サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ライサさんのレビュー一覧

ライサさんのレビュー一覧

投稿者:ライサ

364 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

心理学を元にした詐欺対策本

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

如何に人間が騙されやすいのかがよくわかる。6つ+1つの方法を駆使して詐欺師は私たちをどう騙したり動かしたりするのかがよくわかった
俗に「心理学をやっても人の心は読めない」と言われるがそれは嘘であることもわかった
「オレオレ詐欺に注意しましょう」などと呼びかけるよりもこの本を読むことを薦めたほうが遥かに騙されにくさは上がるだろう

自分も今まで「なんでこういう行動をしたのか自分でもわからない」ということがあったが今ではカチ・サーが起きる可能性は格段に減った
読むだけで成長できる本でもある

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

サピエンス全史よりも勧めたい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まずこの一文には誰もがやられるだろう。
「男の身長は女より高い、はステレオタイプとは呼ばないのに、女は男より脂肪が多い、はステレオタイプと呼ばれる」
社会科学者は人類を特別視したがるが実際は人類も他の動物と大差ない
これは多くのサピエンスも特別視したがるものだとは思うが。
結局、サピエンスは遺伝子や体の構造からしてチンパンジーと豚のハイブリッドなわけだし本当に大差ないわけなのだが
男は相手の不貞行為、女は相手の感情が動くことに嫉妬すると。ただこの方面の話は「一度なら許してしまう女、一度でも許せない男」の本のが詳しい
ウィリアムDハミルトン(ダーウィン論者)「人間の本性はまっさらではない」まぁ確かに、と
1万年前から変わらないため、テレビも写真も真の意味ではサピエンスに理解はできない。警察なども。虚構を現実と見る。タレントも友達として認知する。サバンナ原則。農耕すら理解できていない。
まぁ理解できていたら昨今のコロナウイルスに対する対応とか3.11の時に繰り返したような失態を繰り返すわけもないよね
ジェンダーを叫ぶ人ほど性差別する。サピエンスの歴史上でも一夫多妻が普通でありこれは女に有利な戦術。子を持たぬ男も昔から珍しくはなかった。先住民だろうが自然に優しくもないしヴィーガンでもない
まぁここらは「サピエンス全史」を読んでいればわかることでもあるし。またアイヌやインディアンが普通に肉食だったりとかね
そもそもサピエンスが入っていった土地の9割以上の動植物がサピエンスの手で改変された歴史があるのだし
金髪、長い髪、色白、9:6:9、左右対称、平均、若さ、大きい胸、青い目も全て解明してくれる
売春をするのはほぼ男だけ。1000人4倍。オナ禁が美徳になるのも男だけ。そして男たちの所得格差。
「この女は俺を好きだ」と「神を信じる」ことは心理上繋がっており、また逆の場合の代償が大きいこと
一夫一婦は一夫多妻より男にとって有利だが離婚が認められる社会ならば事実上の一夫多妻になってしまう。そして女のが浮気性
ゴリラとチンパンジー
母は子を見捨てないがために父は子に無責任になれる
伝統的社会では老人が資産を独占→若者は暴力、犯罪(盗み)、才能発揮をする
日本も似たようなもんだね
独身男性ほど異文化を避けることも合理的理由がある
今の時代は男女を本当の意味で平等に扱おうとすることがセクハラとされる。そしてまた自爆テロの背景にも女性が関係しているのだ
理不尽に思えるかもしれないが真実を描写している書物である

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

外省人や日本のマスコミ、中韓に騙されてはいけない

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

正直言って小林よしのり氏に嫌悪感があった自分が恥ずかしい
それもこれも反日しまくっている台湾の外省人、中韓とそれに毒されたマスコミのせいである。そして日本の自虐史観教育もある。
この人を右翼と呼ぶ奴こそ売国奴とわかった。
司馬遼太郎氏の「街道をゆく 台湾紀行」以上に痛快な表現で立派な台湾の表現を行っている
これと同時に「台湾人と日本精神」も読むと良い。日本人たる自信が増える事間違いなし。
台湾でベストセラーになったのも頷ける。感涙した。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本隠された十字架 法隆寺論 改版

2018/08/12 14:48

名作

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

梅原猛氏の事は知らなかったが、読んでみて衝撃を受けた。
圧倒的情報量。そしてそれを裏付ける数々の研究。
藤原氏と無関係であっても日本人であるならばこの本を読むと
聖徳太子に対し申し訳ない気持ちになることだろう。
未だにこの学説が何故に主流派にならないのかがわからない。
法隆寺に関するほぼ全ての謎にも丹念に解答を用意している。
読むのにある程度の根気は必要とするが、それ以上の価値は十分ある。
これほどの名作には久々に出会えた。ありがたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本安保論争

