サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー「デザインで読むハヤカワSFフェア」ポイント5倍キャンペーン (~7/24)

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 検索

    本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

    読んでなりたい気分

哲学読書室ブックキュレーター哲学読書室

書架(もしくは頭蓋)の暗闇に巣食うものたち

「死とは空虚な名である。人が死に、魂と肉体が分離する時、なにものも滅することはないし、無に帰すこともない」(アグリッパ『隠秘哲学』第3巻36章)。死の気配が濃密さを増す暗い時代に不死性を統覚することは可能か。死の表象が反復する、狂おしい生のはざまに目を凝らしてみる。【選者:小林浩(こばやし・ひろし:1968-:月曜社取締役)】

14
お気に入り
1425
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 人ならざるものへの変容の果てに人へと戻れずに死ぬこと、親の忠告と監視に包囲され追い詰められて自裁すること、入り方が分からないまま門の外で朽ち果てるまで待機すること。カフカは、死に至る理不尽な病について直観的に描くことができた。さらに進んで『審判(訴訟)』では犬のように殺され、『城』では終わりのない生殺しだけがある。

  • 特異な作品「死者」はその放縦なエロティシズムの発散にもかかわらず、バタイユの言う「死の光」にすべてを浸されている。女主人公の家に戻れば一室には死者がひしめいている。女主人公と伯爵の、死への落ち込み方の異様な素早さ。英国の哲学者ニック・ランドがバタイユの遺稿に見出した「絶滅への渇き」の片鱗はここにもある。

  • 本書において読者は、死へと滑落する群像を長回しで見せつけられる。悪い予感が漂い、行ってはいけないはずの方向へと接近させられていく。そこにはひどく憂鬱な結末しかない。堕落やら宿命やら負の連鎖などと評することすら寒々しいほどの暗黒もしくは視界不良が、ページをたぐる指先から読者に侵入する。ひたすらに危険な書物。

  • 地域社会を侵食し崩壊させていく悪意という力に私たちはどのように立ち向かうべきか。自警し自衛し排除すればそこはいずれユートピアになるのか。違う、それは無人の世界に行き着くだけだろう。あるいは世界の新生のために私たちは進んで死ぬべきなのか。死を選ぶ者と死に損なう者がいる。ぶざまでも生に踏みとどまらねばならない。

  • 本書に収められた最晩年の短篇「私の死の瞬間」で、ブランショは銃殺寸前だった自分の実体験を描いている。いったんは死神に魅入られ、彼岸へと突き落とされるはずだったものの、偶然に生き延びた。しかし本当に自分は生きているのか。断崖に立たされたままではないのか。むしろ「全面的に敗北しているからこそ無敵なのだ」(デリダ)。

哲学読書室

ブックキュレーター

哲学読書室

知の更新へと向かう終わりなき対話のための、人文書編集者と若手研究者の連携による開放アカウント。コーディネーターは小林浩(月曜社取締役)が務めます。アイコンはエティエンヌ・ルイ・ブレ(1728-1799)による有名な「ニュートン記念堂」より。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。