サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

紙の本

またしても『偽りの』か・・・

2018/10/26 23:43

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinpoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

海外ミステリーのタイトルにどうも『偽りの』というフレーズが安易に使われすぎているのでは・・・という感想を最近書いたばかりだったが、本作品の『偽りの』は謎の根幹に関わってくるので、読者の先入観をいい意味で裏切ってくれるものだった。

解説者の言うとおり、ちょっといろんな要素を盛り込みすぎかとも思うが、大事な手がかりをそのまま放り出しておいて、新しいものに無鉄砲に飛びついていくヒロインの怒涛の生き方がとにかく疾走感を盛り上げており、詰め込みすぎという印象をやわらげて最後まで一気読みさせるテクニックはさすがだと思う。

あとヒロインのハードボイルドな行動の裏に見え隠れする不安定さ、どことない諦念や開き直りが彼女をミステリアスにさせ、それはおそらく戦地での民間人爆撃事件の隠された音声と密接に関わっているのだろうと思われるため、事件の謎解きだけではない人間ドラマに仕上がっている。

作者の過去作品では「ステイクロース」を読んだだけだが、かなりの書き手だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2018/07/15 17:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/08/14 00:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/01 14:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/16 01:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/07/08 12:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/06/19 17:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

7 件中 1 件~ 7 件を表示