サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 417件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2015/12/25
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: 集英社文庫
  • ISBN:978-4-08-745389-8
一般書

電子書籍

残り全部バケーション

著者 伊坂幸太郎

当たり屋、強請りはお手のもの。あくどい仕事で生計を立てる岡田と溝口。ある日、岡田が先輩の溝口に足を洗いたいと打ち明けたところ、条件として“適当な携帯電話の相手と友達になる...

もっと見る

残り全部バケーション

税込 616 5pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 3.6MB
Android EPUB 3.6MB
Win EPUB 3.6MB
Mac EPUB 3.6MB

残り全部バケーション (集英社文庫)

税込 616 5pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

当たり屋、強請りはお手のもの。あくどい仕事で生計を立てる岡田と溝口。ある日、岡田が先輩の溝口に足を洗いたいと打ち明けたところ、条件として“適当な携帯電話の相手と友達になること”を提示される。デタラメな番号で繋がった相手は離婚寸前の男。かくして岡田は解散間際の一家と共にドライブをすることに――。その出会いは偶然か、必然か。裏切りと友情で結ばれる裏稼業コンビの物語。

目次

  • 第一章 残り全部バケーション/第二章 タキオン作戦/第三章 検問/第四章 小さな兵隊/第五章 飛べても8分

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー417件

みんなの評価4.1

評価内訳

電子書籍

伊坂ワールド最高

2016/05/24 12:17

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミツバ - この投稿者のレビュー一覧を見る

相変わらずの、構成の妙。いつもの、あやしげな仕事の下請けに、憎めないキャラクターたち。軽快な会話がほんとうに楽しい。なんだかんだいって、主人公(溝口さん)の活躍も面白いし、やっぱり最後はじんわり、ほっこりときます。いちおう、章わけされてるけど、短編の連作という感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

想像以上に面白い!

2016/02/25 12:40

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:梨奈 - この投稿者のレビュー一覧を見る

書店に行き、入り口近くに平積みされた台にこの本を発見!表紙のタイトルを見て初めに思った事は、「残り全部バケーションかぁ~…羨ましいねぇ~」でした。
タイトル通りなのかと本を手にして、衝撃!初めの2行で私の心は鷲掴みにされました!
私自体が変わってるのか解りませんが爽やかなお父さんの告白に興奮しました!
そして最後の飛べても8分は少し泣いてしまいました。伊坂さんの本は初めて読みましたがとても面白かったです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

あらすじも帯の一文字も読まずに本編から読みましょう

2016/01/09 21:29

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:koji - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂氏、相変わらずハズレなしで面白いです。

もし読まれる方は本の裏面のあらすじどころか

帯の文字も一切読まずに本編を読み始めることをお勧めします。

こんなに素敵な作家と同じ時代に生きていて

次々と生み出される作品を読めることの幸運に感謝です(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

奇跡

2017/03/19 14:06

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Mr.天才バブッコ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

泥棒

病院

子供

未来から来た男

電話で会った、見知らぬ家族

この本は奇跡だと思います

本当に

思わず わぁ と、言ってしまうような作品

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やっぱり伊坂さんはいい!

2016/03/26 07:53

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PPM - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々に伊坂さん作品読みましたが、やっぱりおもしろいです。
彼の作品によくある、短編のように違う人間の視点で語られる物語が、
実は全部つながっていて、最終的にいろいろわかったりまとまったり
うまくいっちゃったりする展開、ほんとうにおもしろくて好きです。
今回も、一話目で悲しい予感の終わり方をしますが・・・・読んでのお楽しみ、です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

伊坂幸太郎マジック

2016/02/20 11:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おがちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

本作は5つの独立した話が、つなぎ合わさってできている。登場人物は、当たり屋をやっている溝口と相棒(話によって変わる)。
彼らの面白い会話も楽しみながら、読んで欲しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

おもしろい

2016/02/16 06:02

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:プリコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂さんの作品が好きで、この作品も期待を持って読みました。
作品の世界に引き込まれました。そして登場人物にも愛着が湧きました。
とてもおもしろかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

そうだといいな

2016/02/03 23:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のあのあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂幸太郎の本を好きな人が好きなストーリー展開
いいなぁ、どうしてこんなふうにつながっていくんだろう
ラストは、そうだといいなって、ワクワク読めた

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

一定の満足感

2016/01/15 13:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あさり - この投稿者のレビュー一覧を見る

淡々と軽やかに各章を読めてしまったなという印象
"あ〜!?そうきたか〜"という意外性も、私が慣れてきたのか、「伊坂作品だから」自然にハードルをあげてしまうのか以前ほどしてやられた感はない。
でも、それだけじゃないのが伊坂幸太郎のやめられないところ。今後も期待しかない。
解説が佐藤正午というのもうれしいところ。
お二人ともずっと読んできた作家さんだけに
それだけで贅沢〜と思わずにいられませんでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

よかった!

2016/01/13 21:20

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まーしゃ - この投稿者のレビュー一覧を見る

久々にのめり込んで1日で読了した1冊。
登場人物はそれぞれみんないい味を出しており。
結末は私はよい方向に進んだことを願いたい。
それぞれのストーリーが繋がりを持っている連作短篇集です。
もう1回読み返したい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

構成がすごい!

2016/01/05 23:24

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Zero - この投稿者のレビュー一覧を見る

連作短編集だが、それぞれの話の結びつきはそれほど強くなく独立している。しかし、全体で一本の芯のようなものが垣間見える。決して全部説明するのではなく、読者に想像させる書き方に脱帽。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なぜだか切ない読後感

2022/09/12 16:25

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:なっとう - この投稿者のレビュー一覧を見る

バカンスが終わったような、ちょっぴり気分になるのは何故だろう。
面白かったから、終わるのが惜しいのかもしれませんね。

誰かからの影響で少しずつ人って変わっていくんだろうな。
心に残る言葉がたくさん見つかりました!
最後の1行で「く〜〜!」となりました。なんてオシャレな締めくくりなんだ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読後の満足感がたまらない

2020/08/21 17:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みそらん - この投稿者のレビュー一覧を見る

バラバラのピースがバシッとハマる感じ。
ラストに近づくにつれ、まだこの人達のストーリーに
触れていたいと思いながら読み終えました。
伏線が見事に回収されるのもとても気持ちよかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

とにかく面白い!!

2020/04/29 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あおたいがー - この投稿者のレビュー一覧を見る

ややネタバレあり。



登場人物や場面展開や時代がめまぐしく変化するけれど、読んでいるうちにメインの二人を軸にしていたのだと気づく。
最初は登場していなかった人がキーパーソンだったり、その後どうなったのかな?っていうのがなんとなくわかったり、全部ちゃんと読んでひとつに繋がる感じがとっても楽しい!
物語のその後を想像しても楽しめる。
溝口、最初はなんて嫌な奴なんだと思っていたけど、読み終わる頃には大好きになっていた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最高にほんわか出来る

2019/02/15 01:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:chieeee - この投稿者のレビュー一覧を見る

登場人物が多く、初めはこんがらがりそうになったけど、最高に楽しめる一冊です。
犯罪物なのに陽気とくれば、別作品が有名ですが、私はこっちの方が好物。
ちょっと先の見えない展開だったり、悪者なのに、どこかアホっぽくて憎めなかったり、何よりも、登場人物達の会話が楽しめる。
読んでいてフフッって何回笑えた事か・・・。
伊坂作品の中でも、かなり好き。
一気読みでした。
読後感もスッキリ爽やか。
そして、ほんわか出来る!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。