2016/10/31 22:52

本書とともに「国のために死ねるか」を読むことを勧めたい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は政治、外交面からの国防論である
「国のために死ねるか」はその実戦部隊の自衛隊側からの国防を考えるのに適した本である
本書は左翼の矛盾点を冷静に指摘した上で日本がこれからの世界で、特にアジア地域において果たすべき役割についてを語っている
ユートピア的発想でなく現実と歴史を元にした考察が続くので学べることは多い。反面、読み進めるのに根気を必要とする本でもある

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これで話せるようになった

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今までエジプト、インド、中国、スペイン、イタリア、ロシア、スイスと旅行してきて。スペイン以外ではほぼ通じた英語。ただ作者のいうように「単語の羅列」でしか話せなかった。
この本は読みやすく平易な文章で、それでいて内容は次の一文に集約される。
「This book gave me benefit」
どんどん使っていきたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本スペイン語

2016/01/31 16:34

スペイン旅行で大活躍

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨年2月に2週間のスペイン旅行に行った際、最も役だったのがこれ。
話す内容の9割が通じた。感動した。
正直、旅行の際に必要以上に難しい語学参考書は要らない。
これを元にして音読筆写を3ヶ月もやれば現地で困ることはほとんどない。

これがあったのでまたスペインに行きたいとも強く感じられた。
買ってよかったものの中の一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

実体験も踏まえてレビュー

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私は4年前に体重を4ヶ月で72→50キロまで落とした。身長171センチで。その時はまだ「炭水化物ダイエット」だの「糖質制限ダイエット」だのは出ていなかったが。やったことはほぼそれである。
ただそれでは体力も落ちてしまったのでそこで始めたのがビリーズブートキャンプだった。筋肉はついたが体重は増えもしなければ減りもしなかった。とはいえ健康にはなった。

さてこの著者はジムのトレーナーもやっているプロのインストラクターだ。
私も常に感じていることを言っている。「食事を変えないと痩せない」と。
私はてっきり「ジムとは筋肉をつけるために行く場所」と思っていたが。実際は痩せることが目的で行く人が大半とのこと。
それならばなおのこと納得だった。

ちなみに私は毎日ご飯3合は食べている。それでも全く体重は増えない。
大切なのは食事の量ではない。質だ。

あとは食品添加物に気をつければ万全だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

善悪に分けたがることから不幸も始まる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本人は特に善悪に分けたがり物事を単純化したがるが、そうした人ほど不幸に埋没し不自由になる。騙されやすくもなる。宗春公の「まぁええがやぁ」ニーチェの「悪く考えることが悪を生み出す」「道徳的な現象はなく、現象に道徳的解釈を加えているだけ」親鸞の「悪人正機」もそうしたことを言い得ている
それでいて悪に対し「わからない、怖い、関わりたくない」で思考停止している
故に必要以上にバッシングしタブー視する上に、悪に共感する人にすら悪のレッテルを貼りたがる
この本に低評価している人もそうしたナイーヴ(単純バカ)な人たちなのだろう。そしてそういう人のが多数派だからマスコミはそのような報道をするし3.11のみならず昨今のコロナでも同じことが繰り返されている。
日本人ほど騙されやすい民族もいないっていうのはまさに「善悪に分けたがる弊害」以外の何物でもないだろう
ヒトラーも普通の人間だったわけで。しかも善悪判断したがる人間を好んだ。没個性、非人間化、反社会的行動(この本の中での定義)。このどれにも当てはまってしまうのが日本人でもある
「しないことによる攻撃」なんてまさに無責任であることを尊重する日本社会に特有の隠れたる悪である。サイコパス、マキャベリズム、ナルシシズム、サディズム
殺意は男性性に起因。不気味さ……男性、相手は感じないだろうと。ルックス、ハロー効果
d+evil特に目に頼る。左右対称すぎる顔も信頼しない。差別を叫ぶ人ですらブサイクは不当に扱っている
顔を細分化して認知。認識による非人間化。空港の荷物検査は意味がない上に害悪。単なる安全劇場。そして今もほとんどの日本人は騙されるのだ
オンラインは機嫌悪くなると嫌な奴になる。少年少女愛は生まれつき決まっているが7割は我慢が可能。でも所詮、我慢の範疇でしかないんよな
売春とポルノ、児童労働と激安商品、家畜と動物虐待はどれも表裏一体。だからこそ肉と動物を分けて考えたがるが本来、分けられるわけもないよね
現代の奴隷制……行動は変えないが考えを変える。世界は公正だと信じると「高学歴の人が貧困になる」ことすら理解できなくなる
狂気が個人に宿ることはまずないが、集団、政党、民族、時代にはいつも存在する、と。私はこれに組織も入れたいがね
社会主義者、労働組合、ユダヤ。何もしないは共犯と同義。
ゲッペルスの元秘書が2016年に曰く「ミルグラム実験は何度も再現されている。責任の拡散と多元的無知、評価に対する恐れから現代人は他人を助けない」「現代人だって軽くナチスに騙される」
米兵によるハラスメント、監獄実験。とはいえここで私も著者には「進化心理学から見るサピエンスを読んでもらいたいとは感じたが
自己批判から使命の重大さへ転換
どんな悪事も行えるからこそ善を行ってもらいたい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

