サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. ブックツリー
  3. 小説・文学
  4. 歴史の地層をたどってあるく、「ディープヨコハマ」にハマるための5冊

編集者・ライター 佐野亨ブックキュレーター編集者・ライター 佐野亨

歴史の地層をたどってあるく、「ディープヨコハマ」にハマるための5冊

観光都市として雑誌やTVで取り上げられない日はないほど人気のまち・横浜。しかし、このまちの真の魅力は、観光ガイドを頼りにあるくだけでは到底味わうことができません。よく知られた名所にも、また裏通りの知る人ぞ知る場所にも、さまざまな歴史が堆積しています。ここでは、その歴史の地層をたどるのにうってつけの本をご紹介します。

21
お気に入り
35958
閲覧数
Myブックツリーを見る
Myブックツリーに追加すると、気になるブックツリーをまとめて見ることができ、とても便利です。さらに、hontoトップで関連したブックツリーが表示されるようになります。

  • 葉山嘉樹は、若き日に室蘭ー横浜航路の貨物船の船員として働き、その経験をもとにいくつかの小説を書いています。この短篇集には、『セメント樽の中の手紙』『労働者の居ない船』など代表的な作品が収められていますが、なかでも『淫売婦』は観光地化される以前の横浜中華街の裏通りを舞台にした傑作です。

  • 開港期に絹織物商の家に生まれた獅子文六には故郷横浜にかんする小説や随筆が数多くあります。この作品は、『てんやわんや』『自由学校』に続く「敗戦三部作」の一作。進駐軍による接収、そのなかで生まれた「混血児」たちの姿など、敗戦まもない頃の横浜の風景がありありと描かれています。

  • 『沓掛時次郎』や『瞼の母』で知られる大衆文芸作家・長谷川伸が新聞記者になるまでを綴った自伝で、横浜で生まれ育った幼少期や港湾労働の記憶について書かれています。丘の上の裕福な家庭に育った獅子文六と、まさしく「市井の徒」であった長谷川の人生をくらべてみると、横浜の「地域階層」の一面が見えてきます。

  • 郷静子は西区高島町で生まれ、同人誌「横浜文学」の創刊に参加、自身の戦争体験をベースにした小説を書き続けました。芥川賞を受賞したこの作品では、軍国少女として勤労に励んだ鶴見高等女学校時代の記憶や横浜大空襲の悲劇が克明に描かれています。戦時の横浜を知るうえで欠くことのできない一冊です。

  • 40年以上にわたって伊勢佐木町界隈の路上に立ち続けた白塗りの老女・メリーさん。彼女はどのような人生を生き、いかにして「伝説」と呼ばれるようになったのか――。丹念な取材をとおしてメリーさんの輪郭を浮かび上がらせると同時に、「伝説」をつくることで生き続けるまち・横浜の深層に迫ったノンフィクションです。

編集者・ライター 佐野亨

ブックキュレーター

編集者・ライター 佐野亨

編集者・ライター。東京のひがし側で生まれ、幼少期は所沢、その後は横浜で育つ。日本映画学校(現・日本映画大学)卒業後、出版社勤務を経てフリーランスに。映画とまちあるきをテリトリとする。著書に『ディープヨコハマをあるく』(辰巳出版)、編著書に『心が疲れたときに観る映画 「気分」に寄り添う映画ガイド』(立東舎)など。東京・京橋の国立映画アーカイブでは客員研究員を務めている。

ブックツリーとは?

ブックツリーは、本に精通したブックキュレーターが独自のテーマで集めた数千の本を、あなたの"関心・興味"や"気分"に沿って紹介するサービスです。
会員登録を行い、丸善・ジュンク堂・文教堂を含む提携書店やhontoでの購入、ほしい本・Myブックツリーに追加等を行うことで、思いがけない本が次々と提案されます。
Facebook、Twitterから人気・話題のブックツリーをチェックしませんか?

テーマ募集中!

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを募集中です。あなたのリクエスト通りのブックツリーが現れるかも?

お問い合わせ

著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。

お問い合わせする

テーマ応募フォーム

こんなテーマでブックツリーを作ってほしいというあなたのリクエストを入力してください。

ご応募ありがとうございました。

閉じる

このテーマにおける、あなたの”6冊目の本”は?

※投稿された内容は、このページの「みんなのコメント」に掲載されます。

コメントを入力するにはログインが必要です

人気のブックキュレーターがおすすめ本を紹介! PICKUP!ブックキュレーター

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。