サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

店舗詳細

ジュンク堂書店 プレスセンター店

My店舗に登録

My店舗に登録頂くと、当店のお得なクーポン付きメールなどが受け取れます。

ジュンク堂 プレスセンター店 プレスセンター店

フロアマップ[62KB]

店舗の情報を携帯でチェックする

メールでURLを送る

ジュンク堂 プレスセンター店 プレスセンター店

モバイル端末では先のQRコードからもアクセスできます。

住所 〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-2-1 日本プレスセンタービル1階
電話番号

03-3502-2600

営業時間

11:00~20:00 ※1/12~当面の間 11:00~19:00

定休日

6月  土・日・祝日 定休
7月  土・日・祝日 定休  

取扱商品
  • 和書

取扱サービス
  • hontoポイント
  • 店舗お受け取り

アクセス方法

地下鉄三田線 内幸町駅(出口A-7) 徒歩1分
地下鉄日比谷線 霞ヶ関駅(出口C-4) 徒歩3分
地下鉄千代田線 霞ヶ関駅(出口C-4) 徒歩1分
地下鉄丸の内線 霞ヶ関駅(出口B-2) 徒歩4分
JR 新橋駅西口(日比谷口) 徒歩15分

店舗地図

Map data ©2021 Google, ZENRIN

Google Mapで詳しく見る

備考 駐車場情報
駐車場 / 提携駐車場なし

お知らせ

営業時間・・・11:00~20:00  ※ 1月12日より当面の間 11:00~19:00
ご来店の際は営業時間にご注意ください。
状況により営業時間は変更になる場合がございます。


※学参・医学専門書・建築書は取扱いがございません(注文は対応致しますので、ご入用の場合はお問い合わせください)。
※プレスセンター店では代金引換便による配送サービスを行っておりません。ご了承ください。

お支払い方法一覧
■ 決済
現金
クレジット
図書カード
QUOカード
ギフト券(一部)
銀聯

■ 電子決済
交通系IC

楽天ペイ
PayPay
LINE Pay
d払い
auPAY
QUOPay
WeChat Pay

■ ポイント
hontoポイント
楽天ポイント
dポイント
Pontaポイント




店舗紹介
ジュンク堂書店系列店の中ではワンフロア125坪と比較的小さな店舗ですが、
官庁街である霞ヶ関や大企業の本社がひしめく内幸町の土地柄から主に
経済、金融、会計、マスコミ関係などのビジネスパーソン向けの専門書を
中心として、そのほか文芸書、人文書、実用書、文庫、新書、雑誌まで
地域のニーズに十分応えられるような品揃えを心がけております。

*当店では代金引換便での配送には対応しておりません。ご了承ください。


ソーシャルメディア情報
ジュンク堂書店 プレスセンター店では以下のSNSから情報を発信しておりますのでぜひご覧ください。
・Twitter: @presscenterten
・LINE@: 「ジュンク堂書店 プレスセンター店」で検索、またはこちらから
友だち追加

店舗画像1

ジュンク堂書店 プレスセンター店


店舗画像2

ジュンク堂書店 プレスセンター店


店舗画像3

ジュンク堂書店 プレスセンター店


店舗画像4

ジュンク堂書店 プレスセンター店



お知らせ・イベント

プレスセンター店のフェアやサイン会などの新着イベント情報をご紹介します 一覧を見る

採用情報

    • 現在募集はございません

書店員レビュー

プレスセンター店の書店員レビューをご紹介します 一覧を見る

星星の火 2 福田和代 (著)

星星の火 2

書店員:「担当者」のレビュー

ジュンク堂書店
ジュンク堂書店|プレスセンター店
通訳捜査官・城正臣と、相棒の上月刑事が帰ってきた!

通訳捜査官・城正臣と、相棒の上月刑事が帰ってきた!
警視庁の通訳センターで、中国語を担当する型破りな通訳捜査官・城正臣は、奥さんに逃げられ、4歳の娘を抱えて育児と仕事に奔走する「イクメン」。
官舎の隣に住むのは、保安課に勤務するカタブツの刑事・上月千里。

前作『星星の火』(双葉社文庫)で、池袋に根づく中国人社会にどっぷりとつかった彼らが、今度は謎の組織「赤い虎」に対峙します。
いちど罪を犯したけれど、なんとか立ち直ろうともがく李学智、彼の更生を支援する運送会社の社長、ふたたび悪の世界に引きずりこもうとする房啓天。
売春組織の摘発や、殺人事件の捜査を通じて、城と上月は少しずつ「赤い虎」の正体に迫るのですが――。

今回のテーマは、「更生」と「コミュニケーション」です。著者は、『バベル』(文藝春秋)、『怪物』(集英社)など、人と人をつなぐ「言葉」と「コミュニケーション」をテーマに取り上げてきましたが、『星星の火』シリーズで登場した「通訳捜査官」の存在にも、ぜひご注目ください。
中国と日本。今後いっそう身近に感じることが予想される「隣人」の存在に、思いを馳せる一冊です。
前作『星星の火』と合わせて、ぜひ。

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。