サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「働き方とお金」ポイント5倍キャンペーン(~10/30)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

港の人 編集者 井上有紀ブックキュレーター港の人 編集者 井上有紀

何かが起きても起きなくても、日々はドラマ。記録を超えて感動を伝える日記たち。

日々の暮らしも自分の内面も、無数の色が混じり合い、しかも、くるくると変化して一瞬も止まらない。人の心は矛盾だらけで、その矛盾がそのままに記されるとき、日記は輝いてくるのかもしれません。生きていくことのしんどさや悲しみさえもが愛おしくなるような、美しい日記を読んでみませんか。

14
お気に入り
821
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 夫と別れて、新しい恋人と暮らし始める。その心の揺れが写真とことばで表される。三角関係ではあるけれど、読む者を覗き見的な気持ちにさせずに、人生の一段深い場所へ、そして、愛の一段高い場所へと連れていってくれる稀有な記録。写真とことばという自身の表現にたいする率直さ。それが、この著者の才能だと思う。

  • 頭がよくて野球が大好き、新しい俳句の世界を作り上げた子規は、生来身体が弱く34歳で亡くなった。晩年は結核からくるカリエスで寝返りもうてず、激しい痛みに苦しむ壮絶な闘病だった。自殺も試みる。でも、この日記から伝わってくるのは熱い「生」の姿。身体は動かないのに、精神は爆発している唯一無二の闘病日記。

  • あまりにも潔く自分をさらけ出す。捨て身で立ち向かってきて、読む人を容赦なく揺さぶってくる。こんなに揺さぶられてしまうのは、誰もが自分の内面という嵐をかかえて生きているからではないだろうか。自分の人生をかけてその嵐をはっきりと見せてくれるこの著者は、やはり一種の天才なのかもしれない。

  • 日記と名づけられているが、坂口安吾の死後に書かれている。この本が長く読まれているのは、安吾の狂気や悪行や奇行が凄まじいからでも夫婦愛が尊いからでもなく、書き手の内面の奥行きゆえだと思う。「彼のいい面は書けなかった。でも善行というのは個性がなくて書きにくい」とさえ言う妻の、なんと魅力的なことか。

  • 著者は少々風変わりな「本の読める店」を営む店主。千ページ以上にわたって、本だけでなく映画や仕事のこと、書店や散歩などが書かれ、人がふとページから目を上げて現実と本の世界のはざまをさまよう、その瞬間のようなものをとらえる。これまでのあまたの読書日記とは違う、今の東京、今の本、今の読者のポートレイト。

港の人 編集者 井上有紀

ブックキュレーター

港の人 編集者 井上有紀

鎌倉の由比ガ浜にある出版社「港の人」勤務の編集者。手がけた本は、『目であるく、かたちをきく、さわってみる。』(マーシャ・ブラウン)、『きのこ文学名作選』(飯沢耕太郎編)、『胞子文学名作選』(田中美穂編)、『世界 ポエマ・ナイヴネ』(チェスワフ・ミウォシュ)、『90度のまなざし』(合田佐和子)など。海を見ながら自転車で通勤する時間が、毎日のいちばんの贅沢です。本棚の隅っこにあるような本もふくめて、一冊一冊大切に紹介します。ホームページhttp://www.minatonohito.jp

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。