サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大40%OFFクーポン ~5/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 66件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2013/04/26
  • 出版社: 新潮社
  • ISBN:978-4-10-116452-6

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

俺俺

著者 星野智幸 (著)

なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった俺は、気付いたら別の俺になっていた。上司も俺だし母親も俺、俺ではない俺、俺たち俺俺。俺でありすぎて、もう何が何だかわからない。増殖して...

もっと見る

俺俺

税込 605 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS XMDF 660.4KB
Android XMDF 660.4KB
Win XMDF 660.2KB

俺俺 (新潮文庫)

税込 605 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

なりゆきでオレオレ詐欺をしてしまった俺は、気付いたら別の俺になっていた。上司も俺だし母親も俺、俺ではない俺、俺たち俺俺。俺でありすぎて、もう何が何だかわからない。増殖していく俺に耐えきれず右往左往する俺同士はやがて――。他人との違いが消えた100%の単一世界から、同調圧力が充満するストレスフルな現代社会を笑う、戦慄の「俺」小説! 大江健三郎賞受賞作。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー66件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

結末に満足

2019/01/30 16:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふみちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

結末が夢落ちでないことを祈って読んでいた。ここまで奇想天外に話が膨らんだのにもったいないと思ったからだ。それは杞憂に終わって、作者は最後に「俺俺は、おまえたちが現在や昔を見ないようにして忘れちまうことをこっそり待っている」と警告する。この本を読んでいて、40年近く前に読んだ星新一氏の作品を思い出した、ある家の門を潜るとその家の人になり、その門からでると全くその家の人とはかかわりがなくなるという不思議の話であったが、この2つの話は、何か似ている。結局、今ある自分はポジショントークをしているだけで、内面なんて薄っぺらな紙みたいなものかもしれないと言っているようだ

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

俺がいっぱい

2018/05/31 05:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Todoslo - この投稿者のレビュー一覧を見る

不条理なストーリーの中にも、鋭い批判が込められていました。均一化していく時代の流れについて考えさせられました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

個の喪失

2015/03/29 22:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は主人公がオレオレ詐欺をするところから始まります。

そして気付くと、世の中に「俺」が増えていき、やがて主人公は世間に溢れる「俺」達に翻弄されていく。そんな小説です。何といっても、物語中盤の徐々に「俺」が増殖していく過程がこの小説の醍醐味だと思います。個を喪失するってこういうことか、と納得させられます。

ラストの是非は読んで判断してみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言いたいことは分かるが。。。

2019/12/11 21:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まなしお - この投稿者のレビュー一覧を見る

大江健三郎賞を受賞した作品だ。最初は面白く読んでいたが、途中からうんざりしてきた。言いたいことは分かる。だが、エスカレートし過ぎだ。それにくどい。もっと他のやり方があったのではないかと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/04/01 23:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/02/02 19:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/06/19 22:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/05/26 01:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/11/24 20:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/07 13:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/12/09 19:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/06/11 17:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/11 11:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/27 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/11/13 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。