サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「音楽読書」ポイント5倍キャンペーン (~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

広くて深い将棋の世界にあなたを誘う本

400年に1人の天才といわれる藤井聡太四段の出現により注目が集まっている将棋。その歴史の分だけ技術の進歩と数々の名局と人間ドラマがあり、それらの魅力的な題材を使って数多くの技術書、観戦記、マンガ、小説、ノンフィクション、評論などが生み出されてきました。ここではそんな将棋の奥深い魅力を伝える5冊を紹介します。
※本ブックツリーの内容は、執筆時点(2017年10月23日)の情報に基づいております。

4
お気に入り
552
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 14歳2ヵ月という史上最年少でプロ棋士としてデビューすると、一度も負けることなく29連勝という新記録を樹立。藤井聡太四段は将棋界を超えて一躍時の人となりました。本書は藤井四段が注目されるきっかけとなった「炎の七番勝負」の自戦記を中心に多くのプロ棋士による藤井聡太論を収録した記念碑的一冊です。

  • 六本木で広まっていた怪談と静岡で発見された二つの屍体。関係ないと思われた要素が次々につながっていく怒涛の展開。面白いのはそれらをつなぐ鍵がマニアックな詰将棋であること。ミステリファンも唸るが将棋ファンはもっと唸る。『涙香迷宮』(講談社)で2017このミス第1位となった竹本健治による将棋ミステリー。

  • 「棋士には月下の光がよく似合う」。将棋に人生を捧げたプロ棋士たちの生き様を描いた名作マンガ。登場人物の多くは実在のプロ棋士がモデルになっているので、このマンガを読めば将棋界がどんなところかわかる(かなりデフォルメされているが)。村山聖をモデルにした村森聖の登場シーンは涙なしには読めない。

  • 子どものころ、地元で天才将棋少年と騒がれた神童たちがプロ棋士の養成機関である奨励会に入る。そこは脱落者を決める非情の世界だ。本書はプロ棋士になれなかった奨励会員たちの、将棋に翻弄された人生を描くノンフィクション。プロ棋士たちが脚光を浴びる将棋界、その裏側にあるもう一つのストーリーがここにある。

  • 「将棋界は社会現象を先取りした実験場である」。現代将棋は高速道路が敷かれたように誰もが強くなるための情報にアクセスできる状況になっている。万人が必要な情報を得られる社会、その中で抜きん出るためにはどんな力が必要なのか?新時代に必要な「知のすがた」を将棋界のトップランナー、羽生善治の中に見出す。

1978年生まれ、2017年より将棋書籍編集課長。趣味は週5日の将棋と時々するビリヤードです。『天才棋士降臨・藤井聡太 炎の七番勝負と連勝記録の衝撃』『加藤一二三名局集』『羽生善治全局集』など、幾多の将棋書籍の編集を担当させていただいております。イベントなどで読者の方々と直接意見を交わしたり、将棋を指すことが非常に良い機会になっていると最近改めて実感しております。ちなみに、詰め将棋書籍の問題集を電子書籍端末に何冊も入れております。(将棋情報局:https://book.mynavi.jp/shogi/

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。