サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規会員70%OFFクーポン

  1. hontoトップ
  2. 電子書籍
  3. 小説・文学
  4. 小説
  5. 淡交社
  6. 能楽ものがたり 稚児桜
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2020/01/31
  • 出版社: 淡交社
  • ISBN:978-4-473-04359-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

能楽ものがたり 稚児桜

著者 著:澤田瞳子

歴史小説家・澤田瞳子が月刊『なごみ』で2年間にわたって連載した小説『能楽ものがたり』を単行本化。能の名曲を下敷きに創作した8編を収録。1「やま巡り―《山姥》」/2「小狐の...

もっと見る

能楽ものがたり 稚児桜

税込 1,496 13pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 4.5MB
Android EPUB 4.5MB
Win EPUB 4.5MB
Mac EPUB 4.5MB

稚児桜 能楽ものがたり

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

歴史小説家・澤田瞳子が月刊『なごみ』で2年間にわたって連載した小説『能楽ものがたり』を単行本化。能の名曲を下敷きに創作した8編を収録。
1「やま巡り―《山姥》」/2「小狐の剣―《小鍛冶》」/3「稚児桜―《花月》」/4「鮎―《国栖》/5「猟師とその妻―《善知鳥》」/6「大臣の娘―《雲雀山》」/7「秋の扇―《班女》」/8「照日の鏡―《葵上》」。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.8

評価内訳

電子書籍

能の演目をアレンジした小品集

2022/05/07 20:37

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ワシ - この投稿者のレビュー一覧を見る

個人的には初めてお目にかかる作者の短編集。能の演目を本歌取りしながら、そこに作者独自の解釈と訳を加えた短編集。それぞれの演目は、非常に丁寧な対訳やダイジェストが数え切れないほど作成されているので、それらと対比しても面白い。

世俗が多く単純な勧善懲悪や説話に収まらない内容も実に多くある。お話そのものが簡潔なので、解釈も捉えようも様々でお話の核はこうと一口に言い切れない部分も多い。だからこそ澤田節が冴え渡る。
能楽の元は神事であり神楽に端を発するとも聞いた事がある。だからなのか、演目を観る我々には冗長だったり無意味に感じられるような所作も多い。神様から見たら、人である僕らはしょうもない事を繰り返してるのだなぁ、と笑い、呆れ、たまに感心しているのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

能楽と文学のかかわり

2020/08/22 18:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は澤田瞳子が描く、能楽を下敷きにした短編小説である。能楽を下書きにした小説はないようで結構存在している。最も有名なのは三島由紀夫の『近代能楽集』であろうか。また、中山可穂の『弱法師』というのもあった。

 能楽のストーリーは、ストーリーだけを楽しむものではないせいか、きわめてシンプルである場合が多い。また、パターン化されている場合も多く、登場人物も同じ人物が登場することがある。

 そのシンプルなストーリーに触発されてか、前出の三島由紀夫の『近代能楽集』は、能のストーリーを現代モノにアレンジし、それを脚本化してそのまま舞台で演じることもできるようにしている点に特徴がある。中山の『弱法師』は、3つの能楽のストーリーを現代版に練り直しており、その原作のストーリーをうまく短編小説にしたものであった。

 本書澤田の『稚児桜』は、8篇の作品をあまり手を加えず、そのままアレンジし、別のストーリーに仕上げている。登場人物は原作とほぼ同様であるが、ストーリーでの役割やかかわりなどは原作とは異なる場合が多い。いずれの作品も興味深いが、中でも『小鍛冶』、『国栖』、『善知鳥』、『班女』などは印象に残る。本書も直木賞候補作品に選ばれている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

四番目物のアナザーストーリー

2020/09/04 15:08

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:柏木ゆげひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

能を元にしつつ、人間の業をテーマに、書き換えた8つの短編集。

元になった演目はすべて四番目物ということもあり、能楽の一番ややこしい部分を、その方向性に深めた印象の作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

どろりとした…

2023/03/04 15:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:るう - この投稿者のレビュー一覧を見る

表紙の美しさが気になって読んだ一冊。

内容は表紙とは反対に人間の業を描いていた。
かわいい我が身のために他の誰かを踏み台にする殺伐とした物語が多かった。

そんな中で「稚児桜」の花月の心意気は見事。

「小狐の剣」葛葉のお腹の子はどうなるんだろう…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

2022/08/14 00:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エムチャン - この投稿者のレビュー一覧を見る

能は、見たことがなかったのですが、短編集なので、読んで見ましたがーうーん。どのお話も、裏があったり、命がかかっていたり……。ちょっと……ねえ。もっと、カルーイお話を読みたかったので、期待はずれでした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。