サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

編集者 崔鎬吉ブックキュレーター編集者 崔鎬吉

本が読みたくてウズウズしてくる本

一読するなり、矢も盾もたまらず、芋蔓式にあれこれほかの本に手を出させてしまうような、そんな魔力をもった本というものが確かに存在します。ただでさえ毎日忙しいのに困ったものですが、それこそが読書の醍醐味。あなたを本の虜にする案内書を紹介します。

17
お気に入り
3582
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • ラカン、フーコー、バルトらの書物が難解なのは、こちらの能力の欠如のせいではなくて、そもそも彼らが喝破しようとする摂理なり事象が、邪悪なほど難解だから。それでも、いやだからこそ、その思考の尻尾をつかむだけで、世界の様相は一変する。絶妙のレトリックと文体で、仏現代思想のエッセンスを抽出してみせる快作。

  • 小説家業25年の節目に編まれた、佐藤正午読本。自著解説、自著原作の映画脚本、折々に発表したエッセイ、連作掌編小説、詳細な年表、年代ごとのポートレートなどなど。タイトルどおり、まさにファンに目がけた一冊。佐藤正午は決して多作ではないが、それでも編集者をしてクロニクルを編ませたくなる小説家、ということ。

  • 文学作品を通して、過ぎ去った時代の一区画の素性を吟味することに、どれほどの意味があるのか。時代性という食指を動かして、文学の臓腑を掻き分ける営みもしかり。そもそも文学と時代はどこまで呼応しえるのか。本書はまずそこから挑む。その先に浮かび上がるのはなにか。文学の薄闇であり、ゆえに強さだった。

  • 〆切になっても「書けぬ、どうしても書けぬ」という事態は物書きにとって悪夢だ。その悪夢に身を焼かれてきた文豪たちは数知れず。田山花袋はひたすら「駄目」を連呼して無為に日を過ごす。遠藤周作は「イヤイヤながら仕事をしている」ことを隠そうともしない。哀切なる身辺雑記の数々。いずれもユーモアが漂うのはさすが。

  • 大江健三郎、ビートたけし、奥田民生――。本書の論評の対象は広い。そして広いなりに温度差がある。鋭い眼光を閃かせたかと思えば、脱力の妙技でその実相をとらえる。構えは時と場合によりけりだ。しかしそのどれもが、長い思索の到達、とでも言いたくなる静寂と棘を持っている。所収の短評の数々に、嘘はない。

編集者 崔鎬吉

ブックキュレーター

編集者 崔鎬吉

1977年生まれ。週刊誌記者、文芸編集者を経て、いまは学芸書籍編集者。現在、徳間書店在籍。関心の高いジャンルは、小説、文学、醜聞、国際政治、スポーツ。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。