掛け合わされての結果、という話を聞いたことがあります。

少なくとも本書を手に取る人は、東京電力福島第一原発事故後、その近隣に住む人々や街のことを気に掛けている人だと思いますので、そのような読者に何を届けられるか、が課題となるだろうことは想像に難くありません。

そんな視点で本書を読んでも、安全vs危険、安心vs不安のどちらか一方に偏った印象はなく、’誰がどう言っている’、’このような理由でこうしている’というのが明示されているので混乱がありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

表紙も中身も興味深い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本ムックのシリーズはこれまで全巻購入&読書しておりますが、本Vol.8も面白い。

表紙のハンセン&ブッチャーは、猪木&谷津とのタッグ対戦前でしょうか。歴史に残る1枚ですね。

新日本プロレスが柔道の山下泰裕氏のスカウトを試みた件は、当事者とやり取りされた文章の画像が直接掲載されていて資料性高し。

外野から見ると、やはり興行戦争は3つくらいの対抗勢力があると面白いですね。国際、新日、全日の時代はやはり熱かった!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

うまいとこ突いたジャンル

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本の特撮番組ファンならば誰でも「あるある」感を感じられる、読みやすいマンガです。

それなりに美形で年頃の女性が主人公なので笑えるのですが、これがキモヲタ男性だと難しくなりそうなのが苦しい(苦笑)

ストーリーの基本はヒューマンドラマなので、特撮の知識がなくても理解出来ますね。2巻以降も購入しようと思っています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

映画の脳内リピートにも最適

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画から入った者ですが、こうの史代さんの原作のこちらも魅力にあふれていますね。
主人公すずの自身の結婚や嫁入り、小姑との関係などの日常が淡々と描かれるなか、戦争は昭和20年8月の破局へ向けて進んでいきます。
こうのさんの画がとてもやさしく、ほのぼのした気分になれます。特に書き下ろしの鬼イチャンの漫画が、それらしくてうれしいです。
中巻も入手して読んでみます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本国家の暴走 安倍政権の世論操作術

2015/05/10 11:57

数十年後の教科書にこの時代がどのようにかかれるか

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014年末の選挙前にかかれた本書ですので、内容が一部古くなっている箇所がありますが、それでも著者が2015年前半に「報道ステーション」等の機会で問題提起した内容が良く判る本書です。

数十年後の教科書に、今この時代がどのように書かれるか。その覚悟を国民と、彼らが(消極的であっても結果的に)選んだ代議士たちに突きつける内容ですね。

余談になりますが、筆者が経産省を事実上辞めさせられた際は民主党政権時代でしたから、筆者の存在や(マスコミを含む)権力の氏に関する扱い方は、現在の与野党の枠組みを超える存在を知らせてくれましたね。

民主主義ってなんだ(棒)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本被曝評価と科学的方法

2015/05/10 11:34

多少の計算は必要

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者による前刊「原発事故と科学的方法 (岩波科学ライブラリー)」がとても良かったので、本書も購入。

前刊は物理や数学の知識がほとんど無くても理解できる内容でしたが、本書では数式がそれなりに出てきます。

しかしながら甲状腺がん検査などのサンプリングや分析方法が果たして適切なのかどうか、については著者の説明で十分によく判ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おつきあいしたい独身男性に読ませたい教科書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

社会人女性心理に寄り添う恋愛エピソードが数多く収められており、男性読者である私もほとんどのエピソードで苦笑いできる楽しい内容です(笑)
スマートではない男性キャラに呆れ笑うだけでなく、ヘンなところにこだわる女性キャラの滑稽さにもクスリとさせられます。
未婚の息子たちに是非読ませようと思います(笑)

数は少ないですが「いや、それを笑いにするのはちょっと気の毒...(汗)」と感じるエピソードもあります。もしそれを見つけた読者は、それらを身近な異性(例えば伴侶や友だち等)と話す機会にするのがいいと思います!同性同士だと「あいつら、わかってない...」で終わってしまうかも知れませんので(笑)

読んでいる内に、これは女性漫画の「水戸黄門」ではないか?と思えました。
ワンパターンというか、よくある男女間の些細な(でも結構重要な)諍いをするどい決めゼリフでバッサリ切るスタイル、は読んでいて心地よいです。
それらの決めゼリフが的確なのはもちろんですが、ともすれば現実では流されてしまいそうな女性の自我を勇気づけるものになっているのが、心地よさの理由かと。

続刊も楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なぜ一時、取次不可に?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

トーハンが本書の取次を断ったとの情報が伝えられましたが、無事買えるように。
内容はちょっと硬めですが、別に法に触れるような事が書いてある訳でもなく。
むしろ、沖縄県警や海保などの行動の何処に法的な問題があるかを明確に指摘しています。
あとは(出版時の)首相や官房長官、前知事、某作家らへの繰り返し語られる呼称かなあ。
しかし、もしこんなので取次やめたのならマジでレベル低いですよ>わが国の表現の自由

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

若き俳優たちの挑戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

店頭で見かけて買いました。
3人の大女優の事は知っていましたが、彼女らが映画会社の5社協定を乗り越えようと、自分たちで映画会社「にんじんくらぶ」を設立し、幾つもの映画を制作していたとは知りませんでした。
3人の寄稿文は各2ページと少なめですが、巻頭カラーの映画雑誌の表紙群や、巻末の出演作品リストが嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

平成も輝いていた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

積極的にプロレスのムックを出版している双葉社のムック「俺たちのプロレス」VOL.3は、平成のアントニオ猪木についてです。

昭和の全盛期に比べるとその輝きは鈍ってはいましたが、それでも私たちの心に残る名勝負がいくつもあったことを思い出せてくれます。

証言者の中で珍しいのは青木真也や榊原信行氏。また辺真一氏による政治家猪木と北朝鮮問題についても注目です。

巻末のWJ顛末記も、知らない関係者の名前と画像が出てきて驚きました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

29 件中 1 件~ 15 件を表示