サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

12時 修正:20%OFFクーポン(1119-22)

フランス王朝史(講談社現代新書)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 3件

電子書籍

フランス王朝史

著者 佐藤賢一

「時間を超えた逆転劇」、それが、冴えない始祖、ユーグ・カペーが頭の中で描いていたことなのか? 「名ばかりの王」から300年の時を経て、ローマ教皇、神聖ローマ皇帝と並ぶ権力者としてヨーロッパに君臨するまでの物語。(講談社現代新書)

カペー朝 フランス王朝史1

648 (税込)

カペー朝 フランス王朝史1

ポイント :6pt / 紙の本より259おトク

始めの巻をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.5MB 無制限
Android EPUB 5.5MB 無制限
Win EPUB 5.5MB 無制限
Mac EPUB 5.5MB 無制限

続刊の予約購入を申し込む

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できます。

続刊予約とは続刊予約とは

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

電子書籍ストア 対象商品
20%OFFクーポン配布中!
「電子書籍 対象商品 20%OFFクーポン」配布中です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。
※一部対象外の商品があります。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本カペー朝

2009/08/15 15:40

カペー商店繁盛記

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ももんじゃ05号 - この投稿者のレビュー一覧を見る

1 本書は、フランスのカペー朝の各国王(といっても、初期のころは有力な地方領主程度の領地しかなかったり)について、その事績、特徴を紹介する本である。
2 私は、世界史が苦手である。中国史はまだいいのだが、あのカタカナの名前が覚えずらいし、さらに、ルイ1世だの、3世だの、誰が誰だかわからなくなるので、苦手なのである。とくに、本書のようなフランスの王様だと、ルイさんだの、フィリップさんだのが沢山いて、名前だけみると非常にわけがわからない。しかし、本書の王様をみると、同じ王様でもいろいろとあだ名がついており(尊厳王とか、聖王とか…肥満王とかありがたくないのもあるが)、また、事績もいろいろあって、面白い。やはり具体的な話のほうが頭に残りやすいのである。
3 カペー朝は、カロリング朝の後継だが、子会社社長兼本社重役が、本社の混乱に乗じて、のっとったようなもんだった。だから、ほかの重役連中も黙っておらず、また、カペー朝もかなりの期間、パリとオルレアン周辺の有力な地方領主程度の実力しか備えていなかったため、苦労していた。
 しかし、敵失や自国の体制整備を経て、次第に大きくなっていき、フランス王らしい勢力を拡張していく。
 小商店が次第に大店舗になっていき、支店を出して繁盛していくようである。
4 では、統治を継続する点ではどうだったか。カペー朝は、幸いにも各王様は(比較的)長生きで、しかも、後継ぎが生まれていた。さらに、前の王様が生きている間に王太子と共同統治を開始したため、当代が崩御しても次代がスムーズにあとを継げた。また、王妃の実家の相続関係もあり、領土もだんだん増えていく。
 しかし、これ結局、個人商店の限界なのである。いったん、夫婦や親子の間で確執が起きれば、それは妻の実家(大貴族)、敵対的な領主、イギリス方面の関係者、さらにはローマ教皇なんかも巻き込んで(というか進んで介入して)、またたくまに燎原の火が国土を焦がすのである。
 そして、最終的には、まさに個人商店的であるがゆえに、あまりにあっけなくカペー朝は終焉してしまうのである。
 なんか、今の中小企業とかでも聞きそうな話だなあと思った次第。
  
 
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カペー朝

2009/12/19 21:09

カペー朝って、懐かしいなあって思います。でも、恥ずかしいけれどフランスっていうこと以外、綺麗に忘れているんだなあ、これが・・・。恥ずかしいけど、これが現実です、はい。

8人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

「カペー朝」って、何も覚えていないんですが、高校時代の世界史を思い出して、懐かしいな、って感慨にふけってしまいました。年号を覚えることが苦手、それで何が変わる? なんて思っていた私が、少しだけ歴史と遭遇接近した唯一の時代。あのころは良かったなあ、足を頭より上に蹴り上げることも出来たし・・・

「カペー朝」か、そういえば「カロリング朝」っていうのもあったなあ、多分フランス絡みだったと思うけど、でも確信もって言えません。ことほどさように自信も知識もありません。でも、興味はあります。まして、著者がフランスを書かせたらこの人、と私が決め付けている佐藤賢一です。読むな、っていうほうが無理かも・・・

で、帯の言葉です
        *
王は凡庸、周りの敵は
華麗にして巨大。
絢爛と呼ぶには、
余りにもささやかな、
フランス王家物語の巻くが、
いまあがる。
当代一の西洋歴史小説家が描く!
        *
出版社のHPには
        *
始祖は凡庸な男。強力な敵に周りを囲まれながら、どうやって王家はローマ教皇や神聖ローマ皇帝と並ぶ存在に成り上がっていったのか?その軌跡を直木賞作家が鮮やかに描く。

「時間を超えた逆転劇」、それが、冴えない始祖、ユーグ・カペーが頭の中で描いていたことなのか?「名ばかりの王」から300年の時を経て、ローマ教皇、神聖ローマ皇帝と並ぶ権力者としてヨーロッパに君臨するまでの物語。
        *
とあります。王たちのデータ、という頁がありますので、見てみましょう。カペー朝のフランス王は生まれて数日で死んだジャン一世を除き、全部で14人。即位の平均年齢は23.4歳。初代のユーグ・カペーは生まれながらの王ではないので除外すれば、21.6歳となります。在位年数は平均24.3年です。異常な例を除いてしまえば、31.8年。

