サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

最大50%OFFクーポン ~1/31

新規会員50%OFFクーポン ~1/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日:2021/01/16
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮新書
  • ISBN:978-4-10-610893-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

うんちの行方(新潮新書)

著者 神舘和典,西川清史

流した後はどこへ? どう浄化される? そのために誰が、どんな苦労を? 鉄道や船はどう処理? もしマンション全戸で一斉に流したら? あらゆる疑問を徹底取材。下水を嗅ぎ、汚水...

もっと見る

うんちの行方(新潮新書)

税込 792 7pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
iOS EPUB 17.1MB
Android EPUB 17.1MB
Win EPUB 17.1MB
Mac EPUB 17.1MB

うんちの行方 (新潮新書)

税込 792 7pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

流した後はどこへ? どう浄化される? そのために誰が、どんな苦労を? 鉄道や船はどう処理? もしマンション全戸で一斉に流したら? あらゆる疑問を徹底取材。下水を嗅ぎ、汚水処理場に潜り、「5分でウンチが飲用水になる」最新技術に触れ、トイレメーカーを質問攻めに。さらに元作業員が語った貴重な証言とは――。フタを開ければ、思わず唸る驚きと素朴な感動がてんこ盛り、奥深い世界へご案内!

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

興味津々

2021/02/14 10:48

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:飛行白秋男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一番興味がある部分を丁寧な取材で分かりやすく書いてあってとても良い本でした。
今の日本では水洗トイレが主流であり、あまり排泄物の処理に意識がいかないのだけれど、少し昔の日本も非衛生で、その処理も人力に頼っていたなんて、なんとも言えない気分になりました。登山は好きで北アルプスにも登りましたが、山小屋のトイレは慣れません。非衛生的なトイレのことを考えるだけで憂鬱になるのは私だけではないはずです。
世界ではトイレがない場所で生活している多くの人がいるようですし、非衛生な環境で多くの方々が病気になっているそうです。多くの人がその改善に努力されていると思いますが、排泄は当たり前のことなので資力のある方の協力や市井の人の寄付等により改善に向け確実に前進して欲しいと思います。
是非本書の著者の努力を高く評価して差し上げたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

毎日お世話になるっているのに、知らないことが多すぎる。

2021/04/18 13:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:野間丸男 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「臭い物に蓋をする」ではないが、糞尿の話は避けて通る。
しかし、子どもたちにとっては、“うんち”は笑いの一種にすらなる。
その差は何か? 今までの経験の差だろう思う。

  どのような処理がなされているの?
  日本のトイレは、最先進国!?
  鉄道・富士山の処理はどうしていたの?
  ウンチが5分で飲料水になるのだって!?
  災害時に切実になるトイレ対策は、どうするの?
  日本人の排泄物語と汚水処理場の現状は?
 
「え~っ! そうだったの?」と驚くことがいっぱい。
海外旅行に行くのが不安になる~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんな社会見学があると面白い

2021/12/12 05:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:donden - この投稿者のレビュー一覧を見る

ほんの数十年前まで、今の衛生環境とは程遠いものだった。
現在の世界トップの衛生環境を確立するためには、先人たちの血のにじむ努力があったからだと、しみじみと感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

楽しく読んだ。

2021/03/14 22:40

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ら君 - この投稿者のレビュー一覧を見る

表立って話しづらい話題だけど、知りたいし知っておいてしかるべきだ。
東京の状況が主だった。
全国津々浦々のことも知りたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

疑問に回答。ウンチ(ウンコ)の行方。

2021/03/09 08:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:おじゃもんくん - この投稿者のレビュー一覧を見る

毎日ウンチ(ウンコ)していますが。
実はその行方は、知らない聞けない疑問でした。
それに、ズバリ回答してくれる本ですね。

作者の計算だと、日本人が一日排泄しているウンコの量は2万5千トン。
すごい量ですね。
トイレから出て、下水道から流れて行き。
その処理についても書かれています。
鉄道車両のトイレは、どう進化して来たのか。
水の無い、富士山の山小屋のトイレ事情。
災害時のトイレ対策。
弥生時代→藤原京→平安時代→安土桃山時代→江戸時代→近代のトイレ事情。
陶器式の、水洗トイレの歴史。
汚水処分場と海洋投棄。
色々な歴史があり、今に至るウンコ。
それぞれのお仕事の、特に現場の方々は悪臭にお疲れ様です。
色々勉強になりました。

最近は、ウンコの絵本とかも出ているし。
また、別の視点からウンコ本が出ると嬉しいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

行方は考えたことなかった

2021/12/03 19:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BB - この投稿者のレビュー一覧を見る

うんちなるものは、生きていく上で切っても切り離せないものなのに、排泄してしまえば、その先を考えたことがなかった。
トイレから流れて、その先どこでどうなっているのか、すごくまじめに、分かりやすく、そして読みやすくまとめた本。勉強になった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/12/29 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/30 18:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/17 10:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/17 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/22 10:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/09/09 18:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/04/18 18:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/03/20 04:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/02/18 02:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。