サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

「さよなら」をした時に読みたい「別れ」を描いた本

いつだって、「別れ」は突然やってくる。恋人、妻、家族・・・。大切なひとたちが目の前から去っていった時、私たちはその事実とどう向き合えばいいのだろう。自分の半身が失われたような強い喪失感。失望感。深い悲しみ・・・。そんな日々のなかでも前を向くことなどできるのか。そこで今回は「別れ」が描かれた物語を集めてみた。

14
お気に入り
2086
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 星野は、借金のかたで連れ去られる前に、5人の恋人との関係を清算することにした。5股をかけていた「ダメ男」であるはずなのに、別れという区切りをしっかりつけようとする星野の姿勢はとても真摯。その姿が魅力的に思えてしまうのはどうしてだろうか。

  • 「余命一年」の妻のために、毎日一日一話ずつショートショートを書き続けた眉村氏の「愛妻本」。妻が永眠し、1778本目を書くまで、眉村氏は妻を思いながら作品を生み出し続けたという。たった6行の「最終回」では涙を流さずにはいられない。夫から妻への愛、妻から夫への愛を感じることができる愛情深い作品。

  • 1章ずつ、物語世界から50音の「音」がひとつずつ失われ、失われた「音」を持っているモノたちも、物語世界から失われていく。「あ」が消えた世界では、「愛」もなくなってしまったのか、夫婦の関係はどこかギクシャク。娘が失われれば、喪失感だけが残る。不思議な切なさの漂う実験的小説。

  • 主人公の由加利は、恋人・桔平が突然くも膜下出血で倒れ、彼の名前も職業も全てが嘘だったということを知る。由加利は桔平との「別れ」を選ぶのか。突然つきつけられた事実に戸惑いつつも、真実を探そうと旅に出る由加利の姿は勇ましい。恋人とどう向き合うべきか。問われているような気がする一冊。

  • 大学生・瀬川誠人と謎めいた女の子・里中静流との甘酸っぱい恋を描いた青春小説。違う女の子にずっと片思いをしている誠人。その誠人に「好きな人が好きな人を、好きになりたかったの」という静流。そして、突然おとずれる別れの時・・・。胸がきゅっと締め付けられるような切ない作品。

平成元年、新宿生まれ、慶應大学大学院修了のフリーライター、書評家。純文学やビジネス本からエンターテイメント小説、漫画、ライトノベルまで、幅広く本を愛し、紙・電子問わず、いつでもどこでも1日1冊は本を読み続ける「本の虫」。大学では近代文学を専攻し、大学院では「本屋のリデザイン」を研究。これからの時代の本との出会いを演出しようと、日々、試行錯誤中。「ダ・ヴィンチニュース」などに寄稿( https://ddnavi.com/author/asatominami/)。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。