サイト内検索

詳細
検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  1. 電子書籍ストア hontoトップ
  2. 哲学・思想・宗教・心理
  3. 哲学・思想
  4. 桜の花出版
  5. 侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2018/03/02
  • 出版社: 桜の花出版
  • ISBN:978-4-434-20142-4
一般書

侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─

著者 森神逍遥

究極の日本精神文化論あなたは「侘び」「然(寂)び」の違いが説明できますか! ?真実の歴史は、下層の民衆たちによって創られてきたことを人びとは忘れてしまっている。曽てこんな...

もっと見る

侘び然び幽玄のこころ─西洋哲学を超える上位意識─

税込 1,760 16pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 11.7MB
Android EPUB 11.7MB
Win EPUB 11.7MB
Mac EPUB 11.7MB

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

究極の日本精神文化論
あなたは「侘び」「然(寂)び」の違いが説明できますか! ?

真実の歴史は、下層の民衆たちによって創られてきたことを人びとは忘れてしまっている。
曽てこんな「わびさび幽玄」本はなかった。
侘び然びをこうも明瞭に解説し得たものは他にはない。画期的な内容ということが出来る。
従来の説を覆し、本物の侘び然び幽玄を語っている。
風は限りなく風らしく、光は限りなく光らしく、大地は限りなく大地らしく土の薫りを醸し出す。
その人生を癒やす為に日本人の魂に根付いてきた「侘び」観。
人々の苦悩を呑み込み、悲しみを和らいで日本人の精神性と人格とを高めてきた。
日本人の歴史そのものとしての侘びは、天皇から民衆までも隔たりなく同位に包んで現代に伝えられてきた。
禅の哲学を取り込み、無一物への志向を強めながら、人々の超越する想いを表象してきた。
日本史2670年の底辺に生きた民衆の悲しみとその忍耐性、そして1000年に及ぶエリートたちの然(寂)びとを追究する知的ロマンの旅である。 果たしてデカルトやカントにも勝る程の哲学性が有されているのか、その侘びの源流にも触れていく。
日本人の精神の支柱と言われながら、日本人の大半がその説明が出来ないという現実と、侘び然びの高き哲学性。
このままではこの国から絶滅危惧種化しそうな勢いで、忘れ去られようとしている。
いま、ここで立ち止まり、日本民族としての精神について、真正面から問いかけてくる斯書に読者は腕組みをして、真剣に思索への道を歩み出すだろう。 これは日本人としてのアイデンティティを確立する為の必須の書である!

目次

  • 序 章 「わびさび」が説明できない
  • 第1章 日本人を決定付けた梅雨
  • 第2章 陰の幽玄/透き通る陽性の幽玄
  • 第3章 「わびさび」の語源
  • 第4章 陽性の「侘び」との出会い/デカルト・懐疑法より上位としての「侘び」/カント純粋理性批判の所与ア・プリオリの未熟
  • 第5章 再定義/美意識の結晶
  • 第6章 中観と唯識/「侘び茶」の矛盾
  • 第7章 鈴木大拙の孤絶/孤絶観と悟り
  • 第8章 茶の始祖一休/一休の迷い
  • 第9章 全てのものは枯れゆくもの/西洋的心理構造では悟れない

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

開眼 未来の全ての日本人に読んでほしい

2015/01/21 23:43

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本はただの読み物ではない。著者が真剣に侘び寂び(ここでは然びとしている。)の体現を願っているのが伝わってくる。
自分には、恥ずかしながら、侘びと然びの明瞭な区別がついていないことが分かった。この本には、きちんとそれが説明がされており、尚且つ、歴史の人物の性格や心情をスバリと言い当ている感がある。中でも、利休と秀吉の確執や一休禅師、そして近年では鈴木大拙禅師の話は驚嘆するものだった。もしかすると、日本の精神文化を変えるものになると予感するのは私だけであろうか。自分のアイデンティティーを探し求めているすべての人に薦めたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美しい情景描写に心が震えた

2015/01/21 01:37

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野の花 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の前半では、著者が体験した数々の情景描写を通して
「侘び然び幽玄」とは何かが説かれる。
「透き通る陽性の幽玄」として、次のような情景が描かれていた。

「日常の通学路を月夜に通るとき、ある一角に来ると目の前の湾に、
その月が映りその光が水面に乱反射する様がこの世のものとは
思えない美しさで、穏やかな漣に揺れるその光は幻想そのもので、
その澄んだ空気感はわが心を捉えて離さなかった」

その美しさに息をのんだ。
一方、老子の言葉を通して、「哲学としての幽玄」が紹介されている。

なんと豊かな感性だ。なんと深く奥行きのある本だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

柳は緑、花は紅、真面目

2015/01/20 19:50

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:silver spoon - この投稿者のレビュー一覧を見る

侘び寂びは、さして区別されること無く使われてきた。
侘び寂びは言葉を弄ぶ文化人のものではなく、むしろ詩歌、茶の湯とは縁がない、自然と一体化していた百姓のものであったのか。
しかも、なんの苦労もない文化人には本当のところが理解できないと云う。
私の侘び然び幽玄感は完全に崩壊した。
私の好きな言葉である。「銀椀に雪を盛る」『碧巌録』十三則、その景色は、然びでいいのだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本人のこころ

2015/01/21 00:02

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:勉強中 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちょっとしたきっかけから手にした本ですが、自分自身の事を考えさせる幅広い内容でした。

わび、さびというジャンルは、日本人なら誰でも知っているものですが、きちんと説明される機会もないし、なんとなく根付いているものかなと感じてはいました。

ここまではっきりした形でわび、さびを紐解いている本は初めてです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

深くずっしり考えさせられる一書

2020/01/26 11:39

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:岩波文庫愛好家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「侘び」と「然び」と「幽玄」は、異なるものだということを徹底的に教えてくれます。「侘び」とは質素で孤絶の相であり、「然び」は孤高でクールで渋みのある相であり、「幽玄」は黄泉を背景とした思いに基づく状態をや空間そのものをさしている、とのこと。特に私たちは「侘び」と「然び」をセット語にしている気がします。
 本書は一休や利休、また鈴木大拙氏などにも話を及ばし、広いエリアから諦観や哲学を見出だしています。この点に読み応えが非常にあります。と同時にじっくりと考えさせられます。
 平家物語にある無常、この世においては人における愛別離苦など、相対的な観念で物事を見ていくという事を具に感じ入りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小気味良い侘び然び論

2015/08/17 09:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タヌ様 - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代日本人で侘び然び幽玄とはこれだと説明できる人にはまずお目にかかれないない、なぜこのようになってしまったんだろうかという疑問は誰でもふと思うだろう、そしてソクラテスに始まりアリストテレスによって体系化された西洋哲学ようには、侘びや然びから、体系化がなりえなかったのはなぜと、さらなる疑問へとつながる人もいるだろう
そういう疑問に著者は文献を読み漁り、侘び然び幽玄が西洋の哲学のように体系化がなされなかったのは土に根差した自然と生きる農民の暮らしににある侘び然びをとらえないひとびと、つまり貴族・特権階級によって担われてしまったからだと所見を披露されている。大胆である。
ふと、この展開は鈴木大拙師の「日本的霊性」を思い出してしまった。確かに著者は仏教を学ばれて「禅」の影響下にあり、仏教からの通例的な神道批判の論旨も感じたことを付記したい。
それでも、装丁の美しさだけでなく、文学史での捉え方をパッシングしている是非よりこのようにずばりと自分はこう思うと文章にして展開する書物はあまりお目にかかれなくなってしまった。、その小気味よさを味わってほしい一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

このページの先頭へ

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。