サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

映画プロデューサー 叶井俊太郎ブックキュレーター映画プロデューサー 叶井俊太郎

オレの好きな対談本5冊はこれ!

雑誌の対談連載やテレビの対談番組が好きで、特に日曜朝にフジテレビでオンエアしてる鼎談番組「ボクらの時代」は毎週見てる。書籍でも対談ものはかなり持ってて、その中から面白い対談本5冊を選ぶとこのラインナップになったわけだ。

3
お気に入り
1269
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 元「実話ナックルズ」編集長の久田将義氏とジャーナリストの青木理氏の対談本。メディアの王道の青木氏と裏側というかアングラ畑の久田氏が関東連合、警察、闇社会、芸能のタブーについて対談してるんだが、まあ、久田氏は自称関東連合のはしりであると言われてる渋谷のチーマー出身だそうで、どうしてもご自身の武勇伝的な昔話が多いのが気になる。が、それぞれのテーマのお二人の見解はそこそこなるほどな、と思えたのでこれはこれでありなのかも知れない。それにしてもお二人ともジャーナリストの上杉隆さん嫌いなんだな。

  • 月刊「文藝春秋」で連載してた勝新太郎対談を文庫化。1992年当時、こんな連載があったのか!知らなかった、と衝撃受ける。オレは18才くらいからだいたいの月刊誌、週刊誌は読んでるんだよ。立ち読みとかさ。そんな雑誌好きなオレでも知らなかった勝新太郎対談!対談のお相手はビートたけし、三國連太郎、石原慎太郎やらラストは奥さんの中村玉緒まで!皆さん勝さんに「パンツの中に入れたドラッグの真相」について聞きますが、それを煙に巻く勝さんがシビれるね!対談始めて5分で大げんかになって対談が中止になったハマコーの対談は未収録みたいだが、どんな内容でケンカになったのか気になる!

  • 東京MXテレビでオンエアされてた「未公開映画を観るTV」を書籍化。未公開映画と言ってもビデオストレートのB級映画ではなく、日本未公開のアメリカのドキュメンタリー映画についてですね。映画の仕事してるオレでも知らない映画があって、マジで町山さんの情報量の多さに驚愕しまくりです。この本で紹介されてるドキュメンタリー映画についてお二人が詳しく語っているので、なんだかもう見てしまったような気になってしまう。というか、このお二人の対談は面白いですね!ブッキングした人は素晴らしい!

  • 町山智浩氏と映画評論家・柳下穀一郎氏のつまらん映画を斬りまくる対談。映画の仕事してるとメディアでつまらん映画を酷評するのははばかれるんだよな。かつてオレも某週刊誌で映評の連載をしてたが、あまりにもバッサリ斬るもんだから某大手邦画系配給会社から試写室出入り禁止になって、さらに編集部にもクレームが来ておれの連載打ち切りになったこともあった。このお二人の漫才のような映画ツッコミ話はマジで面白いし、よくぞ言ってくれた!と感動したね。

  • この本は2010年に発売されてるので、もう7年前の話なんだけど映画界の伝説的な書籍として位置付けられてる。もともとこのタイトルで月刊誌「映画秘宝」で連載してたが、某邦画大手配給会社よりクレームと著者である柳下氏、江戸木氏は試写室出入り禁止となってしまった。連載は終了。そんないわくつきの対談がついに書籍になったわけです。タイトルにある通り当時大ヒットした『ROOKIES』をバッサリと酷評!面白すぎる!ここまで大手邦画会社の作品をこき下ろした本は今までなかったのでは?巻末のまとめで当時オレが社長やって破産したトルネードフィルムの話も出てて、自分のことながら面白かった。ご迷惑かけた江戸木さん申し訳なかったです!

映画プロデューサー 叶井俊太郎

ブックキュレーター

映画プロデューサー 叶井俊太郎

(株)サイゾーTOCANA編集部 配給宣伝プロデューサー。『キラーコンドーム』などのホラーコメディ映画から、日本でも大ヒットした『アメリ』まで幅広い買い付けと宣伝をプロデュース。ピクトアップ、日刊サイゾーなど雑誌連載コラム多数。主な著書に映画評論家江戸木純氏との共著『映画突破伝』、『ビッグヒットは五感でつかめ!』、奥様で漫画家の倉田真由美氏との共著『ダメになってもだいじょうぶ—600人とSEXして4回結婚して破産してわかること』など。ノンフィクションやコミックを中心に1,000冊を超える本を所有。気になる本があれば片っ端から購入するクセがあり、自宅の本棚には本が日々増加中。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。