サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

エントリーで100名様に1000ポイントプレゼントキャンペーン ~5/31

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 販売開始日: 2021/05/14
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • ISBN:978-4-06-522820-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

一般書

電子書籍

天子蒙塵 1

著者 浅田 次郎

さまよう溥儀。紫禁城を追われた最後の皇帝(ラストエンペラー)は、日本の庇護下に。混沌の中国で天命を、龍玉を抱く者は誰か。累計590万部!「蒼穹の昴」シリーズ第五部、堂々開...

もっと見る

天子蒙塵 1

税込 880 8pt

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

このシリーズの最新巻を自動購入できます

続刊予約とは

今後、発売されるシリーズの本を自動的に購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • ①お気に入りのシリーズは買い忘れしたくない
  • ②不定期の発売情報を得るのが面倒だ
  • シリーズ購読一覧から、いつでも簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • ブラウザ
  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

オンライン書店e-honとは

e-hon

hontoは「オンライン書店e-hon」との連携を開始しました。
「e-hon」は書籍、雑誌、CD、DVD、雑貨といった多岐に渡る商品を取り扱う総合オンライン書店です。130万点以上の取り扱い点数、100万点以上の在庫により、欲しい商品を買い逃しません。honto会員向けにお得なキャンペーンを定期的に実施しています(キャンペーンに参加するにはMy書店をhontoに設定して頂く必要があります)。
・まだe-honの会員ではない方
下記リンクからe-honへ遷移し会員登録する際に自動でhontoがMy書店に設定されます。
・既にe-honをご利用いただいている方
「マイページ」-「会員情報の変更」-「My書店の変更」に進み、検索窓に「honto」と入力し、検索結果画面で会員登録ボタンを押すことでMy書店がhontoに設定されます。

e-honで紙の本を探す

※外部サイトに移動します。

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ
ブラウザ EPUB
iOS EPUB 6.8MB
Android EPUB 6.8MB
Win EPUB 6.8MB
Mac EPUB 6.8MB

天子蒙塵 1 (講談社文庫 「蒼穹の昴」シリーズ)

税込 880 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

商品説明

さまよう溥儀。
紫禁城を追われた最後の皇帝(ラストエンペラー)は、日本の庇護下に。
混沌の中国で天命を、龍玉を抱く者は誰か。
累計590万部!
「蒼穹の昴」シリーズ第五部、堂々開幕!!(全4巻)


1933年春。
父の築いた国と軍を失った張学良は、欧州へ向かった。

清朝最後の皇帝・溥儀は「満洲国」の執政となっていた。

北京では前の大総管太監・李春雲が、一人の女性の許を訪れる。
紫禁城を去ってからの溥儀がいかにして生きたか、
その証言者は史上はじめて皇帝を離婚をした、元皇妃であった。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

小分け商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この商品の他ラインナップ

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

『蒼穹の昴』に始まる中国近代史シリーズの続編

2023/12/03 15:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひこにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

『蒼穹の昴』、『珍妃の井戸』、『中原の虹』、『マンチュリアン・リポート』に続くシリーズの第一巻です。設定は1933年の北京。日本人新聞記者に聞かせる形で、主に清朝最後の皇帝・宣統帝溥儀の元皇妃(側室)が、1922年の輿入れから1924年の北京政変(馮玉祥が溥儀一族を紫禁城から追放した事変)、1931年の離婚までを振り返るという物語です。『蒼穹の昴』からの登場人物である李春雲、梁文秀なども出て来ます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

日本がしてきた事

2021/11/06 09:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まおり - この投稿者のレビュー一覧を見る

最後の皇帝溥儀のことは映画でも見て興味がありこの本を手にしました。
中国人の名前が難しく読むのに少し苦労しましたが満州国建設のころのことが詳しく
かいてあり、小説の中ですがその時代のことを少しわかった気がしました。あの当時の日本軍人の酷さ、溥儀たちの苦悩、浅田さんの文章はいつも心にグッときます。先は長いですが全巻しっかり読んで過去の時代を考えたいと思います。いつか映画にして欲しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

蒼穹の昴シリーズ第5部

2021/06/29 08:26

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nekodanshaku - この投稿者のレビュー一覧を見る

蒼穹の昴シリーズ第5部、その1.清の最後の皇帝の元皇后妃が主な語り部となり、満州国建国前夜の紫禁城、天津租界の皇帝周囲の生活を描きながら、混沌とした中国を描く。天命の具体としての龍玉の存在が気になるが、この章では、あまり描かれないが、今後の展開で、歴史の中に躍り出るのだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

相変わらずの浅田節

2023/09/03 10:11

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Koukun - この投稿者のレビュー一覧を見る

蒼穹の昴シリーズの第五作目とのこと。作者浅田次郎の最大の売り物である、語り口の巧さ 効果的な言葉の言い回し いわゆる浅田節は健在である。しかし、逆に浅田節以外の見どころはあまりない。魅力的な登場人物キャラクターは前作以前から引き継いだ人々だし、要所要所で先祖の亡霊が出てくる展開もこのシリーズ共通の手法である。なんだか水増し気味の気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

マニアック

2021/09/22 21:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Jung - この投稿者のレビュー一覧を見る

もう少し素人にもわかりやすく書いていただけるとうれしいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/08/04 13:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/10 21:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/12 07:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/30 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/29 10:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/05/30 12:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/06/27 18:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/07/07 10:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2021/08/22 03:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2022/07/26 09:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。