サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

これぞ日本の名随筆

本には、小説やドキュメンタリーなどドラマティックに攻めてくるものもあるし、新書やビジネス書などの向上心を満たそうとしてくるものもある。だが、この世には、エッセイというジャンルもあるのだ。特別な人間ではない作者が、たいしたことのない日常を綴る。しかし、面白くてたまらない。ページをめくっていくと、「よくこんな文章が書けたな」と退けぞってしまう。時には、「この本があるから生きていける」とまで思わせる。「うまい随筆」というのが、確かにある。「これぞ日本の名随筆」と唸ってしまう本をご紹介したい。

71
お気に入り
7782
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 歌人・穂村弘の処女エッセイで出世作。原稿用紙数枚の短い世界で、サラリーマンの地味な日常がカーブを描く。ひらがなやオノマトペが多用される、くだけた文書なのに、「この人はものすごい読書量を持っているはず。かなり練って書いている」ということがビシビシ伝わってくる。短歌で使われるハイクオリティな言語センスを、散文でも惜しみなく放出してくれている。ついでに、笑いのセンスもすごい。

  • 詩人・金子光晴は妻の森三千代の不倫を機に、世界旅行へ出る。目的は、妻を不倫相手から物理的に離すことだ。パリに憧れを持っていた三千代は光晴の提案に賛成して出立するが、二人は無一文。中国に渡ってから、エロ小説を書いたり、春画を描いたり、返せないのに金を借りたりして、何年もかけてパリを目指す。三十代の頃の出来事を、七十歳を過ぎてから思い出して書いているのだが、そのせいでより純粋に、うっとりとした文章になっている。

  • 猫を家に招き入れたあと、たいして可愛がっている描写がなく、そっけなく接していたはずなのに、数ページ進んでその猫が失踪したら、突然の号泣。老人がここまで泣くものだろうか。猫が帰ってこない悲しみで風呂にも入れない。百閒本人はいたって真面目なのだが、読んでいるこちらは笑いが止まらない。「猫が帰ってこない」という繰り返しだけで一冊読ませるなんて、真の「文章の力」がなせる業だ。

  • 第二次世界大戦後にシベリア抑留を経験した詩人・石原吉郎。極限状態の中で言葉が絞り取られ、失語状態に陥った期間もあるという。帰国後に書いたエッセイは絶品。短い文章でも、これだけ重い読後感を与えられるものなのだな、と感服する。エッセイというのは、ストーリーとか、描写とかではなく、迫力だ。どんなに短い文章でも、研ぎ澄まされた言葉と、他者への温かい視線があれば、世界が生まれるのだ。

  • 夫の武田泰淳と共にロシア諸国と北欧を旅した際の旅行記。今で言うところの「天然」な文章で、どのシーンでも大笑いしてしまう。どんなに頭の良い人でも書けない、百合子のみが書くことができる、唯一無二の文章だ。団体旅行のため、様々なキャラクターが登場するのも面白い。特に「銭高老人」という同行者のキャラが際立っていて、腹がよじれる。

エッセイスト・小説家。1978年福岡県生まれ。会社員をしながら書いた『人のセックスを笑うな』で文藝賞を受賞し、26歳から作家活動を始める。他の著書に『浮世でランチ』『カツラ美容室別室』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』『ネンレイズム/開かれた食器棚』『美しい距離』など。目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。 https://twitter.com/naocolayamazaki

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。