没年は平均47.8歳で、これも異常な例を除けば52.6歳に延びます。で、300年を超える時間を、父から子へ、そのまた子へと確実に王位を受け渡してきて、しかも多くが王が在位中に子供に王位を渡すため、あまりお家騒動が起きていないというのが特長です。先王がいて王がいる、それが権力を二重構造化し、乱を招くことが日本ではあるのですが、フランスはそんなに酷くはないようです。

とはいえ、何も問題がないかといえば、それなりにあって、時たま発作的に登場する女好きの王がいて、彼らは自分が結婚していようが、相手が人妻であろうが、好きになったらそれまで。今の妻を離婚し、さっさと乗り換えます。それを何度でも繰り返す。でも、結構、偉いのはかの国の王が最初の結婚でできた子供を殆ど王位継承者に指名し、目の黒いうちに地位を保全してやることです。

とはいえ後妻にとっては、これほど不愉快なことはありません。少なくとも自分が愛されているからこそ今の地位があるわけで、なぜ私たちの子が可愛くないの、ということになります。それにイギリスの王家と教皇が絡むというところが、本当の信仰がない日本史では絶対に味わえないところです。

しかもです、彼らはフランス王とはいえ、その実力は諸侯と殆ど変らないし、相手によっては自分のほうが劣ることすらあるといいます。そういうことを理解しないと、実はフランス史も三銃士も、フランス革命も理解できないことになります。どちらについても、佐藤は小説にしているので、そちらから間接的に知ることもできますが、出来ればこのシリーズを片手に読むのがベストかもしれません。

特にフィリップ五世の項、頁は在位期間を反映して2頁に過ぎませんが、彼の特徴を三部会好き、としているところが面白い。この三部会、佐藤の新作『フランス革命』シリーズに頻繁に登場しますけれど、同じものだとすればその仕組みだけでも1300年にすでにあったことから考えれば400年以上も存続したということになります。

全体として誰が印象に残る、というよりはカペー朝そのものが記憶に残るのですが、後年になるとカロリング朝の血を引く女性と婚姻関係を結び、名実共に正当なフランス王となり版図だけでなくヨーロッパの王として君臨していくようになるのが凄いなあ、って思わせます。そして、常に立ちはだかるのがドイツではなくイギリスというのも面白いです。

そして、直接ではないものの、フランスの殆どの土地がイングランド王のものであった、という事実を地図で見せつけられると、三銃士の世界ももっと理解しやすくなるのではないでしょうか。若王ルイ七世の項目に出てくるアンリ・ドゥ・プランタジュネのことは、王の離婚ということだけにとらわれず、版図と絡めて繰り返し読むべき作品です。

最後はデータ的な記事。装幀者は中島英樹、目次は下記のとおりです。

はじめに フランス王とは誰か:最初のルイは誰か/ヴェルダン条約とメルセン条約/フランク王か、フランス王か

   1 ユーグ・カペー(九八七年~九九六年):強者ロベール/ロベール家の台頭とカロリング家の凋落/再び王位へ ほか

   2 名ばかりの王たち:ロベール二世(九九六年~一〇三一年)/身から出た錆/アンリ一世(一〇三一年~一〇六〇年) ほか

   3 肥満王ルイ六世(一一〇八年~一一三七年):不遇の王子/肥満王/足場を固める ほか

   4 若王ルイ七世(一一三七年~一一八〇年):血気盛ん/十字軍/離縁 ほか

   5 尊厳王フィリップ二世(一一八〇年~一二二三年):月桂冠のイマージュ/初仕事/宿命の戦い ほか

   6 獅子王ルイ八世(一二二三年~一二二六年):恵まれた貴公子/欲求不満の日々/獅子奮迅

   7 聖王ルイ九世(一二二六年~一二七〇年):列聖された王/偉大なる母/美しき妻 ほか

   8 勇敢王フィリップ三世(一二七〇年~一二八五年):名君の息子/寵臣政治/内政の進化 ほか

   9 美男王フィリップ四世(一二八五年~一三一四年):謎めく美貌/法律顧問/唯我独尊 ほか   

   10 あいつぐ不幸:ルイ十世(一三一四年~一三一六年)/フィリップ五世(一三一六年~一三二二年)/シャルル四世(一三二二年~一三二八年) 

おわりに 天下統一の物語:王たちのデータ/カペー朝の功績/カペー朝の限界

     主要参考文献

系図・地図制作――さくら工芸社
写真提供――WPS

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カペー朝

2009/09/05 21:26

小説風フランス王朝史。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:龍. - この投稿者のレビュー一覧を見る

小説風フランス王朝史。

中世ヨーロッパはフランク王国から始まり、そこから現代のドイツ・イタリア・フランスが形作られていきます。

ドイツはローマ皇帝の国として、イタリアは教皇の国として、それぞれ強大な権力を背景とした国です。それらに比べフランスは、諸侯の寄せ集め所帯で、王権というのもがとても弱い国でした。

そのフランスを国際的にも影響力のある強国に育てあげたのは、さえない王家であったカペー朝です。

この王家が強大な権力を得るためにとった戦略のうちもっとも効果的であったものが「次世代に王権を確実につなぐこと」。

時間の力を借りて、脆弱であった権力基盤を確実に大きくしていくさまが描かれています。

中世においては、家と領地が個人につながっており、王家の結婚はそのまま領地を得るための手段となっていました。しかし所詮は人間の活動。そこには様々な人間の感情が入り組み、個人の問題が政治問題になる様はある意味滑稽でもあります。

歴史は人が作るということを改めて実感させられました。

著者は小説家でもある佐藤賢一氏。従来の歴史書とは違い、読ませるための文章、著者の主観が入っている部分など興味深く読める本となっています。

龍.

http://ameblo.jp/12484/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する