サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~8/31

新規会員50%OFFクーポン ~8/31

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2011/03/01
  • 出版社: 文藝春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • ISBN:978-4-16-714277-3
一般書

電子書籍

蝶の戦記(新装版)上

著者 池波正太郎 (著)

尾張の国、清洲城下のはずれで、二十歳の於蝶は五月晴れのもとにのびやかな肢体をなげだしていた。夏草のにおいと果肉のような体臭に、木立を進む武士は惑乱した。一瞬の後に……。川...

もっと見る

蝶の戦記(新装版)上

税込 784 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.2MB
Android EPUB 4.2MB
Win EPUB 4.2MB
Mac EPUB 4.2MB

蝶の戦記 新装版 上 (文春文庫)

税込 836 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

尾張の国、清洲城下のはずれで、二十歳の於蝶は五月晴れのもとにのびやかな肢体をなげだしていた。夏草のにおいと果肉のような体臭に、木立を進む武士は惑乱した。一瞬の後に……。川中島から姉川の合戦に至る時代を、少女から女へと変貌しながら、甲賀忍びの技と道に賭してゆく於蝶。上杉謙信への忠心に燃えつつ、時には男装して前髪すがたの小姓になりすまし、時に男たちとの恋にときめく日々……、心と体を完璧にあやつり、死闘を繰り広げる女忍びは、ついに川中島の決戦へ!

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

打倒信長に燃える杉谷忍びの鬼気迫る死闘が呼吸を忘れさせる

2009/12/04 19:21

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:toku - この投稿者のレビュー一覧を見る

<あらすじ>
甲賀・杉谷忍びの於蝶と叔父の小兵衛が雇われていた今川家は、勝ち戦に奢り忍びの情報を聞かなくなった結果、桶狭間で義元を討たれた。
その後、上杉家に雇われ謙信の小姓として世話をすることになったお蝶は、鬼神のような風貌と純真な心根に惹かれ、謙信のために働きたいと思いはじめた。
上杉家と武田家が激突した川中島の合戦をくぐり抜けた於蝶は、六角勢に味方する杉谷忍びたちと共に信長の首を狙うべく、近江を戦場とした浅井・朝倉と織田・徳川の合戦へ身を投じていく。

<感想>
戦国時代の不器用に生きた大名たちのために働いた女忍び・於蝶を主人公とした物語で、於蝶の頭領・杉谷信正の不器用な姿を描いている。
古い体制を頑なに信じて守ろうとする謙信、京の近くにいながら現在起こっている状況を知ろうとしない浅井、朝倉、六角氏らの衰退が印象に残り、そういう状況の中で、信玄や信長さえ討ってしまえばと暗躍する杉谷忍びの鬼気迫る緊迫の死闘は、読んでいて呼吸するのを忘れてしまう。

そして時代の流れに乗れなかった大名たちのために働き、同時に自身も零落していく杉谷忍び達には、悲壮感を感じるとともに、自分たちの信念のために働く潔い姿が凛として感じられた。

本書を読んで、「秘伝の声」や「秘密」ほど、この先はどうなるんだろうというワクワク感が感じられなかった。
恐らく川中島の合戦や姉川の合戦などの史実のなかで暗闘する忍びたちを描いているため、どんなに忍び達が信玄や信長の首を狙おうと、その結果がどうなるかは知っていることで、忍びたちの生き方を描いた物語に焦点を当てたものであることが、そう感じさせるのだと思う。
さらにこれまで多く語られてきた大合戦が舞台になっているので、歴史の流れ自体も大体知っているからなのだと思う。

真田太平記も歴史の流れの中に『草の者』を描いているが、真田家の中でクローズアップされがちな幸村だけでなく、あまり語られていない昌幸、信幸らに『草の者』が関わることで、この先は?という好奇心が起こる。
かといって「蝶の戦記」がつまらない訳ではなく、幾度か登場する謙信の小姓だった岡本小平太の成長と於蝶の関わり合いは、読んでいて面白いし、最後もこの二人で締めくくられているので、読了感は心地よい。

ところで「蝶の戦記」には、お蝶が登場する「忍びの風」「火の国の城」という続編がある。
「忍びの風」では「蝶の戦記」のクライマックスである姉川の合戦から始まり、甲賀・伴忍びの井笠半四郎とともに信長の命を狙い物語は進んでいく。
「火の国の城」では時代は関ヶ原の合戦の五年後に移る。甲賀を裏切った甲賀忍び・丹波大介を主人公として、伝説的な老忍び・お蝶とともに加藤清正のために働く姿を描いている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/13 00:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/15 20:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/24 22:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/18 12:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/03/25 20:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/04 09:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/11 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/30 18:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/11/07 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/14 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/27 07:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/06/08 21:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。