名著である

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

睡眠不調、睡眠不足の弊害が一般に認知されているよりはるかに深刻であることから話は始まる
またエジソンの嘘から解放されようとも。
よく眠る方法以外にも、睡眠全般に関する深い研究結果を解説してくれている名著

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

劇薬

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分もいかに騙されやすいかを突きつけられる劇薬である。
大多数の人にとっては聞きたくない内容でもあるので表紙や文面は極めて平易なのにも関わらず、読み進めるのに精神的に負担がかかる
詐欺に引っかからないように詐欺の手法を学ぼうという趣旨の本だが。
学んでも騙されない自信はつかなかった。
要約すると運は実力よりはるかに大きく、サピエンスは単純思考したがる動物である。となるのだろうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

すげーわかる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自分も超絶ブラック企業を3ヶ月で辞めた
当時、その会社はブラック企業ランキング最上位を狙えるほどの位置にあった。
そして某政令指定都市の職員になったが。
ブラックなのは企業だけではない。
マスゴミに騙された民衆により公務員もブラック化してきている
というかもうかなりの割合で実際はブラック自治体などになっている
日本にしかいられないのはリスクでもあります
また特攻隊を組織立って作るような国でもあるから国に期待するのもやめたほうがいいよと思う今日この頃

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「日本のうるさい私」と似たような本

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「日本のうるさい私」の方は音に関して。そしてこちらは建築に関して、日本人の「感覚の下劣さ」を露呈する。
海外へ行ったこともない日本人には「経済も成長し町並みも西洋のように立派になった」と思い込んでいる人が大半だ。
しかしそこに井上氏はNOを突きつける。これほど家に使われる材料が脆く、技術も低く見た目の統制もできていない国は他にはない、と
私は海外に10カ国程度しか行ったことはないが「落ちているゴミは少ないのになぜこうも日本の街並みは見苦しいのか」が疑問であった。
電線と電信柱のせいなのかとも思っていた。
しかし根本で「スクラップ&ビルド」であったから見苦しいのだと理解できた。
約30年しか持たないような家ばかりを量産する。30年経ち全体の強度に問題がない場合にも建て直しをする。資産価値は家を持ち続ける限り下落する(こんな国は日本だけ)……
しかし作者は言っていないが2020年代にはもう建て直しすら出来る人は激減するだろう。なにせ少子高齢化の負の面が2020年を境に爆発的に表面化するからだ。
東京すら2030年にスラム化するのだ……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しかし日本人には無理

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

無駄に感情論と支離滅裂な論理で認めたがらない人も多い今作。
普通に読めば正論ばかりのはずだが認めず変化を拒む人が多い故か。
さて本書は日本在住のイングランド人が書いた日本人への提言書。
彼は言っていないが「GDPを国内総生産」と訳した福沢諭吉の慧眼さよ。
そして「生産性向上とは一人当たりGDPの向上」と定義して話し出す。
しかし多くの日本人、そして特に経営者は「生産性」を誤解している。
特に多い間違いは「生産性向上は効率をよくすること」であると。
これも私は実感した。ようつべで無駄に反論してくるのはこの誤解をした人も多くいたからだ
日本の生産性は中国の都市部、韓国よりはるかに低くイタリアやスペインより下。ギリシャよりかは上、という悲惨な状況だ
筆者は「しかし逆に生産性をあげれば良い」「日本人は現場ばかり優秀で経営者が奇跡的に無能」「日本で特に生産性が低いのはサービス業」とする。
だが。私は実感したが何故か日本人には「無能な経営者を擁護したがる人」が異様に多いのだ。そして変化をしたがらない老人も既に多い。
40歳から人は変われなくなるとも言うが、そうするともう大半の日本人は変化を拒絶しているとすら言える。
だからもう日本人には無理なのだ。この30年、変われなかったのだから。
この国の「変わらない力は異常」と誰かも言っていたが本当にそうだと思う。
私は穏健的右派であるが、国を愛する人も今の日本には絶望を感じざるを得ないだろう。
なにぜ「社会人になってから勉強するか」の問いに「勉強している」と答えた人は西洋ばかりでなくアジアの中でもかなり低い確率である「男性13%、女性22%」でしかなかったのだから
もはや「日本人はよく勉強する」も死語と化した……

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

紙の本日本一役に立つ!龍の授業

2018/05/31 22:19

本当にせんとくんだ!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近読んだ本の中で当たりな一冊です
私はこの後に読みましたが、前作にあたる「妻に龍がつきまして……」ではほぼほぼガガが中心でしたが今作では半分弱を、前より成長した黒龍が担当します
またホームページで作者の写真を見ましたが、本当にせんとくんに似ており驚きました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

364 件中 1 件~ 15 件を表示
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。